感染 拡大 防止 協力 金 東京 都。 東京都の感染拡大防止協力金の概要は?支給要件や申請手続きの方法

東京都/休業要請施設発表「感染拡大防止協力金」創設、最大100万円

ただし、床面積の合計が1000m2を超えるものに限る。 「専門家による事前確認がなくとも申請いただくことは可能」とあるので必須ではありませんが、「追加書類の提出を求めたり、確認のための連絡をすることがある」と、東京都感染拡大防止協力金【申請受付要項】に記載があります。

もっと

感染防止徹底宣言ステッカー|東京都防災ホームページ

そこで政府や都道府県… Q.「全面的に協力した」の定義とは? A.東京都が指定する全期間、休業もしくは営業時間の短縮に協力した事業者が「全面的に協力した」事業者が支給対象となります。

もっと

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」の実施概要をお知らせします! (2020年12月4日)

ただし設立後決算期や申告時期を迎えていない場合は、都内税務署の受付印がある個人事業の開業・廃業等届出書、あるいは法人設立設置届出書に直近の月末締め帳簿を添付するなどの営業実態がわかる資料を添付することとなります。 申請時に必要な提出書類 感染拡大防止協力金には下記の書類の提出が必要です。 休業する事業所が2カ所以上あり、営業時間の短縮等について、営業日や営業時間が異なる場合には、別紙にて補完する必要があると、吹き出しに記載されているので注意しましょう。 行政書士 なお、専門家に依頼した場合、事前確認にかかる費用は一定の基準によって、東京都が別に措置しており、申請者に請求されることはありません。 食事提供施設(飲食店、料理店、喫茶店、和菓子・洋菓子店、タピオカ屋、居酒屋、屋形船)等は休止要請の対象外となっていまが、適切な感染防止対策と営業時間短縮の協力要請は行われています。 このように説明すると「相当な手数」がかかると感じられる方もいらっしゃると思いますが、実際の作業にかかった時間は延べで「3時間から半日程度」という方がほとんどです。 申請は最新の情報を確認の上、行うようにしましょう。

もっと

東京都、「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」実施概要を発表

商業施設は、生活必需物資の小売関係等以外の店舗、生活必需サービス以外のサービス業を営む店舗。 協力金申請書(法人にあっては「法人番号」を記入)• 都では、令和2年11月28日から12月17日までの間、特別区及び多摩地域の各市町村における酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店に対する営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただき、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示する中小の事業者のみなさまに対し、「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」を支給します。 3.酒類の提供をしていないカラオケ店は、対象になるの? カラオケ店は、酒類の提供有無にかかわらず、営業時間短縮要請の対象となっているため、営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金も対象となり得る。 【今回初めて申請する方】• 事業協同組合等 感染拡大防止協力金の申請手続きの流れ 感染拡大防止協力金の申請から支給までの流れは、およそ下記の通りです。 都内各都税事務所等において入手できます。

もっと

感染防止徹底宣言ステッカー|東京都防災ホームページ

カラオケ店については、酒類の提供の有無にかかわらず、従前、夜22時から翌朝5時までの間に営業を行っていた店舗が、夜22時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業を行わない場合(終日休業含む)に対象となります。 事業者の皆様、店舗等の利用者への安心の提供と感染拡大防止のため、ぜひこの取組にご協力ください。

もっと