塩川 悠子。 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集/塩川悠子&遠山慶子

塩川悠子/J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全集

1965年、デトモルト・アカデミー・コンクールで第1位、メンデルスゾーン・コンクールで金賞を獲得した。 これから出る本をさがす• 『:ピアノ三重奏曲集』アンドラーシュ・シフ(Pf)、(Vc) ユニバーサル ミュージック 1995年• 塩川とシフがECMに行った初期の、非常に賞賛されたデュオ録音(シューベルトの『幻想曲』)と同様、二人は完璧なテクニックと深い理解を持って演奏しています。

もっと

塩川悠子とは

モーツァルト: [1]-[2] ヴァイオリン・ソナタ 第27番 ハ長調 K. 久しぶりに集まっても、前の演奏が甦ってきて、レヴェルもアップしてゆく。 nui-icon--ise-rc-dow-state-owned,. 『-』 〈〉 2004• 『旅する時間--カナダ・ヨーロッパ・アメリカ文明と自然の遠近法』小沢書店 1993• )それからホッターの「冬の旅」は64年、プライの「冬の旅」は71年でしょうか。 1958年にペルーのリマに渡り、そこでオイゲン・クレメールに師事するとともに、いくつかのコンサートに出演して演奏家活動の基盤を固める。 音楽から元気を貰っているようで、多忙なスケジュールでも消耗しないんですよ。 その形式はベートーヴェンの後期ソナタに関連し、最終楽章はバッハのコラール『Wie wohl ist mir(幸なるかな)』を変奏主題として採用しています。 アンドラーシュの演奏は、ベートーヴェンの人間性を身近に感じて、その優しさやリリカルなところも良く出ていますし、アンサンブルも室内楽的な良さがあって、ベートーヴェンの時代の演奏に近づいたものが生まれていると思います」 〈カペラ・アンドレア・バルカ〉と名匠シフの深化 名ピアニストとして世界最高峰の音楽を奏でるシフも、この〈カペラ・アンドレア・バルカ〉で指揮経験を重ねることで、音楽家としての深みを増したのではないだろうか。

もっと

20年を超える、親密な仲間たちとの船旅 ヴァイオリニスト・塩川悠子が語る、名匠アンドラーシュ・シフ・とカペラ・アンドレア・バルカ|KAJIMOTO

主にである現在の夫と室内楽、リサイタルを行っている(最初の夫は比較文学者)。 We have moved to a more secure user registration system. 音楽堂はこれからも80周年、100周年を目指して素晴らしいコンサートを提供してほしいし、私自身はこれからも、昔ホール内でお見かけした野村光一さんのお姿を思うと、良いコンサートには一生懸命に紅葉坂を登ろうと思っております。 1963年からミュンヘンでヴィルヘルム・シュトロスに師事し、1968年からザルツブルクでシャーンドル・ヴェーグに師事した。 ピアノ協奏曲でも、弦楽四重奏曲やソナタを思い出すところが多いですからね。

もっと

KAJIMOTO

「そう思います。 お待ちしております。 この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。

もっと

大久保喬樹

シフとの長きにわたる共演者でもあり良き伴侶てもある、名ヴァイオリニスト塩川悠子がその魅力を語る。 304(300c) [5]-[7] ヴァイオリン・ソナタ 第38番 ハ長調 K. ジャンルでさがす• 1963年、ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、以来、ヨーロッパ、アメリカ、日本、イスラエルの主要オーケストラと共演した。 73「皇帝」 【プログラムB】 ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 op. 休養も必要なんでしょうけど、家でのんびりしている方がかえって具合が悪くなる(笑)。

もっと

日本のヴァイオリニストの一覧

ジャンルでさがす• 「」、2015年1月放送テキスト。 トークを中心に、この日だけの特別な演奏も予定している。 東大大学院では修士号を取得せぬまま退学、江藤の下で助手を務めたのち、東京女子大学助教授を経て教授。 『夢と成熟--文学的西欧像の変貌』 1979• 「そう思います。

もっと

「塩川悠子」のニュース一覧: 日本経済新聞

今回こうやって連続で演奏するのはいい体験です。 「アンドラーシュは教えるのがとても好きで、若い人たちにも辛抱強く丁寧に教えています。 なお、リマスター音質は、スタジオの機材を一新しただけあって大変に良好なものとなっています。 先日のナタリー・シュトゥッツマンにもご来場くださいまして、ありがとうございました。

もっと

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集/塩川悠子&遠山慶子

全体に、クーベリックの実演ならではの高いエネルギー・レヴェルと自在なアゴーギクが印象的な演奏で、特に第3楽章主部でのヴァイオリン・セクションの導きによる高揚感や、第4楽章におけるマッシヴな力感、情熱の激しさは圧倒的。 1971年秋から、比較文学専攻に留学、『季刊藝術』編集長のに、留学記を書かせてくれと申し出で、翌年始めから「問うことと見出すこと」の題で連載を始める。 いま〈カペラ・アンドレア・バルカ〉としては年に3回くらい集まって、結成以来のレパートリーであるモーツァルトのピアノ協奏曲や交響曲、それにピアノ四重奏曲やソナタを入れたコンサートをすることもあります。 年に一度は演奏旅行に出て、先日はバッハのピアノ協奏曲全曲を一夜で演奏するコンサートで各地を回りました。 クーベリックは作品のそうした傾向を重視したのか、あるいは2つのヴァイオリン・セクションが束ねられた勁いサウンド(第4楽章第2主題確保部分など実に効果的)を求めたためか、バイエルン放響を指揮した演奏では珍しく、ここでは第2ヴァイオリンを右側に置いた通常スタイルの楽器配置を採用しているのがポイント。

もっと

KAJIMOTO

文芸評論は次第に執筆しなくなったが、1989年に『』で第1回受賞。 『風流のヒント』ライブラリー 2001• オーケストラとの競演以外にも、ミュンヘンにてブルーノ・カニーノと、また、ロンドンのウィグモア・ホールでアンドラーシュ・シフと、モーツァルトのピアノとヴァイオリンのためのソナタ・チクルスをはじめとして、室内楽の分野での活動にも積極的である。 海外マガジン• それぞれが凄腕のオーケストラなのだ。 『日本文化論の名著入門』 2008• 共演するオーケストラは、彼の繊細で自在な音楽に万全の共感を寄せる〈カペラ・アンドレア・バルカ 〉。

もっと