海底 軍艦。 『海底軍艦』(1963年 東宝映画)のあらすじと感想

海底軍艦

製作担当者:中村茂• 確かに設定は荒唐無稽だし、細かい所で色々突っ込みはあるのだが、まあ些細な問題であろう。 レッドサタン号乗組員:ハンク・ブラウン• 西部善人:• 毀滅圓柱:地空人毀滅人類計畫的主遙控武器,外觀是一巨大黑色圓柱體,可以發射光束武器,並有防護罩,連都不怕。 前年からこの年にかけ、東宝では本作以外にも『』、『』、『』と特撮の比重の大きな作品が続けざまに組まれており、だけが全ての特撮現場を任じていた円谷組特撮班の撮影スケジュールは、過密状態となっていた。 戦闘機• 447 デザイン画にも「石棺のやうな型」との書き込みがある。 登場キャラクター [ ] ムウ帝国人 [ ] 古代に海中に没した大陸の末裔で、彼らが記す英語表記は「MU」。 『』(1941年5月)• この飛行爆弾は体当たりすることで爆発するが、威力は1機だけで自衛隊のジープ1台から大型貨物船1隻を大破・炎上させる威力を持っている。 蒸気人間(ムウ帝国工作員)・防衛庁幹部・轟天建武隊軍曹・水中シーンスタント(4役):• その反面、寒さに弱い。

もっと

『海底軍艦』(1963年 東宝映画)のあらすじと感想

喜びもそこそこに、轟天号はありえざるゲストを迎えることになる。 全身をうろこで覆ったような銀色の潜水服兼戦闘服を着用する。 あ、ムウ帝国の守護神として登場する怪竜マンダが凄い雑魚っぽかったのと、豪天号が冷凍光線以外の武器をあまり使わなかったのだけは少々不満だったかも(w <了> 註1:記憶モードで申し訳ないが、豪天建武隊が日本を出港したのはポツダム宣言受諾直後、しかも独断だったような気がする。 2ほどのサイズのミニチュアが数隻制作された。 アナウンサー・ナレーション(2役):• 日向真鉄:• 冷凍光線を発射することが可能で、体温の高いムウ帝国人たちを一瞬で氷漬けにしてしまう程の威力を誇る。 海底軍艦の驚くべき性能の一端を示した試験航行の成功に酔う神宮司に、楠見は非道なるムウ帝国撃滅のために海底軍艦の出動を要請するが、拒絶される。

もっと

『海底軍艦』(1963年 東宝映画)のあらすじと感想

そしてそのまま還らなかったのである。 ストーナー:• 立花(兄):• 有坂志乃:• 神宮司の和平の提案を無礼と一蹴し、「自分を殺せてもムウ帝国を滅ぼすことは不可能」と冷たく言い放つ皇帝に対し、神宮司は毅然と「ムウ帝国の心臓を攻撃する」と宣告する。 整音:• 2010年3月19日発売。 当初、国連からムウ帝国撃滅への協力を要請された神宮司大佐は以下の言葉をもってこれを拒否する。 全高:1キロメートル• 強力火薬 大昔からを築いてきたムウ帝国において、大きな石を切り出すために使われている工事用の爆薬。

もっと

海底軍艦 (映画)

留置場の警官・三原山の登山客(2役):桂伸夫• 途中、国籍不明の潜水艦(正体はムウ帝国潜水艦)に攻撃されたが、神宮司大佐は轟天号の設計図の一部を残して脱出に成功。 なおも世界を脅迫し続けるムウ帝国によって、世界各地に最後通告が行われる。 日向正史:• 帝国の群衆ダンスは、が担当した。 皇帝側近の女官役で、横田基地など在日米軍の軍人の家族が多数エキストラ出演している。 天野三郎(海軍一等兵曹):• 当時助監督だったは、この年の「東宝砧祭」でムウの女帝の仮装をさせられたそうである。 自由號:使用地空人反應爐和科技建成的超級戰艦,各方面與羅號相似;但是艦首鑽頭是三枚較小鑽頭,後來被改裝成光束主砲發射口,三枚鑽頭還能射出。

もっと

海底軍艦 (映画)

このため、当時の東宝特撮の正月映画としては本作の特殊撮影のスケジュールは約2か月(当時の平均は3か月)と、やや短めである(本編撮影は従来通り約1か月)。 現代の設定に置き換えるに当たり、このロマンをどう描くか考えた」とコメントしている。 刑事:山路恵介• 有坂剛:(幼少期:)• 防衛庁幹部・タクシー転落現場の警官(2役):大塚秀男• オーディオコメンタリー(梶田興治) 2013年11月8日に、期間限定プライス版として再発売された。 刑事・轟天建武隊将校・三原山の警官(3役):渡辺白洋児• その日本を密かに出港する潜水艦があった。 いやあ、今から四十年以上に撮られたとは思えない特撮技術の高さと映像的センス。 機械 [ ]• クレジットを確認すれば「おおっ」と声を挙げる事請け合い。 轟天号を戦後の技術発展と研究、得られた資材で完成させられるほどの設備を持つ。

もっと