躍動 歌詞。 躍動 歌詞 坂本真綾 ※ shop.pehub.com

坂本真綾 躍動

作詞:坂本真綾 作曲:古閑翔平 手に入れるのが勝利なら 手放すのは敗北でしょうか 誰も傷つかない世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ賭けてみたい ちょうどこんな月の夜 刻を告げる鐘の音を聞いた 残響は 空っぽの私ぜんぶ見透かしてるようで 怒りと嘆きは瞬く間に人から人へと手渡され いもしない敵を作りあげては 戦えと焚きつけるの 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけに耳を澄まして 絶対的な正義とか揺るぎない掟を 運命とみんなが呼ぶ偶然の連なりを いったいどれだけ信じ続ければいいんだろう もうとっくに裏切られた気もしなくないけど ああ 天球儀なぞり 指で何度も触れた星座 それは渡り鳥が飛び立つ頃 夜明けの赤い空へ昇る 限りなく自由に近い不自由へと向かってる未来 選ぶことを諦めたらもう引き返せない あの鐘の音に耳を澄まして あらがうほど締め付けられ 求めるほど奪われてしまう 誰もが許しあう世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけ信じてる te ni i reru no ga syouri nara tebana su no ha haiboku desyo u ka dare mo kizu tuka nai sekai nante kirei koto kamo sire nai sore demo mada ka ke te mi tai tyoudo konna tuki no yoru kizami wo tu geru kane no ne wo ki i ta zankyou ha kara ppo no watasi zenbu misu kasi teru you de ika ri to nage ki ha matata ku ma ni hito kara hito he to tewata sa re imo si nai teki wo tuku ri age te ha tataka e to ta kitukeru no hasi ri da su sono riyuu ga tatoe donna ni kudaranaku te mo atu ku haya ku hibi ku kodou usoituwa ri no nai yakudou dake ni mimi wo su masi te zettaiteki na seigi toka yu ruginai okite wo unmei to minna ga yo bu guuzen no tura nari wo ittai doredake sin zi tuzu kere ba ii n daro u mou tokkuni uragi ra re ta ki mo si naku nai kedo aa tenkyuugi nazori yubi de nando mo hu re ta seiza sore ha wata ri tori ga to bi ta tu koro yoa ke no aka i sora he nobo ru kagi rinaku ziyuu ni tika i huziyuu he to mu kaxtu teru mirai era bu koto wo akira me tara mou hi ki kae se nai ano kane no ne ni mimi wo su masi te aragau hodo si me tu ke rare moto meru hodo uba wa re te simau dare mo ga yuru siau sekai nante kirei koto kamo sire nai sore demo mada hasi ri da su sono riyuu ga tatoe donna ni kudaranaku te mo atu ku haya ku hibi ku kodou usoituwa ri no nai yakudou dake sin zi teru. 歌手: 作詞: 作曲: 手に入れるのが勝利なら 手放すのは敗北でしょうか 誰も傷つかない世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ賭けてみたい ちょうどこんな月の夜 刻を告げる鐘の音を聞いた 残響は 空っぽの私ぜんぶ見透かしてるようで 怒りと嘆きは瞬く間に人から人へと手渡され いもしない敵を作りあげては 戦えと焚きつけるの 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけに耳を澄まして 絶対的な正義とか揺るぎない掟を 運命とみんなが呼ぶ偶然の連なりを いったいどれだけ信じ続ければいいんだろう もうとっくに裏切られた気もしなくないけど ああ 天球儀なぞり 指で何度も触れた星座 それは渡り鳥が飛び立つ頃 夜明けの赤い空へ昇る 限りなく自由に近い不自由へと向かってる未来 選ぶことを諦めたらもう引き返せない あの鐘の音に耳を澄まして あらがうほど締め付けられ 求めるほど奪われてしまう 誰もが許しあう世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけ信じてる ほら あの鐘の音に耳を澄まして. 坂本真綾 躍動 作詞:坂本真綾 作曲:古閑翔平 手に入れるのが勝利なら 手放すのは敗北でしょうか 誰も傷つかない世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ賭けてみたい ちょうどこんな月の夜 刻を告げる鐘の音を聞いた 残響は 空っぽの私ぜんぶ見透かしてるようで 怒りと嘆きは瞬く間に人から人へと手渡され いもしない敵を作りあげては 戦えと焚きつけるの 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけに耳を澄まして 絶対的な正義とか揺るぎない掟を 運命とみんなが呼ぶ偶然の連なりを いったいどれだけ信じ続ければいいんだろう 更多更詳盡歌詞 在 もうとっくに裏切られた気もしなくないけど ああ 天球儀なぞり 指で何度も触れた星座 それは渡り鳥が飛び立つ頃 夜明けの赤い空へ昇る 限りなく自由に近い不自由へと向かってる未来 選ぶことを諦めたらもう引き返せない あの鐘の音に耳を澄まして あらがうほど締め付けられ 求めるほど奪われてしまう 誰もが許しあう世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけ信じてる ほら あの鐘の音に耳を澄まして• SCKnight の歌詞訂正に感謝. 感謝 SCKnight 修正歌詞. 「躍動」では作詞を坂本が、古閑翔平(ユアネス)が作曲を、編曲および演奏をユアネスが、ストリングスアレンジを河野伸が担当した。 手に入れるのが勝利なら 手放すのは敗北でしょうか 誰も傷つかない世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ賭けてみたい ちょうどこんな月の夜 刻を告げる鐘の音を聞いた 残響は 空っぽの私ぜんぶ見透かしてるようで 怒りと嘆きは瞬く間に人から人へと手渡され いもしない敵を作りあげては 戦えと焚きつけるの 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけに耳を澄まして 絶対的な正義とか揺るぎない掟を 運命とみんなが呼ぶ偶然の連なりを いったいどれだけ信じ続ければいいんだろう もうとっくに裏切られた気もしなくないけど ああ 天球儀なぞり 指で何度も触れた星座 それは渡り鳥が飛び立つ頃 夜明けの赤い空へ昇る 限りなく自由に近い不自由へと向かってる未来 選ぶことを諦めたらもう引き返せない あの鐘の音に耳を澄まして あらがうほど締め付けられ 求めるほど奪われてしまう 誰もが許しあう世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけ信じてる ほら あの鐘の音に耳を澄まして. 顯示更多 顯示較少.。 海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ 大地踏み鳴らし叩く 島の太鼓 てーく ぬ響き 海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ 大地踏み鳴らし叩く 島の太鼓ぬ響き 風に吹かれて島を歩く 夢に吹かれて海を渡る 月に吹かれて涙を流し 罪に吹かれて明日を想う 見果てぬ夢は 奏でてる想い 問いかける未来 走るあの空へ 風よ ひかりの風よ 巡る運命の導よ 大地吹き鳴らし叩く 島の太鼓ぬ響き 〜口説 くどぅち 〜 「南風 バイヌカジ 吹く うりずんぬぐとぅに 胸 むに ぬ想 うむ いゆ 語てぃ話さな 海ん渡りてぃ 島ん巡りてぃ 我 わ した青年 にせた の肝 ちむ やどんどん てぃーさじ めーうち 歌ゆサンシン てぃんとぅる」 星のコトノハ波に浮かべて 夜空を渡る夢のサバニ 久遠の空に流れ星ひとつ 波は想いを寄せて返す 名も無き民の 声なき歌を 道に立つ人よ 風に解き放て 宇宙 そら よ 燃える太陽 てぃだ の 命の息吹に夢 雄々しく広げた翼 天高く宙を舞う 海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ 大地踏み鳴らし叩く 島の太鼓 てーく ぬ響き 島の太鼓ぬ響き 島の太鼓ぬ響き. 坂本真綾 さかもと まあや 躍動 作詞:坂本真綾 作曲:古閑翔平 手に入れるのが勝利なら 手放すのは敗北でしょうか 誰も傷つかない世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ賭けてみたい ちょうどこんな月の夜 刻を告げる鐘の音を聞いた 残響は 空っぽの私ぜんぶ見透かしてるようで 怒りと嘆きは瞬く間に人から人へと手渡され いもしない敵を作りあげては 戦えと焚きつけるの 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけに耳を澄まして 絶対的な正義とか揺るぎない掟を 運命とみんなが呼ぶ偶然の連なりを いったいどれだけ信じ続ければいいんだろう もっと沢山の歌詞は もうとっくに裏切られた気もしなくないけど ああ 天球儀なぞり 指で何度も触れた星座 それは渡り鳥が飛び立つ頃 夜明けの赤い空へ昇る 限りなく自由に近い不自由へと向かってる未来 選ぶことを諦めたらもう引き返せない あの鐘の音に耳を澄まして あらがうほど締め付けられ 求めるほど奪われてしまう 誰もが許しあう世界 なんて綺麗事かもしれない それでもまだ 走り出すその理由がたとえどんなにくだらなくても 熱く速く響く鼓動 嘘偽りのない躍動だけ信じてる ほら あの鐘の音に耳を澄まして• ご期待ください」とコメントしている。 こちらの新曲は作詞を坂本が、作編曲を内澤崇仁(androp)が、ストリングスアレンジを内澤と石塚徹が手がけている。

もっと

躍動 歌詞 坂本真綾 ※ shop.pehub.com

坂本は新曲について「楽曲を提供してくれたユアネスさんのフレッシュな感性が、FGOの一場面に新たなインスピレーションをもたらしてくれたと思います。 。 。 。 。

もっと

躍動 歌詞 坂本真綾( さかもと まあや ) ※ shop.pehub.com

。 。 。 。 。 。 。

もっと

坂本真綾 躍動 歌詞

。 。 。 。 。 。 。

もっと

坂本真綾

。 。 。 。 。

もっと

坂本真綾

もっと

坂本真綾 躍動

。 。 。 。 。

もっと

躍動 歌詞 坂本真綾 ※ shop.pehub.com

。 。 。 。 。

もっと

躍動 歌詞 坂本真綾 ※ shop.pehub.com

もっと