災害 性 被害。 災害とは?防災とは?ハザードと曝露と脆弱性の関係について

性暴力被害者の「大丈夫」は性的同意ではないとの判決 韓国の最高裁

今回はSNSやブログにて発信された、なかなか公にはならない、被災地の現状を綴った投稿をご紹介させていただきます。 上記に挙げた3点などを示して「被害に遭った」と主張した際に「その程度で被害者ヅラをするな」「冤罪かもしれない」「ブスの勘違い」などと言われるのが常態化していることをも含めて、女性差別なのだ。

もっと

避難所で心配される卑劣な「性被害」 熊本市が啓発チラシを配らざるを得ない被災地事情: J

また、住宅が倒壊するなどの被害が出ました。 実際、年頃の異性の子どもと親は、家の中でも生活を分けているし、学校や病院の中でも、性別で更衣室や病室も分けられている。 むしろ、 「本当に嫌だ、絶対にしないで。 また、東日本の時には、授乳室や更衣室の用意がない避難所があったのですが、食の問題や被災し建物の応急処置などが優先される状況の中で、女性が声を上げることができなかったそうです」 と当時の状況を語る。 災害後に性暴力が起こりやすくなる事実は、これまで世界各地で起こった災害でも明らかになっています。

もっと

【熊本地震】公にはならない被災地の現実…災害地の性被害について

性加害の「重さ」 もしかして性加害は、傷害事件と違って、認識しにくいのかも知れない。 1人でもいれば十分多いし、日本は性被害者へのケアは遅れている) ましてや、 災害時は性被害が増えることが報告されている。 ソフト防災対策とは構造物によらない被害軽減手法であり、具体的には防災訓練、防災教育、ハザードマップの作成などがあげられます。 けれど、女性差別による被害というのは、そういった一見分かりやすい暴力だけの話ではない。

もっと

震災の混乱・困窮につけ込む性被害 避難所、身近な相手から【震災と女性 徳島の備えを問う】1|気象・防災,社会|徳島ニュース|徳島新聞

しかし、 「同意」で考えなくてはならないのだ。 騒いで殺されても、海に流され津波のせいにされる恐怖があり、その後、誰にも言えませんでした・・・。 周囲の人間に対しても、「見ないふり・知らないふりをせず助け合いましょう」と協力を求めている。 食材の少ない中、この思わぬ食材の浪費は、避難所の調理班の心を折る事態に。 「凶器を使用した」(44件)や「凶器は使用していないが、脅迫や暴行を行った」(171件)など、明確な暴行や脅迫があったとの回答は少ない傾向だった一方、「加害者がだんだんと身体接触を増やした」(521件)や「何も言わず突然性加害をした」(499件)、「だまして人のいない場所などに連れ込んだ」(423件)などが多くを占めた。 しかし、番組には、男性の被害者や、同性間の性暴力に苦しむ人からの声も複数寄せられました。

もっと

地震では、どのような災害が起こるのか

こうしたことを知らないと、周囲の人はなかなか分かりにくいっていうこともあるんだと思うので、ぜひ知ってもらいたいなと思います。 【ハード面】 ・街灯が消え、建物が倒壊することで、死角が増える ・避難所では就寝場所やお手洗い等、生活の場が男女共同となる 【ソフト面】 ・生命の危機に接することで、心理的な不安が高まり、暴力行為が加速する ・避難所での集団生活や物資の不足などでストレスが溜まり、そのはけ口が自分より弱い女性や子どもに向かう また震災時には、生命が最優先になることから、性暴力がより一層見えづらくなります 【ハード面】 ・人命救助に人員が割かれ、性暴力を含めた様々な事件に警察や公的機関が対応できない ・ライフラインに関する報道が中心となり、性暴力を含めた様々な事件がメディアに取り上げられにくい 【ソフト面】 ・「命が助かったのだから」と、性暴力を含めた様々なことを我慢させられがち このため、震災時の性暴力が取り上げられる機会はほとんどなく、むしろ事件として警察に届けられないことで、「デマ」として扱われることも少なくありません。 「命が助かったのだから」と言われて、命と引き換えに我慢させられる状況が起こりやすくなる。 10年以上経った今でも思い出す、あの生々しい感触と恐怖は消えない。 助けを求める声を出せず、恐怖と痛みに耐え続けた。

もっと

広範囲が「災害イエローゾーン」に…法改正で悩む自治体:朝日新聞デジタル

そうした状況を生んでいるのは、災害によって生まれた避難所のコミュニティで、被害者も加害者も顔見知りが多いという中で、 何か被害があったとしても「輪を乱すべきではない」という考えが広まっていることに要因があるのではないでしょうか。

もっと

震災の混乱・困窮につけ込む性被害 避難所、身近な相手から【震災と女性 徳島の備えを問う】1|気象・防災,社会|徳島ニュース|徳島新聞

25年前に語って良かったんだ、と思うことができました。 男の側は、「性関係」後に、女子高校生が何度も「大丈夫」と言ったとし、また、家に連れて行った際にも家の前でキスをしたという事実などを根拠に「自発的性関係」だったことを主張した。 実の姉に相談するも『なんで逃げなかったん?』『親族の恥さらしや』と言われました。 今後、首都直下地震や南海トラフ巨大地震等の大規模地震の発生が懸念される中、液状化による宅地の被害を抑制するための対策を講じていく必要があることから、 [1]「宅地の液状化被害可能性判定に係る技術指針」により宅地の液状化被害可能性を判定するための手法を示すとともに、 [2]宅地における液状化の可能性を判断するために必要な各種データ等の情報を集約しましたので、今後の液状化対策にご活用下さい。 避難所でこうしたことが起こった場合、ペットを車中泊させるなどして対策することがありますが、熱中症になってしまう事例もあるのだそうです。

もっと

“男性がトイレまでついてくる”“授乳をじっと見られる”災害避難所の性被害は「大したことじゃない」のか?

あわてて急ハンドルや急ブレーキをかけず緩やかに速度を落とす• 」(ZOZOさん・東京都) 2017年6月に性犯罪に関する刑法が改正されましたが、それ以前は、強姦罪は「男性が女性に対して行うもの」と定義されていたため、統計上、被害者については女性のデータしかありませんでした。 また、もしあなたが避難所の運営に携わる場合、ルールを策定してみるのはいいかもしれません。 (4) 防災のあり方に明確な答えはない ここまでの話をまとめると、「ハザード」(台風や地震など)が人間社会で「曝露」され、そこに「脆弱性」があった場合に「災害」は発生します。 また、顔見知りの人からの被害だと、『見知らぬ人から突然襲われる』というイメージと合致せず時間がかかることもある」と述べた。

もっと

避難所で心配される卑劣な「性被害」 熊本市が啓発チラシを配らざるを得ない被災地事情: J

さらに重要なのは、2017~2019年にかけて1億2500万ユーロ(約167億円)をかけて、性的暴行被害者を支援するシステムを確立しようとしていることだ。 一日も早く復興し、傷ついた方々の心身が少しでも癒されることを願っております。 以上のようなことを、 自分や、自分の家族のことのように考えてほしい。 今月、24時間の無料電話相談「よりそいホットライン」では、2013年から2018年の5年間に女性専用ラインに寄せられた36万件余りの相談について内容を分析しました。 気配や物音で、性的被害が起こったことは周囲の多くの人が気付いていたのですが、黙認し、避難所公然の秘密のようになっていたのだといいます。 トヨクモが運営する「みんなのBCP」とは 「みんなのBCP」とは事業継続に関わるあらゆることをメインテーマに、総務部の方にお役立ち情報を提供するブログメディアです。 また、外に出て自助グループや支援してくれる人たちとその苦しさを分かちあって、持ちやすい大きさにすることもできます。

もっと