ウーン デッド ニー。 ウンデット・ニーとは

Wounded Knee incident : ウーンデッド・ニー占拠事件

動くものがなくなってようやく銃声が止んだ」と、兵士の一人は回想している。 また、FBIは呪い師のと、直接関係のないオグララ族AIMのをミーンズらとは別に逮捕した。 ウンデッド・ニーあるいは ウーンデッド・ニー( Wounded Knee, ラコタ語では Cankpe Opi)とはアメリカ、サウスダコタ州の南西部、オグラララコタ郡にある地域、町で、アメリカ先住民(インディアン)のスー族(ラコタ部族)が定住しているパインリッジ居留地 Pine Ridge Indian Reservation 内に位置する。 この占拠は、ついには国の独立国家宣言にまで至った。

もっと

ロスト・バード

のインディアン弁護士の調査によれば、ウェズリーが友人や母親と酒場にいたところ、以前からウェズリーに挑発的だったシュミッツが入ってきて、「俺は今晩、どうあってもあのインディアン(ウェズリー)を殺してやるぞ」と息巻いた。 ヨーロッパ人の土地に対する考え方は、これとは違っていた。 15分後、二人は表の駐車場で喧嘩となり、ウェズリーが胸を3箇所刺され、救急車内で死亡したという。

もっと

映画『荒野の誓い』あらすじと感想レビュー。ウエスタンの背景を西部劇の過去作とともに解説

彼の墓石にはこう書かれた。 CRAZY HORSE:Penguin Life 1999. 彼らのキャンプを、で壊滅した第7騎兵隊の残党を含む、大佐指揮下の、総勢470名、騎兵4個中隊と砲兵1個中隊が包囲した。 救援に駆け付けたスー族戦士のブラック・エルクとレッド・クロウは転がっている赤ん坊をそれぞれ一人ずつ見つけ、ショールでくるんで連れ帰った。

もっと

ロスト・バード

パインリッジのスー族はを置いたまま逃げていた。 逆の場合、インディアンは必ず終身刑か死刑である)。 Capps,benjamin. 叛史は正史の対極にある概念である。 そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。 叛史のために。 1950年代には、終焉・移住法により、何十もの部族政府が廃止され、先住民の多くが、職業訓練を受けるために都市部へ移住させられた。

もっと

ウンデット・ニーとは

ディック・グレゴリー - 黒人コメディアン• 占拠事件の際のAIMの声明 [ ]• 白人は29人が亡くなった。 は、・スー族 の支族のひとつで、シハ・タンカ酋長の属するバンドは、ゴースト・ダンスを信奉していた。 彼らを殺戮し、砂漠の隔離区に押しこめることが西部開拓の本質である。 アメリカ合衆国の成り立ちは西へ西へと領土を拡大することそのことがすべての歴史であった。

もっと

ウーンデッドニーに対するジョニー・デップの興味は、物議!

ビッグ・フットはそれ以上の争いを避けるために白旗を掲げて降伏を告げた。 この2者は闘いのスタイルもインディアンの歴史における位置も異なるのだそうだ。 At the time there was widespread public sympathy for the goals of the occupation, as Americans were becoming more aware of longstanding issues of injustice related to American Indians. インディアン戦争の幕切れ 引用 (インディアンに対する)強制移住は第二次セミノール戦争の終焉(1842年)あたりで一応終結する。

もっと

ウーンデットニーの虐殺

しかし、当局側は武装警官を用意し、抗議にきたインディアンたちを建物に閉じ込め催涙ガスを浴びせ、暴行を加えた。 そういうわけでご挨拶がおそくなりました。 スー族の攻撃は米兵を圧倒して優位に戦いを進めたが、やがて米兵側に「黒いワシチュー(兵)」の一団が戦闘加入し、スー族は退却した。 白人側は150人から多くて200人程度だとし、スー族側は約300人、また それ以上の数 [ ]を挙げる向きもある。 最後まで、頑として移住を拒否し続けたチェロキー族も、ついに1838年に連邦軍によってジョージア州から追いたてられてしまいました。 レナードと再婚相手のビアトリスの元で暮らす事になったロスト・バードだが、その後も虐待やなどで苦しみ、後に生活のために移ったでやの『』で働いた(売春もしたとされる)。 インディアンの自由な世界が還って来るとされるゴースト・ダンスは、この大虐殺を機に、一挙に下火になっていった。

もっと