ミラン 対 アタランタ。 ミランとアタランタの好調対決はドローに…またしてもユーヴェ優勝が近づく

ミランと契約延長のピオリが興奮「考えずにはいられない。私が願っていたこと」

しかし前半は遅いテンポで見せ場となる場面はほぼなく、両チームともに決定打を欠いた。

もっと

来年の3月30日のミラン対アタランタの試合を見に行こうと思ってい...

ミランは局面を打開するために前からプレスを仕掛けはじめ、結果的にこれがFKの獲得につながっている。

もっと

なぜアタランタは躍進したのか? 特異な3バックを徹底分析【UU】

公式戦5試合で1分4敗という成績を残し、ノバーラ戦の敗北後に解任の憂き目に遭った。 その一方では、セリエBへのレンタルからDFマッティア・カルダーラとMFフランク・ケシエ(ともにチェゼーナ)、FWアンドレア・ペターニャ(アスコリ)が復帰した。

もっと

アタランタ対ACミラン【予想とオッズ】 • ベッティングトップ10

このあたりから、ミランは主導権を手放し始める。 1本でチャンスを作り出す場面が増える。 ミランはエリアの外側でボールを良く回すが、この時間帯は中の選手の動きの少なさが目立った。 インスピレーションが少し必要とした同試合はアシュリー・ヤングがその停滞した流れを動かす。 しかし右サイドバックのハテブールがしっかりと中に絞ってブロック。 ゴメスのパフォーマンスは、国内外の少なくないビッグクラブの注意を引き始めており、1月のメルカートに向けて移籍の噂がひっきりなしに飛び交っている。 。

もっと

【アタランタ対ミラン】屈辱の大敗でクリスマス【選手採点・コメントetc.】

アタランタは前述のプレッシングから徐々に試合の主導権を握り返した。 だがガスペリーニは、そこからビルドアップを始めるよう強いるため、あえて1人の敵をフリーにした。 左サイドにおいては、サイドに開く動き、ハーフスペースに下がって来る動き、そしてドリブル突破で数的優位を作り出すA. この小柄なアルゼンチン人アタッカーは前線の左サイドを起点に、ロンボの頂上だけでなく左右のポジションにも流動的に動きながら攻撃を活性化。 サンシーロでのアタランタ戦なら当日券もあると思いますが・・・不安&絶対なら国内で手配ってのもひとつの手段です。

もっと

アタランタ対ACミラン

縦に早いサッカーで一時は主導権を握ったミラン。 75分、ミランはボナベントゥーラに代えてハカン・チャルハノールを投入。

もっと

アタランタ対ACミラン

ブンデス [11月27日 0:55]• スペイン [11月30日 8:55]• 欧州CL [12月2日 9:03]• その翌季のパレルモでは、21試合目に他でもないアタランタに敗れ最下位に転落したことが、解任の引き金になった。 アレハンドロ・ゴメスが左に流れて、ダビデ・カラブリアが攻撃参加で空けたスペースを使おうとしていたが、ミランもカバーリングとパシャリッチを試合から消すことでしっかりと対処した。 ガスペリーニは、マクシモビッチをフリーにすると同時に孤立させ、ナポリのビルドアップが彼から始まるように仕向けた。 5xG」で7位となっている。 アタランタはセリエAで攻撃において中央のゾーンを使う割合が最も低い(23%)チームである。 アタランタの仕込まれたカウンターの形 アタランタがボール奪取すると、2バックの一角の10番アレハンドロ・ゴメスが必ず左サイドに開きボールを引き出す。

もっと