再読 文字 将。 將

【漢文】否定形と禁止形「不可能・二重否定・部分否定・全体否定」の構文

というわけで助動詞を考えてみましょう。 「宜」は「適宜」という熟語もあるように、「……するのが適切である」という意味を表す字です。 「宜しく」「須べからく」は「曰く」を理解する 「宜」は「宜しく~べし」「よろしく~べし」 「須」は「須べからく~べし」「すべからく~べし」 です。

もっと

【再読文字の覚え方】漢文が苦手な人でも分かるように解説します

夜 よ 方 まさ に 半 なか ばにして、 宙 ちゅう 寐 い ね られず。 女 むすめ 聞 き きて 鬱 うつ 抑 よく す。 1周目(基本事項中心)の最後は、再読文字です。

もっと

漢文の再読文字とは?意味と使い方をわかりやすく解説!

「かくかくしかじか」ですね。 その後それぞれ成長し、宙と倩娘は、常にひそかに寝ても覚めても思いあっていたが、家の者はその状況を知ることはなかった。 それでは今回は、「須」「猶」「由」「盍」の解説をしていきます。 先に覚え方からいくと、 「 当に~べし」なので、「~して 当然だ」「~して 当たり前だ」と覚えます。 まとめ 力石智弘先生の著書『脳TEC漢文(ドゥクエスト)』より、入試で頻出となる再読文字「未」「将」「且」「当」「応」「宜」「須」「猶」「由」「盍」10個についてまとめました。 「宜」は 「適宜」という熟語と結び付けると「・・・するのがよい」や「・・・したほうがよい」という意味を連想でき、覚えやすくなります。 「不定」とは単に、「定まっていない」という意味ですが(具体例:住所不定)、 「未定」は「まだ定まっていない(今は定まっていないがそのうち定まるはずだ)」という意味を表します(具体例:タイトル未定)。

もっと

漢文【完全版】入試で必要な再読文字10個の一覧まとめ

東大模試の作成や、神戸大学個別試験 国語 の解答速報作成 新聞にて掲載 など多岐にわたり活躍中の実力派講師。 「なんゾ……ざル」と読みます。

もっと