青春 と は 心 の 若 さ で ある。 青春とは、心の若さである。(サムエル ウルマンの詩)

青春は心の若さである ~松下幸之助・人生後半を生きる~

バラの面差し、 くれないの唇、 しなやかな手足ではなく たくましい意志、 ゆたかな想像力、 もえる情熱をさす。

もっと

いつまでも若さを保つ秘訣◇心が老けると身体も老化する!

「勇気と希望と微笑みを忘れず、いのちのメッセージを受信し続ける限り」 こんな訳し方があるんだと新井 満さんの「あなたはいつまでも青春」と迫ってくる感覚が好きだ。 サミュエルが80歳の誕生日を迎えたことを記念して、 家族によって彼がそれまでに書き溜めた 詩やエッセイをのせた詩集(自費出版された本) 『From the Summit of Years, Four Score』(『80歳の頂から』) に掲載されている作品の中の一つである。 さらに「人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる、人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる、希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる」とあります。 指揮、ベートーベンの「運命」を聴いた瞬間に似ていた。 皆さんは理不尽な壁を越えて、精神のなかにある「青春」大事にされてますか?. 「青春の詩」"Youth" と書かれていた。

もっと

【本日の名言】 青春とは人生のある時期ではなく 心の持ち方をいう by サミュエル・ウルマン の意味・解釈・教訓とは?

この詩の中では、 「理想や情熱さえ持ち続けることができれば、人は死ぬまで若くあり続ける」 と言ってますよね。 ありがとう。 ウルマンはここで商売をはじめ、1867年にエマ・メイヤー Emma Mayer と結婚した。 ひと山越えて、これからも夫婦ふたりで歩いていく。 この十五年前、まだ七十歳になったばかりのころのこと。 苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人をさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

もっと

青春は心の若さである ~松下幸之助・人生後半を生きる~

これらの心を代表する気持ちがなくなったとき、人は初めて「老ける」のです。 手紙や詩的なエッセイを綴るなど 引退後の時間を執筆の 趣味に費やし、その題材は 愛、自由、 若さ、生きること、ライフスタイル、信仰などについて語った。

もっと

青春とは、心の若さである。(サムエル ウルマンの詩)

しかし、私は半年後、世界の誰もやったことのない80歳でのエベレスト登頂を達成し、晴れ渡った山頂から感謝の電話をかけている自分を、少しも疑いはしません。 すごく明確なゴールイメージを持っていたことが分かりますよね。 ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。 青春とは心の若さである 信念と希望にあふれ勇気にみちて日に新たな活動をつづけるかぎり青春は永遠にその人のものである(56字) 幸之助は毛筆で書く練習も始めていると言っていて、この言葉を書いた色紙を販売会社や代理店に幅広く販売したい旨を強調しています。 私は、数え年の八十歳を機に会長を退任し、相談役になりました。 このように、いくつになっても情熱を忘れずに生きている人は「見た目年齢」が必ず若い。 青春とは、心が若いということです。

もっと

【本日の名言】 青春とは人生のある時期ではなく 心の持ち方をいう by サミュエル・ウルマン の意味・解釈・教訓とは?

サミュエル・ウルマン(1840年~1924年)は、ドイツ出身のアメリカの詩人。 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。 初めてこの詩と出会った時には電流が体を駆け巡る気がした。 ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。 スポンサーリンク 1840年誕生-1924年没 (享年84歳) 実業家であり、詩人であり、人道主義者であった。 霊感が絶え、 精神が 皮肉の雪におおわれ 悲嘆の氷にとざされるとき 20歳だろうと人は老いる。

もっと

青春時代とは、心の若さのことをいう。

ここでは「青春」でなく「若さ」と読み取りたいんです。 40代や50代になっても、自分向上のために、習い事や読書を欠かさずにしている人は、まだまだ青春時代を送っている人です。

もっと

青春は心の若さである ~松下幸之助・人生後半を生きる~

state:状況 temper:気分、気質 vigor:活力 predominance:優越、支配 timidity:臆病 desert:去る wrinkle:しわを作る enthusiasm:熱意 self-distrust:自己不信 若さとは人生のある時ではなく、心の状態を言うのだ。 むしろ困難な時代に生きた人間だ。 ウルマンが80歳という年齢にたったとき、死を間近に感じるような年齢でもなお、理想を追い求めることの重要さを綴っている。 私も世間で言えば老人の域に入るのかもしれませんが、自分には全く自覚がありません。

もっと

青春は心の若さである ~松下幸之助・人生後半を生きる~

バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。 そんな折、誕生日のお祝いとして、アメリカの実業家であり作詩家のサミュエル・ウルマンの「青春」と題した詩を贈られ、深い感銘を受けます。 青春とは心の若さである 信念と希望にあふれ、勇気にみちて日に新たな活動を続けるかぎり 青春は永遠にその人のものである 晩年になってなお、仕事はもとより日本国際賞等数々の社会活動にも果敢に取り組んだ幸之助。 9em;font-weight:bolder;line-height:1. 君にも我にも 見えざる駅逓(えきてい)が 心にある。 1865年にナチェズに移り住んだ。 幸之助は秘書に対し、この詩を短く要約するよう指示を出しました。 今の私は、エベレストどころか東京の高尾山すら登れないでしょう。

もっと