ベンガジ の 秘密 の 兵士。 13時間 ベンガジの秘密の兵士 映画紹介

「13時間:ベンガジの秘密の兵士」今も謎の残る実話の映画

ストーリーをざっくり要約 1【ジャックの赴任】• 救援に向かうことを進言するロンに対し、表に出ることが許されないCIAは待機の命令を下します。 しかし、米国の大使らが市内に赴任してくる。 しかし、誘拐犯の携帯電話から、イスラム系テロリストによる全世界規模のテロ計画が割り出され、彼らに再び指令が出される。 だが逃げ遅れた3人の子供を含む民間人5人がロス西警察署に取り残されていた。 5週間後。

もっと

映画「13時間 ベンガジの秘密の兵士」の感想・ネタバレ(83点)チーフの判断は間違っていたのか?

あくまで脱出する考えのチーフは、今後の行動をスタッフに伝え、最善を尽くすよう指示する。 不審車が接近し携帯をいじって立ち去る• 9時51分。 迫撃砲を撃たれロンとグレンが死亡• 着替えと水を運んできたアマルは、通訳はもう必要ないので帰っていいとパラントから言われるが、皆と残ると伝えて下に向かう。 CIAの基地を守るのは元軍人の6名• 悲しみと憎しみが連鎖していく• CIAの秘密基地 元ネイビーシールズのジャック(通称ジャック)がベンガジに来たのは友人のロンに招かれて民間軍事会社GSRの警備要員としての仕事をする為です。 。 保安職員と機密情報を先に逃がす• しかし、行く手には想像を絶するラストが待っていたー。 74a9f579-b0bd-1c0a-6ebd-90b761520a08","amzn1. 54a9f54c-a9e6-7fa4-92de-d1bce8198465","amzn1. 銃を増やすと問題が起こる 2【クリス大使の訪問と襲撃】• そしてゲートに殺到すると同時に塀をも乗り越え、ほとんど反撃される事もないまま、領事館を制圧してしまうばかりか、内部の人間を襲い始めた。

もっと

【13時間 ベンガジの秘密の兵士/13 Hours】実話・ネタバレ:2012年アメリカ在外公館襲撃事件

「これは誰かの罠よ。

もっと

13時間 ベンガジの秘密の兵士 映画紹介

私はこの監督、流れに乗っかってバカにしている風なことも書くことがありますが、基本はとても映画人として尊敬しています。 リビアの楯 過激派の迫撃砲による壊滅的なダメージを負ったGRS。 しかし、自由を勝ち取った民兵と国民による平和があるベンガジには、今は危険はないと考えるボブはロンのこの訴えに耳を貸さず、「お前たちはただ自分たちCIAを守る傭兵に過ぎない、分をわきまえろ」と冷たく突き放します。 2012年に起こった「 アメリカ在外交官襲撃事件」をもとに作られている。 から休むよう指示されたユベンは、大使を救えなかった責任を感じて、今は戦い続けることを伝える。 ロンはとうとう独断で領事館へ向けて出動します。 アネックスに派遣されていた軍事組織GRSの6人の警備兵たちも待機命令を受けるが、領事館を取り巻く状況が緊迫していくのを見過ごすことができず、任意で救援活動に乗り出す。

もっと