Glb 試乗。 メルセデス・ベンツ GLB に渡辺慎太郎が試乗! 今、大注目の小型SUVの実力とは?(GENROQ Web)

GLAとGLB、どのグレードを買うのがベスト?【メルセデス・ベンツGLA/GLB試乗】

これって今や輸入車には 付いててあたりまえの装備となりつつありますね。 ) 精巧な作りをしたセンターコンソール 乗り心地、静粛性といった部分に関しては、5008に対してもアドバンテージを持っているかなと感じました。

もっと

メルセデス・ベンツ GLB に渡辺慎太郎が試乗! 今、大注目の小型SUVの実力とは?(GENROQ Web)

個人的には少しブレーキングが遅く感じ、自分でブレーキを踏みたくなる場面もありましたが、おおむね、違和感なく勝手に全車を追従してアクセル操作をしてくれますし、止まるときは、完全停止まで自動で速度調節をしてくれます。 全長は4650mm。 あと、GLBのSportモードは結構良かったっす。 単に手頃な3列シートのSUVというのなら輸入車ではプジョー5008、国産勢まで入れれば選択肢はそこそこ豊富になる。 ・メルセデスミー六本木から青山通り交差点まで まず店舗から出るときに感じたのがDCTの扱いにくさ。 のエントリークラスに位置づけとなるGLBですが、走り出しても室内はかなり静か。

もっと

メルセデス・ベンツGLB250 4MATIC/GLB200d 4MATIC【海外試乗記】 見た目以上の本格派

シフトはステアリング右側にある 慣れるまでは大変そう で、いざ発進。 トランスミッションは全グレードで8段DCTが採用される。

もっと

【比較試乗】「メルセデス・ベンツGLB vs レクサスRX」3列シートSUVの最適解

静的質感について(簡単に)• 第一印象は、メルセデスに少しがっかりさせられた。 GLB 250でも224hp/350Nmのパワーがあるので、申し分のない加速性能や力強いトルクが得られるし、ゆったりとした乗り味も悪くなかったからだ。 「現行のディスカバリーやディスカバリースポーツは徹頭徹尾お洒落」 ではディスカバリースポーツの内外装をチェックしてみよう。 ワインディング路でも高速道路でも自然体で扱えて、同乗者と一緒に風景や会話を楽しめるゆとりが何よりである。 何だか本当にディーゼルなのか不安になってきたので、担当者に念のため確認を取りました。 こういったエントリークラスの、そしてということを考慮すれば十分なのでしょうが、後部座席も楽しみたいという方は、最低でも以上を購入してくださいという事なのでしょう。 RXに至っては、胴長体型だと頭がつかえて正しい姿勢で座ることすら難しい。

もっと

【メルセデスベンツ GLB 新型試乗】GLAとGLB、選びかたの決め手は?…中村孝仁

2列目シートのスライド量を調節すれば、身長178cmの筆者でも座ることは可能。 いざ試乗スタート! ターボラグは全く感じられない。 が、そんなに雰囲気変わらないなというのが正直なところ。 どちらのエンジンも組み合わされるトランスミッションは8速のDCTである。 ADAS(先進運転支援システム)もGLBは見事だ。

もっと

今一番気になる車、メルセデス・ベンツGLB200dに試乗した感想

GLBは現実的には、5人乗りがスタンダード。 これがSUVの脚の最適解なんじゃないかと思うくらい、文句なしの乗り味でした。 Bクラスと比べると、全長約200mm、全幅約40mm、全高は約100mm、それぞれ拡大している。 25インチのタッチスクリーンを並べたインストゥルメントパネルも「Aクラス」や「Bクラス」ですでに採用されているもの。 「大人2人が長時間座っても全然平気」といったたぐいのものでは決してありません。

もっと

今一番気になる車、メルセデス・ベンツGLB200dに試乗した感想

大きな凹凸や目地段差などを踏んでいっても低級なショックはもとより、バネ下の無駄な震えも感じられない辺りは、モノコックの剛性や足周り関係の組み付け精度がいかにカッチリしているかを物語るようでもある。 まさに後席に誰かを載せることを大前提に考えられている。 普通の車のような運転席からの眺めに反し、乗り味はしっかりとSUVらしいゆったりした動きなところ。

もっと