白梅 学園 大学 ポータル。 情報公開

情報公開

社会福祉士(国家試験受験資格)• 2016年度の事業概要・報告 在籍学生数• 子ども学部(共学) 【子ども学科】 子どもの育ちや学びの連続性を踏まえ、乳幼児期から学童期までを視野に入れて学んでいきます。 絵本を読みあう活動、保育者の研修プログラムの開発/仲本 美央 教授• 子どもの社会性の発達や親子関係、アロマザリング (母親以外のヒトによる子育て・ケア)について考える/石島 このみ 講師• その能力を、ソーシャルワークやケアワークの分野で活かすことができる人材を養成します。 社会福祉主事(任用資格)• 所属学科の科目だけではなく、隣接する学問分野の科目も学びやすくなり、より幅広く専門性を深め、学びの土台を固めていきます。 2008年度 在籍学生数• 学びの特徴3 「地域子育て支援演習」の設置 学生自らが企画・運営に携わり、地域の子どもたちや保護者、障害者、高齢者の方々とふれあいながら実践的に学ぶ場として「」が設けられています。

もっと

子ども学科

社会福祉士(国家試験受験資格)• 認定心理士• 生涯にわたる人間の心理発達をめぐる課題に対し、発達臨床心理学の知見に基づく自己の考えを持ち、それを表現し、行動することができる。 各学科の求める学生像 子ども学科 子ども学科の求める学生像は次のとおりです。 物事を論理的に捉え、自らの考えを持ち、それを表現できること。 保育・教職実践演習(幼稚園) 本山 方子教授 専門分野:教育心理学、子ども心理学、教育方法学 4年生の後期、学びの集大成として,自らの保育者としての課題を見極め職業生活を展望します。 様々な時代や社会の子どもの育ち、遊び、文化、親子関係の研究/首藤 美香子 教授• 2010年度 在籍学生数• 「ヒューマニズム論基礎」や「現代ヒューマニズム論」、「労働と人権」、「人間の生と性」など、本学の独自科目が新しく開講され、「人の幸せとは何か?」「生きるとは?」「働くとは?」などについてじっくりと考えていきます。 初等教育・特別支援教育を学ぶ 【目ざす資格・免許】• 本学では、これまでの教育と人材養成の蓄積を踏まえ、特徴ある教育課程を用意しています。 各学科の授業構成について 子ども学科 子ども学科の専門科目では、子ども学の知識や技術を講義、演習の形で学習できるとともに、修得した能力を保育、幼稚園教育、小学校教育、社会福祉、博物館の分野で活かせる科目を設置しています。

もっと

子ども学科

あわせて介護福祉(ケアワーク)や小学校教育についても学ことができ、ソーシャルワークとケアワークの知識・技術を兼ね備えた福祉人材やスクールソーシャルワーカーの養成をめざします。 ヒューマニズムの精神を体得し、子ども学に関する学問的探究を進めるために必要な基礎学力および基礎技能を習得している。 子ども学研究の方法論を考える~歴史的な視点からのアプローチ~/髙田 文子 教授• 小学校教諭1種免許状• 【発達臨床学科】 発達障害などの困難を抱えた子どもたちへの理解・支援の必要性が高まっています。 学科ごとの専門領域に関する体系的学修と、学科を超えた横断的学修による学際的視点を通して、子どもと子どもを取り巻く社会の課題を解決するための力をつけている。 これらの全体を通して、生涯にわたる人間の心理発達をめぐる問題の理解と、その解決方法を学んでいくことができます。 2018年度の事業概要・報告 在籍学生数• 財務状況• ゼミナール活動を行う中で、子ども期の学びの中心は遊びにあり、その遊びのきっかけをつくるため、保育者として何ができるかを考えるようになりました。 家族・地域支援学科 家族・地域支援学科の求める学生像は次のとおりです。

もっと

情報公開

財務状況• 発達臨床学科 発達臨床学科では、心理学の知見を基礎として、乳幼児期から成人期に至る長い期間の発達について理解を深め、そこで生じる諸問題への心理的教育的なアプローチの仕方を学び、心理的援助を必要とする人々や発達において困難を抱えた人々を理解し、支援できる能力を身につけることを目指しています。

もっと