スイッチング 支援 システム。 電力広域的運営推進機関、スイッチング支援システムの利用状況を公表

スイッチング支援システム|用語集|新電力ネット

新電力への切り替えで普及が進んでいるスマートメーターは、消費者の電気の使い方にも関係してくるデジタル計測機器なのです。 〔2〕2つの連携方法:Web直接入力とWeb-API 今回、広域機関に導入されたのは、前出の図1に示す「新電力会社」と「スイッチング支援システム」のサポート部分〔Web-API(SOAP)〕である。

もっと

電力会社から簡単に契約変更、小売事業者がワンストップで手続き完了

30分値は、経済産業省「スマートメーター制度検討会」で決定された。 また、託送契約手続きについてもスムーズにスイッチングが進むよう制度が変更されています。 電力小売りの全面自由化により、新たに電力業界に入ってきた「新電力」のメニューが充実してきています。 小売電気事業者が一般送配電事業者に「委託」して、利用者のところまで電力を「送る」ことになるからだ。 これに対して小売電気事業者は、スイッチング支援システムを経由してそれらの情報を一般送配電事業者に問い合わせ、同システム経由で一般送配電事業者から、設備情報や使用量情報の回答を得る。

もっと

小売電気事業者の切替え(スイッチング)をご検討のお客さまへ 北陸電力送配電

【Looop でんき】? FAX:076-405-0132 高圧需要者・発電者に関する問合せ• 取りまとめは、「2016年3月31日時点」「2016年4月1日時点」の2種公表されており、共にシステム運用開始2016年3月1日13時からの累計値となる。 また国は電力自由化と並行して、既存電力計の検定有効期間である10年をもって、スマートメーターへの交換を進めてきました。

もっと

電力会社からの契約変更を促進、「スイッチング支援システム」が2016年に稼働 (1/2)

ここでは、広域機関 総務部情報システムグループ マネージャー 八幡 泰史(はちまん やすし)氏 への取材をもとに、具体的に見ていく。 その時のためにも、新電力を含む電力会社のプランやメニューにはできるだけ目を通して比較検討し、自社にとってより良い電力会社を選択できるようにしておくことが大切でしょう。 スイッチング支援システムとは 電力の全面自由化により、新電力への切り替えが可能になった件数が爆発的に増えました。 (1)Web直接入力:広域機関で開発されたWebアプリケーションを使用してWeb画面(IEブラウザ)へ各種の計画データを、スイッチング支援システム向けに手動操作で入力する方法(手入力のためミスが発生しやすい) (2)Web-API:広域機関から提供されるWeb-API仕様に準拠して新電力などが開発したシステムと広域機関のスイッチング支援システムを自動連携させる方式(ミスは発生しにくいが、システム開発費用がかかる) 電力小売全面自由化に伴い、「電力契約切替作業」や「電力託送切替作業」の数は、約8,500万件(一般家庭7,800万件、商店・コンビニなど720万件)が対象となるため、以前と比べ桁違いに多くなり、従来のような手入力(Web方式)では対応しきれない。 しかし低圧部門(小規模工場・コンビニ・事業所・一般家庭など)の電力自由化により、全ての需要家(消費者)で新電力への切り替えが可能になりました。

もっと

スイッチング支援システムとは

供給計画、連系線利用計画、発電計画、需給計画などの各種計画情報を、広域機関に提出する際の広域機関システム連携およびデータ交換などを効率的に行うことが可能となり、この2つの業務を同一システムで統合的に運用することが可能となった。 2016年4月1日からの電力小売全面自由化の開始に伴って追加された、低圧需要者(一般家庭など、契約数8,500万件)向けの手続き(図4の青線部分)。 また切り替えの仕組みや方法についても確認しておき、いざ切り替える時に慌てることのないようにしておきたいものです。 従来のように発電・送配電・小売を一体にした電力会社の事業展開は2016年の小売全面自由化をもって、システムの点でも不可能になるわけだ。 図3 「契約前」「契約手続き」「契約後」とスイッチング支援システムの役割 出所 〔2〕フェーズ2:契約手続き 需要者は、小売電気事業者からの情報をもとに検討し、新しく選択した小売電気事業者に、電力の供給契約の申し込みなどを行う。 この託送異動業務のうち、一部のケースを除いてスイッチング支援システムで手続きを完了できるようになる(図2)。 。

もっと

電力の契約変更に必要なスイッチング支援システム、自動連携か直接操作を選択

その際にこれまで電力会社から届いていた「電気ご使用量のお知らせ」を用意しておくようにします。

もっと