レイカーズ 対 ペリカンズ。 レイカーズのアンソニー・デービスが5年198億円で再契約に合意 チーム残留が確定

レイカーズ VS ペリカンズ ~NBA~

ポール・ジョージがいない分オフェンスではなく、ディフェンスをしたいところではありますが、レイカーズの今シーズンのNBAトップレベルのインサイドを止めるには、まだケミストリーが完成していないでしょう。 昨季はいずれもキャリアハイとなる平均33. 対する、ペリカンズはレディックがジャンパーを落とします。 2日目となる7月31日は6試合が組まれ、渡辺雄太(25)が所属する西地区全体8位のグリズリーズは同9位のトレイルブレイザーズと対戦。

もっと

遂に開幕!NBA2019シーズン【NAB歴11年目】の僕が開幕戦を大胆予想!

210㎝以上で、ウィングスパンも非常に長く、ディフェンスはもちろん、シュートタッチの柔らかさ、ハンドリングの良さから得点も量産します。 最初の3年間で計127本だったものの、昨季だけで150本を沈めてみせた。 ペリカンズは才能ある若手が多いのですが、ガード陣が中心で、インサイドのデイビスを抑えられません。 レイカーズは2位の46回(過去23勝23敗)で、対戦するマーベリクスは9年ぶり4回目となる。

もっと

レイカーズがペリカンズを下して4連勝、アンソニー・デイビスが古巣相手に再び40得点超え

クリッパーズのズバック、ハレルには手に負えない選手たちでしょう。 キャリア4年目となった昨季は3ポイントの数字を大幅に伸ばし、成功数平均2. 今後の成長を見込めるボールとイングラムは共にまだ21歳、チームにはバックコートに、フロントコートにはジャリル・オカフォーがおり、イートワン・モアとソロモン・ヒルという堅実な選手が在籍している。 レイカーズが来季に向けてどのようにロースターを作り上げていくか、ペリカンズに関しては、今後もトレードを断行する可能性を秘めているだけに、まずは今後の動向に注目していきたい。 。 ここが勝敗の分かれ目でした。 ネッツはセルティクスと顔を合わせるが、ウォリアーズ時代の2019年のファイナルで右足アキレス腱を断裂して昨季を全休したケビン・デュラント(32)が今季は初めてネッツのユニフォームを着て登場する見込み。 Blackまんばの予想では、レイカーズに軍配が上がると思います。

もっと

NBA「クリスマスゲーム」のカードが内定 レイカーズ対マーベリクスなど5試合(2020年12月2日)|BIGLOBEニュース

レナード、グリーンが抜けた後もバランスの取れたチームであることは間違いなく、ケミストリーの完成度も高いため勝つでしょう。 ペリカンズはオフェンスが良いのですが、ディフェンスが悪いです。 予想:ニューオリンズ・ペリカンズ対トロント・ラプターズ ずばり、ラプターズが勝利するでしょう! 去年NBAチャンピオンに輝いたラプターズは、エースでディフェンスの要であったカワイ・レナードと、3ポイントとディフェンスでいい仕事をしていたダニー・グリーンが去ってしまいました。 アシスト以外はいずれもチーム1位の成績だった。 そして、皮肉にも今期自己最高得点を記録するADなのでした。 ディフェンス面においてもリーグ屈指の能力を持っており、リムプロテクターとしても評価が高い。 来季終了後、デイビスはプレーヤーオプション(PO)を破棄して制限なしフリーエージェント(FA)になることができるのだが、代理人はレブロンと同じくリッチ・ポール。

もっと

レイカーズとペリカンズがトレード合意、レブロンとADによる超強力タッグがLAで実現へ

やJJ・レディック、ボールにハートといった選手もおり、楽しみなチームとなっている。 ただし、今季先発ポイントガードを務めたエルフリッド・ペイトンが制限なしFA、ジュリアス・ランドルはPOを破棄すれば制限なしFAになることができる権利を持っており、こちらも今夏にロースターを再構築していくことが必須。

もっと

レイカーズのアンソニー・デービスが5年198億円で再契約に合意 チーム残留が確定

なお、リーグの規定により、このトレードが正式に成立するのは7月7日(同6日)になるという。

もっと

遂に開幕!NBA2019シーズン【NAB歴11年目】の僕が開幕戦を大胆予想!

最後は決めきるチームが勝つ 第4Qにシーソーゲームとなったこの試合。 ネッツはセルティクスと顔を合わせるが、ウォリアーズ時代の2019年のファイナルで右足アキレス腱を断裂して昨季を全休したケビン・デュラント(32)が今季は初めてネッツのユニフォームを着て登場する見込み。 昨季のファイナルを制したレイカーズには今月30日で36歳となるレブロン・ジェームズらに加え、今オフにサンダーからガードのデニス・シュルーダー(27)、ラプターズからセンターのマーク・ガソル(35)らが加わり戦力はアップ。 今回の記事では、NBA2019-2020シーズンの開幕戦を、NBA歴11年目になる僕が大胆予想してみました。 昨季はエーススコアラーとしてペリカンズをけん引し、シーディングゲーム(順位決定戦)が行なわれた第二幕へ参戦する立て役者の1人となった。 ただ、ザイオンが復帰してディフェンスを強化したら、大化けする予感がします。 なお八村塁(22)が所属するウィザーズは過去23回、この日に試合を行っているが3年連続でカードは組まれなかった。

もっと

レイカーズとペリカンズがトレード合意、レブロンとADによる超強力タッグがLAで実現へ

前半のディフェンスを改善しない限り、12月の強豪に勝ってくのは厳しいと感じました。

もっと

レイカーズ VS ペリカンズ ~NBA~

2020年12月02日 13時24分 スポーツ. ちなみにレブロンがヒートに移籍してスリーキングスを誕生させたときは、全く関係ないボストンとのTDガーデンでの開幕戦でも大ブーイングを浴びせられていました笑 しかし、そんなブーイングを物ともせず、大活躍するADでした。

もっと