泉 鏡花 外科 室。 泉鏡花『外科室』あらすじ感想 これほど熱い恋をしたことがあるか

小説『外科室』あらすじから結末まで解説!「忘れません」の意味と手術台の象徴とは?

あたりまえの時間や空間を、あっさり超えてしまうという論理的な矛盾があるものの、そこには断ち切ることのできない純粋な愛情が主題として描き出されている。 <1分で読めるあらすじ> 画家である「私」は、友人の医師・高峰の手術の様子を見学することになった。 源吉とやら、みずからは、とあの 姫様 ( ひいさま )が、言いそうもないからね」 「罰があたらあ、あてこともない」 「でも、あなたやあ、ときたらどうする」 「正直なところ、わっしは 遁 ( に )げるよ」 「 足下 ( そこ )もか」 「え、君は」 「私も遁げるよ」と目を合わせつ。 出会いが瞬間的な一目ぼれであった。 うとうとあそばすと、すぐ済んでしまいます」 このとき夫人の 眉 ( まゆ )は動き、口は 曲 ( ゆが )みて、瞬間苦痛に堪えざるごとくなりし。 若い女に違いはないが、いま拝んだのと比べて、どうだい。 これだけでなく、玄関から外科室、外科室から二階の病室に通じている長い廊下には、フロックコートを着た紳士、制服を着けた武官、あるいは羽織袴の人物、その他、貴婦人令嬢などいずれもきわめて高貴な人々が、あちらで行き違い、こちらで落ち合い、あるいは歩き、あるいは立ち止まり、往復する様子はまるで機を織るようである。

もっと

泉鏡花 外科室

これのみならず玄関より外科室、外科室より二階なる病室に通うあいだの長き廊下には、フロックコート着たる紳士、制服着けたる武官、あるいは羽織袴の扮装の人物、その他、貴婦人令嬢等いずれもただならず気高きが、あなたに行き違い、こなたに落ち合い、あるいは歩し、あるいは停し、往復あたかも織るがごとし。 ね、それ、真ん中のに水際が立ってたろう。 しかも女の 新造 ( しんぞ )だ。

もっと

泉鏡花「外科室」

高峰も夫人と同じ日に亡くなりましたが、これは自死によって後を追ったものだと思われます。

もっと

Meiji Repository: 泉鏡花「外科室」試論 観察、そして解釈

と見ると、雪の寒紅梅のように血が胸からつっと流れて、さっと白衣を染めるとともに、夫人の顔は元のようにたいそう蒼白くなったが、思ったとおり落ち着いて、足の指も動かさなかった。 録音:橋本文雄• それじゃ治っても死んでしまいます。 その日午前九時過ぐるころ家を出でて病院に腕車を飛ばしつ。 伯爵は前に進み、 「奥、そんな無理を謂ってはいけません。 早くよくならんでどうするものか」 「はい」 「それではご得心でございますか」 腰元は彼らの間で周旋した。

もっと

外科室

泉鏡花作『外科室』におけるリミテーション 泉鏡花の『外科室』を読んだ。 こうしたことから、泉鏡花の『外科室』は、 「結婚」に抗って「恋愛」に生きる男女の姿が描かれる物語だと言えるでしょう。 そこには、美しく位の高そうな3人の女性が来ていて、その中でも特に美しかった人のことを話したことがあった。 スクリプター:、ラフマニノフ• 医学生とうら若き淑女の間に起こる一瞬の出来事、それはすれ違いざまの一瞥。 「ああ」 こうして丘に上って躑躅を見た。 痛かあないよ」 「夫人、あなたのご病気はそんな手軽いのではありません。 さてはどのような医学士も、いざという場合に臨んでは、さすがに懸念もあろうかと、私は同情を表していた。

もっと

泉鏡花「外科室」

そして高峰が手にしているメスに片手を添えて、自ら乳の下を深く掻き切った。 一同が顔を見合わせた。 しかし全くだよ。

もっと

泉鏡花「外科室」

唇の色は少し褪せていて、真珠のような前歯がかすかに見え、目を固く閉ざしているのが、思いなしか、眉をひそめているようだ。 夫人は、自分のうちにある心の秘密が現れることを理由に、麻酔にかかるのを拒否。 私は今しがた門前で見た数台の馬車を思い合わせ、密かに心で頷いた。

もっと