一柳 直 末。 (第335号)一柳直末(ひとつやなぎなおすえ)とその子孫~一柳庵跡(いちりゅうあんあと)・宗閑寺(そうかんじ) (平成28年4月1日号)|三島市

一柳氏

本丸西橋 本丸から二ノ丸の間の堀にかかる橋で、左側半分は土橋。 秀吉の信頼が篤かった武将として知られます。

もっと

山中城跡公園

また山中城の南からは堀秀政、丹羽長重、木村重高、長谷川秀一らが迫り、北には徳川家康が陣取りました。 歴代藩主は守や守などに叙任され、17年()がとなった。 これを使っていた「三好長慶」が、「清和源氏」の支流「小笠原氏」の一族であることを意味している。 下記の写真は、治水事業などに大きな貢献をした、戸田氏鉄の銅像で、大垣城の西側にある大垣公園にあります。 大垣の地は美濃と近江を結ぶ最重要拠点でしたので、その後も織田家と斎藤家で奪い合いとなります。

もっと

大垣城の歴史と大垣城の戦い~大垣城訪問記

両者を京都から追い出すなど、圧倒的な力を見せて、天下をまさに支配していたのです。

もっと

「一柳」(いちやなぎ / いちやぎ / いちりゅう / ひとつやなぎ)さんの名字の由来、語源、分布。

この時、城への一番乗りを果たしたのが、中村一氏配下の渡辺勘兵衛です。 斎藤氏・織田氏・前田氏の家臣で通称は彦三。 河野通直が生まれであるのに、曾孫に当たるが生まれである。 まぁここまで来れば「一安心」というところでしょうか。 戦国時代末、今から四二六年前の天正十八年(一五九〇)春、豊臣秀吉が小田原北条氏の攻略に乗り出しました。

もっと

歴史の小箱

『』によれば長久保村(現在の)に葬られたという。 戦国時代末、今から四二六年前の天正十八年(一五九〇)春、豊臣秀吉が小田原北条氏の攻略に乗り出しました。 この時、斎藤龍興は20歳でした。 そのため、翌日16日夜には、相良頼房、秋月種長・高橋元種兄弟らが水野勝成の内応に応じて、9月18日に軍議をしたいと垣見一直、木村由信、木村豊統、熊谷直盛、木村勝正らを呼ぶと謀殺しました。 胴体は戦場に残され、箱根西坂の笹原新田に埋められたらしく、慶長七年(一六〇二)に同地に一柳庵という堂舎が建てられ、菩提が弔われたようです。 生没年: 父:河野通直? 正室: 1529-1580 生没年:1529-1580 父: 通称:又右衛門 正室: 1546-1590 1564-1636 娘(小川祐忠室) 生没年:1546-1590 父: 通称:市助、市介、熊 1584-1585 竹ヶ鼻城主 1585-1589 美濃大垣城主 1589 軽海西城主 1590 小田原征伐 従五位下 伊豆守 正室:心誉春勢(父:姫路城代 ) 松寿(義父:豊前国中津城主 ) 娘(徳永昌重室) 娘(松野重元室) 生没年:1564-1636 父: 幼名:善門 初名:三政 通称:四郎右衛門 1590-1601 主 1591 従五位下 1591 監物 1601-1636 主 1636 初代藩主 正室: 娘(上総大多喜藩二代藩主 室) 1598-1645 室:稲葉氏 1599-1642 (直家系へ) 室:常法院 1602-1645 (直頼系へ) 直良 直澄 生没年:1598-1645 父:伊予西条藩初代藩主 1609 従五位下 1609 丹後守 1636-1645 二代藩主 正室:(父:菊亭公矩) 1624-1702 直照 生没年:1624-1702 父:伊予西条藩二代藩主 通称:左近 1646 従五位下 1646 監物 1645-1665 三代藩主 1665 改易 正室:(父:豊前高田藩初代藩主 ) 娘(二代美濃今尾領主 室、義父:豊後杵築藩初代藩主 ). この時、氏家卜全 氏家直元 は織田家に内応したため、しばらくは氏家卜全 氏家直元 、死後は氏家直昌が城主を務めました。

もっと

(第335号)一柳直末(ひとつやなぎなおすえ)とその子孫~一柳庵跡(いちりゅうあんあと)・宗閑寺(そうかんじ) (平成28年4月1日号)|三島市

また、近年の研究で河野通直の後を継いだ 生 が通直の実子である可能性が高まっており、が河野晴通より早く生まれていた兄なのであれば、河野氏側の史料で宣高の存在が確認できないことも疑問となる。

もっと