婦人 科 特定 疾患 治療 管理 料。 特定疾患療養管理料(医学管理)算定方法まとめ。対象疾患について

『婦人科特定疾患治療管理料』の運用について|公益社団法人 日本産科婦人科学会

毎日適度な運動をして下さい• 5 厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関において、初診として受診した 時点において 2 の要件を満たしていたものについては、患者及びその家族等の同意を 得た場合に、当該患者が 15 歳になるまでの間、当該管理料を算定することができる。 2 ロについては、を満たす保険医療機関(診療所に限る。 2 地域連携小児夜間・休日診療料に規定する時間当該地域において一般の保険医療機関がおおむね診療応需の態勢を解除した後、翌日に診療応需の態勢を再開するまでの時間(深夜(午後十時から午前六時までの時間をいう。 領収書の「管理料」の欄に掲載されます。

もっと

【医学管理】特定疾患療養管理料の適応病名と算定要件

(2)治療計画を作成し、患者に説明して同意を得るとともに、毎回の指導内容の要点を診療録に記載すること。 2 緊急時における放射線治療を担当する医師との連絡体制等放射線治療を適切に実施するための十分な体制が確保されていること。 9 外来栄養食事指導料 1 外来栄養食事指導料は、入院中の患者以外の患者であって、別に厚生労働大臣が定め る特別食を保険医療機関の医師が必要と認めた者又は次のいずれかに該当する者に対し、 管理栄養士が医師の指示に基づき、患者ごとにその生活条件、し好を勘案した食事計画 案等を必要に応じて交付し、初回にあっては概ね 30 分以上、2回目以降にあっては概 ね 20 分以上、療養のため必要な栄養の指導を行った場合に算定する。 4 注1に規定する検査及び治療管理並びに注2に規定する検査及び治療管理を同一月に行った場合にあっては、ロの所定点数のみにより算定する。

もっと

B001_30 婦人科特定疾患治療管理料|e

)の「STAS-J(STAS日本語版)ス コアリングマニュアル第3版」(ホスピス財団ホームページに掲載)に沿って評価 を行うこと。 ただし、区 分番号B000に掲げる特定疾患療養管理料、区分番号B001の7に掲げる 難病外来指導管理料又は区分番号B001の18に掲げる小児悪性腫瘍患者指導 管理料を算定している患者については算定しない。

もっと

【医学管理】特定疾患療養管理料の適応病名と算定要件

)しているもの タ イマチニブを投与しているもの レ リンパ脈管筋腫症の患者であってシロリムス製剤を投与しているもの ソ 腎細胞癌の患者であって抗悪性腫瘍剤としてスニチニブを投与しているもの ツ 片頭痛の患者であってバルプロ酸ナトリウムを投与しているもの イ 特定薬剤治療管理料1を算定できる不整脈用剤とはプロカインアミド、N-アセチ ルプロカインアミド、ジソピラミド、キニジン、アプリンジン、リドカイン、ピルジ カイニド塩酸塩、プロパフェノン、メキシレチン、フレカイニド、シベンゾリンコハ ク酸塩、ピルメノール、アミオダロン、ソタロール塩酸塩及びベプリジル塩酸塩をい う。 特定疾患療養管理料(医学管理)算定方法まとめ。 クリリニックで働くのであれば、特定疾患療養管理料はレセプトを行う上で避けては通れない項目です。 2 区分番号B001の9に掲げる外来栄養食事指導料及び区分番号B001の11に掲げる集団栄養食事指導料は、所定点数に含まれるものとする。 jetpack-social-navigation-svg. 2 救急搬送看護体制加算1に関する施設基準 1 救急用の自動車(消防法(昭和23年法律第186号)及び消防法施行令(昭和36年政令第37号)に規定する市町村又は都道府県の救急業務を行うための救急隊の救急自動車並びに道路交通法(昭和35年法律第105号)及び道路交通法施行令(昭和35年政令第270号)に規定する緊急自動車(傷病者の緊急搬送に用いるものに限る。

もっと

B001_30 婦人科特定疾患治療管理料|e

10 入院栄養食事指導料(週1回) イ 入院栄養食事指導料1 1 初回 260点 2 2回目 200点 ロ 入院栄養食事指導料2 1 初回 250点 2 2回目 190点 1 イについては、入院中の患者であって、別に厚生労働大臣が定めるものに対 して、保険医療機関の医師の指示に基づき当該保険医療機関の管理栄養士が具 体的な献立等によって指導を行った場合に、入院中2回に限り算定する。 器質性月経困難症は、重症化すれば癌や不妊につながる可能性があります。 また患者を除く家族等にのみ説明を行った場合は算定できない。 ウ 糖尿病足病変に関する患者指導について十分な知識及び経験のある看護師等が行う演 習が含まれるものであること。 (2020年9月30日までには受講できるようになる予定) それまでの間は暫定期間として、 施設基準の届出用紙に受講予定者を記入したうえで厚生局に届出をし、他の基準を満たしていれば算定可能となります。 [通知] 第6の3 地域連携夜間・休日診療料 1 地域連携夜間・休日診療料に関する施設基準 1 救急患者を夜間、休日又は深夜において診療することができる体制を有していること。 ア 臓器移植に従事した経験を2年以上有し、下記のいずれかの経験症例を持つ専任の常勤医師。

もっと

第1部 医学管理等

ア 国又は医療関係団体等が主催する研修であること。 糖尿病• 不整脈• 【基準】 (1)当該保険医療機関内に婦人科疾患の診療を行うにつき十分な経験を有する常勤の医師が1名以上配置されている。 本管理料算定のために必要な「適切な研修」であるe-ラーニング研修「器質性月経困難症に対する適正なホルモン療法等に係る研修」の配信を、日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会が共同で、下記の要領にて令和2年7月1日より開始しますのでお知らせ致します。

もっと

器質性月経困難症に対する適正なホルモン療法等に係る研修

(新)婦人科特定疾患治療管理料(要届出) 250点 婦人科又は産婦人科を標榜する保険医療機関において、入院外の器質性月経困難症の患者であって、ホルモン剤(器質性月経困難症に対して投与されたものに限る)を投与している患者に対して、婦人科又は産婦人科を担当する医師が、患者の同意を得て、計画的な医学管理を継続して行い、かつ、療養上必要な指導を行った場合に、3月に1回に限り算定する。 4 「注3」に規定する人工内耳機器調整加算は、耳鼻咽喉科の常勤医師又は耳鼻咽喉科 の常勤医師の指示を受けた言語聴覚士が人工内耳用音声信号処理装置の機器調整を行っ た場合に算定する。 ただし、区分番号B000に掲げる特定疾患療養管理料を算定している患者については算定しない。 2 保健師、助産師又は看護師が個別に 30 分以上療養上の指導を行った場合に算定でき るものであり、同時に複数の患者に行った場合や指導の時間が 30 分未満の場合には算 定できない。 23 がん患者指導管理料 イ 医師が看護師と共同して診療方針等について話し合い、その内容を文書等により提供した場合 500点ロ 医師又は看護師が心理的不安を軽減するための面接を行った場合 200点ハ 医師又は薬剤師が抗悪性腫瘍剤の投薬又は注射の必要性等について文書により説明を行った場合 200点注1 イについては、に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、がんと診断された患者であって継続して治療を行うものに対して、当該患者の同意を得て、当該保険医療機関の保険医が看護師と共同して、診療方針等について十分に話し合い、その内容を文書等により提供した場合に、患者1人につき1回(当該患者について区分番号B005-6に掲げるがん治療連携計画策定料を算定した保険医療機関及び区分番号B005-6-2に掲げるがん治療連携指導料を算定した保険医療機関が、それぞれ当該指導管理を実施した場合には、それぞれの保険医療機関において、患者1人につき1回)に限り算定する。

もっと

「管理料」は女性への罰金じゃない 子宮内膜症、月経困難症などに診療報酬を新設

エ 特定薬剤治療管理料2を算定する場合は、診療録等に指導内容の要点を記録するこ と。 2 指導内容の要点を診療録に記載する。 必ず「スマートフォン・タブレット端末用ログイン画面」から受講してください. 3 退院した患者に対して退院の日から起算して1月以内に指導を行った場合に おける当該指導の費用は、第1章第2部第1節に掲げる入院基本料に含まれる ものとする。

もっと