ホンダ 軽 トラ 撤退。 ホンダの軽トラック、事業撤退|時代と共に揺れ動く小型・軽トラ市場│Umbrellaly

【なぜ?】ホンダ、軽トラックから撤退する理由とは 後継車種の予定もなし

ちなみにホンダ広報部は否定済みらしい。 日本の軽自動車なんか作る必要性がぜんぜんないときだったと思うのですが。 このモデルは、完全受注生産で20台/月というペースで生産されており、納期は7か月から8か月待ちだそうです。 その数、全部で25個! 荷物をロープで固定したりシートをかける際に便利ですよ。

もっと

ホンダ、軽トラ事業撤退の事情(ニュースイッチ)

ハイゼットトラックは軽自動車の常識を覆したモデルです 2014年9月にフルモデルチェンジしたダイハツハイゼットトラックは、現在新車が最も売れている軽トラックです。 発売時の東京地区標準現金価格は「スタンダード」で53万3,000円。

もっと

ホンダ、軽トラ事業撤退の事情(ニュースイッチ)

51 ID:97nMOScy0 いまのキャリーは知らんけど、 むかし乗ったのはブレーキペダルの踏み心地がスポンジーで、 どこから効いてるのか分からなかったので2度と乗るまいと思った。 直近の軽トラック販売台数ランキングを見ると、2019年4月から9月の販売台数は、ダイハツ「ハイゼットトラック」、スズキ「キャリイ」に続く3位ですが、1位・2位とは大きく引き離されているうえに、ハイゼットはトヨタ/スバル、キャリイは日産/マツダ/三菱にOEM供給されており、それらを合算させると、競合車との差は歴然といえます。 メニュー• 2WD車も全車フロントディスクブレーキが標準装備される(ただしホイールは10インチのまま)。 ましてやホンダはに代表されるように、今もなお創業者の本田宗一郎の思想が根付いてる。

もっと

ホンダが軽トラ市場から撤退! それでも「無敵車」軽トラに需要があり続ける理由とは

初代のCMには・の(TNアクティ名義のみ)、および(車のみ)、の(4WD車のみ)が起用されていた。 このテールランプは3代目バン、派生車のにも採用される。 このように、コストをかけても利益が出にくい構造によって、ホンダ・スズキ・ダイハツ以外のメーカーはすでに開発から手を引いています。

もっと