バック ハンド ストローク。 ダブルバックハンドストロークのコツ [スタッフ研究室]>[談話室の質問回答]

ダブルバックハンドストロークのコツ [スタッフ研究室]>[談話室の質問回答]

結果、力加減でコートに入れようとするのでネットも増えたりします。 さらに、 自分が思った方向にボールを飛ばすことができません。 そのため、あまりボールが近づいてから落下点に移動しようとすると、間に合わずに理想的な打点に立てないという事態になります。 では、連続写真でテイクバック~フォロースルーまでをみていきましょう。 短所 肩口から上のショットで力が伝わりにくい。 ボールの軌道が読めていない ソフトテニスはボールを打ち合うスポーツです。

もっと

これは分かりやすい! 両手打ちバックハンドストロークの基本(1):テニス初級・中級者のためのテニスレッスン動画集

ボールにあまり回転がかからないため、ラケットから与えられた力をもろに受けて、飛んでいくボールが途中で下に落ちずに伸びていってしまいます。 以下、それぞれのグリップの握り方、特徴と打点についてご説明します。 ストロークに安定感のある子は常にラケットの中心部分でボールを打てているのに対し、安定感の無い子はラケットのどこにボールが当たるかわかりません。 ストロークはインパクト後も重要 とにかくストローク動作に入ったら、ボールから目を離さないようにしましょう! そうすることで、ラケットの中心部分でボールをしっかりとらえる技術が向上します。 負荷をコントロールして、身に付けた技術の強度を高めていくことが重要です。 「最初はストロークの基本中の基本である下から上を意識してトップスピンを掛けることを心がけて下さい。

もっと

【保存版】テニスの両手打ちバックハンドストロークの打ち方(フォーム)

体の横向きをある程度残して、打つようにします。 テイクバックは、軸足の股関節の内転と自然な上体の捻りによって行われていることがわかります。 セミウエスタンがオススメ。 両手打ちバックハンドストロークの基本について学びます。

もっと

バックハンド基礎レッスン

」としか答えることができません。 こんな感じです。 人は必ず肩-肘-手が身体の前側(視界に入る空間)に位置する状態で物を押すでしょう。 1面のルール付きラリーではルールに従った規則的なプレーの中で1面を動いても技術が使えるように、1面のフリーラリーでは試合と同じように戦い方を意識しても安定したパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。

もっと

バックハンド基礎レッスン

ミスが多い初心者の子は、この、 1. 両手打ちバックハンドを苦もなくなく打てるようになってしまう人がいます。 しかし、そういった方が身近にいない子も多いです。 両手 バックハンドストロークの握り方 両手打ちの場合は両方の手で握るので、片手バックハンドに比べてパワーが出しやすくなりますが、リーチが狭くなってしまうことがデメリットになります。

もっと

【保存版】テニスの両手打ちバックハンドストロークの打ち方(フォーム)

結果、エネルギーを生み出すことができず、やはり手打ちになりやすくなります。 そのため、 ボールとラケットが当たった後も、しっかり振りぬいてスイングすることがポイントになります! 8. スポンサーリンク まとめ 今回は片手バックハンドの基本、そしてトップスピンを掛けるコツについて書きました。 前足を出すとき、に肩を入れる。 切ろうと思わないで、フラット気味で良いと思いますよ。 すると一見軌道が山なりになり、ロビングっぽいボールになるのですが、回転がほとんどかかっておらず、落下点をコントロールすることが非常に難しくなります。 ) 練習メニューとしては、素振り、球出し(ネットを挟んだラケット出しを左右前後(規則的・ランダム)の動きを入れて行う)、ラリー(ルール付き・フリー1面)、練習試合がおすすめです。 手の平 基本チェック位置 フォアハンドの場合と同様に、正確なグリップのチェックをしましょう。

もっと