大 規模 地震 対策 特別 措置 法。 大規模地震対策特別措置法施行令 昭和53年12月12日政令第385号

南海トラフ地震対策、大震法を見直し、予知から防災・減災へ(福和伸夫)

2 本部長は、地震防災応急対策を的確かつ迅速に実施するため、自衛隊の支援を求める必要があると認めるときは、防衛庁長官に対し、自衛隊法 (昭和二十九年法律第百六十五号)第八条 に規定する部隊等の派遣を要請することができる。 地域経済活性化支援機構担当室• )、同法第百十四条の改正規定、同法第百十五条の改正規定(「三万円」を「二十万円」に改める部分に限る。

もっと

減災と防災の違いとは?地震対策で防災より減災が大切な理由と具体的な減災方法。

改正:• 今回、何か具体的な内容が示されているわけではありません。 (東日本大震災も、熊本地震も、予知できた地震専門家が皆無であったのをみれば、そりゃそうだろという感じだ) このことから、政府は東海地震は予測できることを前提とした防災対策から、いつ発生しても被害を最小限にする 減災対策へと地震対策の主軸を方向転換するだろう。 2 市町村警戒本部は、次に掲げる事務をつかさどる。 (全域)• ただし,この方法によることが著しく不適当であると認められる特別の理由がある場合においては,文部科学大臣が適当であると認める方法による。

もっと

内閣府本府所管の法律

改正:• 現金や貴重品は自宅にあんまり保管しないようにするなど。 (2) 補強に要する経費 工事費(本工事費及び附帯工事費をいう。 おすすめ記事: 予知を前提に東海地震を特別扱いしてきた体制からの脱却 「東海地震は予知できる!!」 大規模地震対策特別措置法はこれを前提に、さまざまな対策を練ってきた。 下記のリンクは外部のウェブサイトに移動します。

もっと

南海トラフ巨大地震:前震もとに防災情報 「警戒宣言」は凍結

その際には、情報の確度と社会の受忍限度との狭間で合意形成をしていくことになります。 )に限る。 別画面で表示されます。 なお、平成29年11月1日から南海トラフ全域で地震発生の可能性を評価した結果をお知らせする「南海トラフ地震に関連する情報」の運用を開始しており、これに伴い、現在、東海地震のみに着目した「東海地震に関連する情報」の発表は行っていません。 改正:• 次の、それぞれの事業所別地震防災規程作成例を参考としてください。

もっと

大規模地震対策特別措置法|条文|法令リード

そして、東海地震の震源域の地盤内に体積ひずみ計などの観測装置が設置され、前兆滑りを検知するため、気象庁が24時間態勢で観測を続けています。 一 消防法 (昭和二十三年法律第百八十六号)第八条第一項 若しくは第八条の二第一項 に規定する消防計画又は同法第十四条の二第一項 に規定する予防規程 二 火薬類取締法 (昭和二十五年法律第百四十九号)第二十八条第一項 に規定する危害予防規程 三 高圧ガス保安法 (昭和二十六年法律第二百四号)第二十六条第一項 に規定する危害予防規程 四 ガス事業法 (昭和二十九年法律第五十一号)第三十条第一項 (同法第三十七条の七第三項 又は第三十七条の十 で準用する場合を含む。 (平成22年4月9日改正) この運用細目の規定は,平成22年4月1日から適用する。 この場合において、都道府県地震災害警戒本部長は、当該報告の概要を警戒本部に通知しなければならない。 )」とあるのは、「その他大規模地震対策特別措置法第二条第十四号の地震防災応急対策の実施の責任を有する者」と読み替えるものとする。 改正:• 気象庁長官から内閣総理大臣に地震の前兆の報告!!• 改正:• 以下同じ。 この地域では、1854年の安政東海地震の発生から現在まで160年以上にわたり大規模地震が発生しておらず、さらに、駿河湾地域では御前崎の沈降や湾をはさんだ距離の縮みなど地殻のひずみの蓄積が認められていることから、「東海地震はいつ発生してもおかしくない」と考えられてきました。

もっと

3.大規模地震対策特別措置法

ゆえに、私の場合は、デザイナーに特化した意識はありません。 一 病院、劇場、百貨店、旅館その他不特定かつ多数の者が出入する施設 二 石油類、火薬類、高圧ガスその他政令で定めるものの製造、貯蔵、処理又は取扱いを行う施設 三 鉄道事業その他一般旅客運送に関する事業 四 前三号に掲げるもののほか、地震防災上の措置を講ずる必要があると認められる重要な施設又は事業 2 第三条第一項の規定による強化地域の指定の際、当該強化地域内において前項の政令で定める施設又は事業を現に管理し、又は運営している者(前条第一項に規定する者を除く。 この東海地震説を受けて、静岡県の山本敬三郎知事や静岡県選出の原田昇左右議員は、それぞれ地震対策法案の立法化を急ぎました。 ウ 木造の建物 公立の幼稚園,小学校,中学校,義務教育学校,中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の幼稚部,小学部若しくは中学部の校舎,屋内運動場又は寄宿舎のうち,別表第1に定めるところにより算定した当該建物の構造耐震指標の値が0. 第16条 津波避難対策緊急事業計画に基づく集団移転促進事業を実施する場合における集団移転促進法第3条第2項第3号及び第7条第1号の規定の適用については、集団移転促進法第3条第2項第3号中「住宅団地の」とあるのは「住宅団地(集団移転促進事業に関連して移転が必要と認められる施設であつて、高齢者、障害者、乳幼児、児童、生徒その他の迅速な避難の確保を図るため特に配慮を要する者が利用する施設で政令で定めるものの用に供する土地を含む。 4 地震防災緊急事業5箇年計画に係る国の補助の特例の対象となる公立の幼稚園,小学校,中学校,義務教育学校,中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の幼稚部,小学部若しくは中学部の校舎,屋内運動場又は寄宿舎で ,地震による倒壊の危険性が高いもののうちやむを得ない理由により補強が困難なものの改築及び地震による倒壊の危険性が高いものの補強に係る文部科学大臣の定める基準(特別措置法第4条) (1) 改築に係る基準 ア 鉄筋コンクリート造,鉄骨造及び鉄骨鉄筋コンクリート造の建物 公立の幼稚園,小学校,中学校,義務教育学校,中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の幼稚部,小学部若しくは中学部の木造以外の校舎,屋内運動場又は寄宿舎のうち,別表第1に定めるところにより算定した当該建物の構造耐震指標の値が0. 改正:• この場合において、市町村防災会議 (市町村防災会議を設置しない市町村にあっては、当該市町村の市町村長。 第八十三条の次に次の一条を加える。 )又は第五項(第十五条において準用する災害対策基本法第二十八条の五第一項 の規定による権限に属する事務の一部を行う場合を含む。

もっと

大規模地震対策特別措置法 : 防災情報のページ

改正:• わけです。

もっと