ボタフォゴ 対 バングー。 ボタフォゴFR

【動画あり】本田圭佑がボタフォゴデビュー戦でさっそく魅せた。初ゴール奪取にブラジルメディアも称賛

リオデジャネイロ州のボタフォゴに加入したMF本田圭佑(33)は、無観客で行われた15日の同州選手権バングー戦でデビュー戦ゴール。 不可解だった本田の交代 確かに後半は相手のマークが厳しくなり、前半ほどいい形でボールを受けたり、前に運んだりすることができなくなっていた。 スペイン [11月30日 11:29]• プレミア ダービー新経営陣、新監督は代行のルーニーでなく… []• セリエA [11月14日 23:07]• 第16節 グレミオ戦はベンチスタート、後半頭から出場。 ブンデス [11月29日 8:02]• ブラジル初ゴールは初出場の試合で決めた バングー戦の PK。 日本、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコ、オーストラリアと大陸をまたいで活躍し、知名度と地位を築いてきた金髪の33歳は、ブラジルの地でもゴールとともに好スタートを切ったと言えそうだ。

もっと

すでにPKキッカーに!本田圭佑がボタフォゴデビュー戦デビュー弾!チームはドロー《カンピオナート・カリオカ》(超ワールドサッカー)

ブンデス [11月22日 10:42]• 続く9分、センターサークル内でボールを持った本田から左に一気に展開して、左サイドバックのギリェルメを走らせた。 新型コロナの影響で… 試合終了直後に中継の実況者が「今日はコロナウィルスの影響で試合後のインタビューや記者会見を行わない」と明かしたため、アウトゥオリ監督の選手起用の意図や本田に対する評価、また本田本人がデビュー戦で感じたことなどを現時点で知る手段がない。 名古屋グランパス時代には、クラブ史上4人目となる高卒ルーキーでの開幕スタメンを勝ち取り、プロデビュー戦となったジェフユナイテッド千葉戦で初アシストを記録した。 : 8回• バレンシアは先月、欧州チャンピオンズリーグのアタランタ(イタリア)戦のためミランに遠征。 試合ごとの変動背番号制の中でただ1人、ポジションに依らない固定の「4」を与えられていることからもチーム内で特別な能力を持った存在として扱われていることがわかる。

もっと

【動画あり】本田圭佑がボタフォゴデビュー戦でさっそく魅せた。初ゴール奪取にブラジルメディアも称賛

11日の練習では、前日10日のパラナ・クルーベ戦に出場した主力組は別メニューで体力の回復に努めたため、本田が主力組と合流して、本格的な戦術練習に入るのは12日からとなる。

もっと

本田圭佑はやはり“持ってる”男。待望のボタフォゴデビュー、そして初ゴールを決めたが…

もし、ボタフォゴがこの試合に勝ち、ベスト8に進んでいれば 賞金は、330万レアル=日本円で約6000万円。 しかも、このボタフォゴ移籍後初めての一発が、彼にとって記念すべきクラブでの公式戦通算100ゴール目になった。 1月31日の加入以後、調整を続けていた本田だが、ビザの関係で選手登録ができず。 投稿順 再生順 ユーザ コメント NG共有 コメント日時 2 02. 続けて「残念ながら新型コロナウイルスの影響で(本拠地)ニウトン・サントス競技場は無観客試合となったが、それでも多くの日本人ジャーナリストがカバーしていた」とし、本田の注目度を伝えている。 スペイン [12月1日 9:52]• 交代した後に勝ち越したなら、少しは納得できたかもしれない。 またしても本田が起点となったチャンスはゴールに結びつかなかった。

もっと

デビュー弾の本田圭佑、現地の反応は? 「ライバルでさえ注目。愛され、ボタフォゴの救ä¸

10 yaDmQvB8OailZdemvhcdF-UNdJA ししょつ! 細くて背が高いのですが、ボールを取られないキープ力があり、1試合に一本はチャンスを作っているイメージです。 スペイン [11月29日 18:58]• 背番号11番のマテウス・バビ選手は、今日はスタメン出場。 ボールの持ち方が良いのと、縦へのスピードがあります。 得点することができませんでした。

もっと

本田圭佑ボタフォゴ、リオ州選手権も中断 コロナ禍

背番号7番のルアン選手は、今日は出場しませんでした。 鋭い切り返しでかわそうとするも、GKに倒されPKを獲得した。 プレミア [11月23日 6:58]• 新型コロナウイルスによる混乱の中、フェイクニュースも散見。 期間はリオデジャネイロは当面15日間、サンパウロは無期限となっている。 セリエA [11月10日 10:42]• 本田がボタフォゴデビュー戦で初ゴールを決めた。 【本田、司令塔の役割果たす】 ブラジルのサッカー1部リーグ、ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑が15日、本拠地リオデジャネイロで行われた同州選手権のバングー戦でデビューし、PKで早速初ゴールをマークした。 終わりに. かつて鹿島アントラーズやセレッソ大阪を率いた経験豊富な指揮官は、元日本代表の創造性に賭けた。

もっと