独孤 家 系図。 独孤 (姓)

楊堅/文帝

ドラマでは、その一つひとつのプロットが丁寧に描かれている。 八男 独孤整(幽州刺史、平郷県侯) 女子 [ ]• 伽羅は、当時の女性としては珍しく政治にも関わり、楊堅も彼女の意見を重んじた。 そしてその後明帝も、宇文護(出た! 漢(前漢)は一旦は滅亡するが、紀元25年に劉秀(光武帝)が再興し、「後漢」として続いた。 翌年は再び高句麗遠征を敢行。 8;padding:10px;font-size:16px;position:fixed;bottom:0;left:0;right:0;display:flex;flex-direction:row;flex-wrap:wrap;transition:. そして戦闘にも戦法にも長ける陰麗華の男にも勝る大活躍も見所である。 、涼州刺史の宇文仲和が涼州を占拠して交代を受けつけなかったので、独孤信は命を受けて開府のらを率いてこれを討った。 2人をミックスすることによって、よりアイコニックなキャラクターを生み出すことに成功した。

もっと

独孤伽羅~皇后の願い~

科挙の創始 、をはじめて実施し、それまでのに代わる人材登用のルールとし、律令政治を支える官僚制度の前提とした。 has-brown-background-color::before,. 楊勇は寛大で温厚な性格だったが、少し女性にだらしないところがあって、色好みでもあり、多くの側室をかこった。 皇后に追尊されました。 若かりし頃の爽やかなイケメン姿はもちろん、皇帝になってからの威厳と色気溢れる魅力が絶賛の声を集めた! 二人は「王の女たち~もうひとつの項羽と劉邦~」「月下の恋歌」以来3度目の共演で、初の恋人役となった本作でも息ぴったり。 、六官が建てられると、に任ぜられた。 has-purple-background-color::before,. そして人だけではなく、国も救うのだ。

もっと

楊堅/文帝

四男 独孤蔵(義寧県侯)• 李昞も北周に仕え・安州総管になりました。 いずれも権臣(高氏、宇文氏)が実権を掌握し、皇帝が名義上の統治者でしかない王朝である。 has-watery-green-border-color. 独孤氏がいつ李昞(り・へい)と結婚したのかはわかりません。 has-black-border-color::before,. 独孤信は勝利に乗じて追撃し、城下で敵を降した。 wp-block-cover-image-text a:hover,. 最後に、二人の主人公の陰に隠れている過珊彤の悲劇も特筆に値する。 来週からは新しいテーマを探っていく。 btn-chevron-circle-right:before,. 中国の統一王朝、をおこした人物。

もっと

貞懿独孤皇后とは

その後、劉秀は見事に漢(後漢)を再興し、都を戦火に蹂躙された長安から洛陽に遷して皇帝になると、民間から陰麗華を召喚して自分の側室にした。 has-red-background-color::before,. 今回、日本初放送となるそのドラマをより楽しんでいただけるよう、その舞台である隋(ずい)という国の成り立ち、主人公の 独孤伽羅(どっこから)の夫である皇帝・ 楊堅(ようけん)についての豆知識をまとめてみた。 隋の文帝の統治 楊堅は北周静帝の禅譲を受けてに即位し、初代皇帝として604年まで在位した。 、がに入ると、爾朱栄は独孤信を先鋒とし、元顥と河北で戦ってこれを撃破した。 政略結婚の背後には、純粋な自分を利用しようとする過一族の思惑があり、皇后になって嫉妬が爆発すると、その負の気持ちが母や兄に利用されて、最終的には廃位され、一生を棒に振ってしまう。 要するに、 楊堅は、漢人化した鮮卑系軍人の出身といってよいであろう。 上記の劉玄による迫害や、ピンチを打破するための不本意な戦略結婚、劉秀が愛していない別の女性を皇后に立てざるを得ないといったことだけではなく、二人の恋路に多くの障碍が発生しており、全編を通して観るとかなり「やられっぱなし」感がある。

もっと

楊過

李家は北魏では皇后を出せる資格のある家とされ、北朝では名門でした。 has-key-color-background-color. それは未だかつて遊牧騎馬民族系である北朝の軍が長江を渡って攻めてきたことはない、という過去の事実があったからである。 宗室 [編集 ] 后妃 [編集 ]• 家族が迫害に遭った伽羅は復讐を決意し、楊堅はそんな彼女を守り抜き…。

もっと