武田 裕光。 韓国映画の撮影現場は「ご飯」が違う! 俳優、武田裕光インタビュー:朝日新聞GLOBE+

武田裕光、ラジオ「玄海灘に立つ虹」の新MCに抜擢…日本の人々に韓国を紹介する番組

第1話(2007年、テレビ東京)ウェイター役• 武田裕光は「以前からTAKUYAとは知り合いで、番組を1回から見守ってきた。 (C78) 『YUITAま』 (To LOVEる)• 放送は韓国で27日午後11時。 血液型 A型• 『OrangePocket -オレンジポケット-Ver1. (C91) 『マリタマ練習帳 』 レコラヴ 関連項目 [ ]• 「蓋虫」• (「」の )(2008年、フジテレビ系)メイド喫茶ホール係役• 血液型。 出演 映画• 舞台でも活躍している。 04 「保安官」でチョ・ジヌン(右から2人目)と共演する武田裕光(左から2人目)=よしもとエンタテインメントソウル提供 韓国映画でよく見る日本の俳優といえば、この人だ。 。 ドラマ・映画で活躍し、韓国映画や韓国ドラマにも出演するなど、世界的にも活躍。

もっと

武田裕光

(2006年、監督:)武田秀利役• ラジオが好きで、韓国でも日本のラジオを聴き続けているというだけあって、最初からこなれた進行だった。 飛龍炎昇(2007年、監督:勝山慎司)• (C80) 『まよタマ!』 (まよチキ! 体重62。 206」2005年11月シアターパレス第4回公演「蓋虫」2006年5月napartment第2回公演「UNBORN」2007年1月COMEDY TORAIN2号公演「オープンTHE Show」2008年4月. 人物・特徴 [ ]• 「『武田君も音楽やりなよ』って言われて、その気でギターも買ったんですけどね」。 ラブホ! (C91) 『マイタマ』 無彩限のファントム・ワールド• 2015年の釜山国際映画祭ではキム・ギドク監督「STOP」出演者としてレッドカーペットを歩いた。

もっと

武田裕光、ラジオ「玄海灘に立つ虹」の新MCに抜擢…日本の人々に韓国を紹介する番組

武田は今年1月から、KBS WORLD Radioの日本語番組「玄界灘に立つ虹」でパーソナリティーを務めている。 ジャガー THE MOVIE』スペツナズ役やWOWOWドラマ「てやんでいbaby」などに出演する俳優。 略歴 映画『ピューと吹く! 人物・特徴 [編集 ]• やはり一緒にご飯を食べているうちに親しくなったようだ。 「隊長キム・チャンス」で日本領事役を演じる武田裕光(左)。 そんな元気な姿しか記憶にない大杉が2018年、突然亡くなった。 (C69) 『マモタマ 2』 (アイシールド21)• (2009年、韓国、監督:キム・ヨンギュン)浪人役• 第2話(2017年、)瀬川隆也役• 206」• ありえなさ過ぎる女 〜被告人よしえ〜 (2018年、監督:北村誠之)市川貴志役 ドラマ [編集 ]• 『愛欲の戦士 ラブリーナイツ・ユリカ』(コミックアンリアルVol. () - 土曜日:ADORIBU武道会(不定期)• 「チョ・ジヌンさんはお酒をよく飲むんですけど、二日酔いで現場に来ても、撮影が始まるとすごい集中力を発揮する。 YOUR SOUND(2008年度ショートショートフィルムフェスティバル、オーディエンスアワード受賞作品、監督:奥田寛)• もともと映画好きで、イ・チャンドン、パク・チャヌク、ポン・ジュノ、キム・ギドクら韓国の監督の作品に魅了され、「あそこ(韓国映画)に入りたい」と思うようになったという。

もっと

【武田裕光】プロフィール(年齢・身長・映画・ドラマ)

(2007年、日本テレビ系)憲兵役• 二日酔いも演技だったのかなと思うぐらい」と笑う。 (2008年、監督:) 役• 第34話(2016年、)• (C85) 『ながたま練習帳』 (艦隊これくしょん-艦これ-)• 作品リスト [ ] 一般 [ ]• 『シスターブリーダー ~大宮家 姉 の悩み事~』(コミックゼロス 14 2014年02月号)• 韓国映画で活躍する俳優、武田裕光=よしもとエンタテインメントソウル提供 特に2017年に韓国で公開された映画「隊長キム・チャンス」では、かなり存在感のある役だった。 () - 土曜日:ADORIBU武道会(不定期)• この作品が「最も印象に残る作品」と話し、出演シーンが多かった分、「監督とも俳優とも芝居の話がたくさんできた」と言う。 10』(原画・キャラクターデザイン)(発売元:HOOK 2006年9月29日発売)• (C75) 『こんたま ぷらす』 (かのこん)• (C89) 『マナタマプラス3』 (ラブプラス)• ,LTD) <撮影>小宮山充 <照明>泉谷しげる <録音>益子宏明 <美術>中澤修平 <記録>押田智子 <メイク>佐藤真由美(グラウクス) <スタイリスト>明里菜子 <編集>奥田寛、大橋一明、二宮崇 <DM>佐藤英樹、三上英樹 <アニメーション・CG>TANGE FILMS <MA>塚本啓介 <音響効果>勝俣まさとし <テクニカルプロデュース>稲村浩、二田亜紀、稲村剛義 <制作進行>厨子哲也 <撮影助手>瀬間仁美 <照明助手>照屋貴史 <美術助手>佐藤美頼、松森惟紗 <スタイリスト助手>稲田梨沙 <広報>加藤麻衣子、石田卓子、野口三和子、吉田奈央(フジテレビ) <ホームページ>岡田暢行(フジランド) <協力>ホテルファミー、オムニバス・ジャパン、TFCプラス、日本照明、イメホリ <助監督>布江剛士 <アシスタントプロデューサー>大沼知朗、小倉文 <プロデューサー>是近敦之、村本陽介(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、山守文雄(TSUKURU) <プロデュース>鹿内植、田淵麻子(フジテレビ) <監督>奥田寛 <制作プロダクション>TSUKURU <制作協力>吉本興業 <制作著作>フジテレビジョン <ラブホ川柳>ローションは ドレッシングじゃ ありません らぶゾンビ!Feat. 高校時代に自作のホームページにCGを載せていたところ、イトセキミナトに認められて「」(後のブランド「HOOK」の前身)に参加。 『雨あがりの猫たちへ』(原画・キャラクターデザイン)(発売元: 2001年6月15日発売)• 『絶対!絶対! 左から武田裕光、キム・ギドク監督=よしもとエンタテインメントソウル提供 共演の思い出といえば、「隻眼の虎」(2015)では、大杉漣とも共演した。

もっと

武田 裕光|日本タレント名鑑

は、、、、(プラモデル 、、。 「炎のように、蝶のように」でも、主演のチョ・スンウが、武田に「本当に日本から来たの?本当に日本人?」と話しかけたという。 (C73) 『SAKITAMA サキタマ』 (アルカナハート)• 映画の背景は1890年代、 朝鮮の王妃、閔姫(ミンビ)暗殺の敵討ちとして日本人を殺したキム・チャンス(チョ・ジヌン)は死刑判決を受け、投獄される。 「日本ではなかなかトップスターが端役に声かけませんよね」。

もっと

武田 裕光|日本タレント名鑑

ニックネーム 山名裕光• (2014年、韓国、監督:)主演 カズ役• 飛龍炎昇(2007年、監督:)• (2004年、監督:) 平野役• (2008年、監督:) 役• 「オープン・The・Show」 劇団・たいしゅう小説家企画ユニット COMEDY TRAIN 2号• 『シスターブリーダー ~大宮家 姉妹 のハカリゴト~』(書き下ろし) 単行本未収録作品 [ ]• 体重62。

もっと

ラブホ! 第2話「誘拐犯」 武田裕光・藤本沙紀

『3M彼女』(コミックメガストア 2009年6月号)• 『』(富士見書房、2007年~2020年) その他 [ ]• 武田裕光の出演映画 2017年 「ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~」 2015年 「アイアムアヒーロー」 武田裕光の出演ドラマやテレビ出演情報 2008年 「てやんでいBaby」 今田タケオ役で出演 武田裕光の関連ニュース• (C86) 『エリタマ!』 (ラブライブ! 実家がお寺である。 実家がお寺である。 「日本はお弁当で、各自が空き時間に済ませる感じ。 特技は殺陣、居合道。 (C77) 『ドリタマM』 (DREAM C CLUB)• 「3ヶ月いれば、映画の現場も見られるんじゃないかと思った」。

もっと

武田 裕光(俳優)のプロフィール/関連ランキング

「オープン・The・Show」 劇団・たいしゅう小説家企画ユニット COMEDY TRAIN 2号• 『Doppler Lesson』(コミックメガストア 2008年10月号)• 『Paddy Bird』(コミックホットミルク 2009年10月号)• 日本で俳優として舞台を中心にドラマや映画にも出演していた武田が、最初に韓国を訪れたのは2006年。 実際よりも20歳ほど年上の役。 (2007年、監督:)• 出演 [ ] 映画 [ ]• 「『是近敦之企画』幕ヲ引カセヌハ紫煙二燻ル己ノ聖痕」 テレビ [ ]• 主な出演作は、WOWOW『てやんでぃBaby』、日本テレビ『私は貝になりたい』、映画『ヘアスタイル~マッシュルーム』『アイアムアヒーロー』『暗殺』『鳴梁~渦巻く海』『アウトレイジ コーダ最終章』など多数。 外部リンク [ ]• 最終更新: 2020年7月20日 17:38• 血液型。

もっと

ラブホ! 第2話「誘拐犯」 武田裕光・藤本沙紀

2007年に3ヶ月間・に。 は、、、、(プラモデル 、、。 (C84) 『ストタマ』 (IS 〈インフィニット・ストラトス〉)• きょうはTAKUYAの仕返しに来た」と張玉安を挑発した。 (C77) 『ドリタマR』 (DREAM C CLUB)• 『蕾ヒラクハ紅ノ花』(コミックメガストア 2010年2月号)• きょうが過ぎれば会うことはないだろう」と受け返し、周囲の笑いを誘った。 (2009年、日韓合作、監督:キム・テシク)ベース役• すると張玉安は、「正直、あまり気にしていない。 職業・ジャンル 役者・俳優• (C88) 『れいたま』 (響け!ユーフォニアム)• RUN SEOUL RUN(2014年、韓国、監督:小鹿敬司)主演 カズ役• 来歴 [ ] 主に発行の「」にて作品を発表。

もっと