肝 に 命じる。 正しいのは「肝に銘ずる」?「肝に命ずる」?

肝に命じる

いっぽう「銘じる(めいじる)」は しっかりと刻み込むという意味です。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 これもまた、相手がしたことを絶対に忘れないからねという意味になり、それもかなりの重要度の高いものになります。 どうしてわざわざ「肝」なのかも理解できなかったんですよね。 「肝が煎れる」とも使います。 また上司からの言葉などで学びがあった際にも肝に銘じることがあります。 何気なくいつも見てしまう人がいる場合などは、好意があると勘違いされてしまうこともあるので、注意が必要です。

もっと

正しいのは「肝に銘ずる」?「肝に命ずる」?

「胆」も「肝臓」のことを表します。 逆に忘れてはならないこともあり、記憶力に関係なく、心に刻みつけられるでしょう。 まあ「自分に言い聞かせる」なんて言い回しもあるので 「肝に命じる」が必ずしもおかしいとは言えないかもしれませんが、 上記の「銘じる」とはちょっと意味が違ってきますし辞書にも載ってないです。 所属している集団や団体などに与えるダメージは大きく、場合によっては、団体の存続を断念しなくてはいけない事態にも発展するのです。 肝には内臓の意味も在りますが、現実では脳以外の臓器で物事を記憶する事はできません。

もっと

「肝に銘じる」の意味と使い方・例文・類語・語源|命じる

読み方「きもにめいじる」 あなたは「肝に銘じる」という言葉をどのように読みますか?言葉で発言したことがある人であれば、簡単に読むことができるでしょう。 しかし、同じ失敗が許されないのはビジネスシーンでは当然のことです。 でも、これはあくまで私個人の語感。 これは「私はあなたがしたことを肝に銘じている」ということができますね。 「留意する」は敬語の場合に適した類語 「肝に銘じる」は、一般的には上司や取引先など目上の人に対しては使わない言葉です。

もっと

正しいのは「肝に銘ずる」?「肝に命ずる」?

「肝に刻む」という言葉はない 「肝に刻む」という慣用句はありません。

もっと

「肝に銘じる」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

なので「肝に銘じる」だと 体の大切な部分にしっかりと刻み込んで ぜったいに忘れないようにするということになります。 その上に、紙や布などをはります。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 A ベストアンサー ご質問にあるケースでは、個人については、ないと思います。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 自分自身で使う場合には、相手から言われたことを「自分は忘れない」と相手に対して宣言する言葉となります。

もっと

「肝に銘じる」の意味や使い方は?類語や例文10選

「肝に銘じる」の意味の韓国語は「가슴에새기다」 韓国にも「肝に銘じる」と同じ意味の言葉「가슴에새기다」があります。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 「肝に銘じる」の語源は肝臓 「肝に銘じる」の「肝」とは臓器の肝臓を指します。 「肝に銘じる」の「銘じる」も「刻み込む」の意味を持っており、「肝に銘じる」「骨に刻む」「心に刻む」のいずれも「強く刻み込んで忘れないようにする」の同じ意味を持ちます。

もっと

肝に銘じるの意味は?ビジネスでの使い方や同じ意味で使える言葉を解説

A ベストアンサー ハリボテ、最近見ませんからねえ。 また、「肝に銘じる」という言葉で例文をいいかえてみると…「私はあの人との恋愛経験を肝に銘じた」ということができます。 助言をしてもらったりすると、それを活かしておこう!活かしていきたい!と誰もが感じるものです。

もっと

【命じる】と【命ずる】の意味の違いと使い方の例文

「銘じる」は「金属や鉱物に刃物などで刻みつける」という意味です。 1.強く思い、わすれないようにする まずは「肝に銘じる」という言葉の意味を少しずつおさらいしながら、進めていきましょうね。 例えば、「私はあの人との恋愛経験を心に刻んだ」なんて使いますね。 肝に銘じるの類義語 あなたは「肝に銘じる」という言葉を理解することができたでしょうか? なかには、まだまだその言葉の意味が分からない!という人もいるでしょうし、もっと理解を深めておいて「肝を銘じる」という言葉を使うときにいやな思いをしたくない、自信をもってこの言葉を使いたい!と考えている人もおられるかと思います。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。

もっと