りら いあ デジタル。 りらいあデジタル、チャットボットとオペレーターがシームレスに連携 『Virtual Agent Live』をリリース

会社概要・沿革

タイムテーブル• 上新電機の全店舗でLINE通知メッセージを活用した「りらいあ先回りサポート」サービスを開始 種類 ビジネスカテゴリ キーワード• エクスペリエンス、体験は思い出。

もっと

会社概要・沿革

今、デジタルマーケティング、デジタルツールというのは、それをサポートするために、広範囲に用いられるべき必要条件だが十分条件ではない。 井上氏はこのケースを紐解き、企業とお客さまの間に、良い"思い出"がつくられたことがブランドに対するロイヤリティ向上につながり、これこそ共創と呼べるのでは、と指摘。 家電製品、情報通信機器、エンターテインメント商品及び住宅設備機器とこれらに関連する商品の販売を行っており、2020年3月末時点で全国に239店舗を展開しています。 こうしたコンタクトセンターからの要請の中、チャットボットとオペレーターの対応を密に連携させたシステムや導入コンサルティングサービスを提供する必要があると考え、この度の製品リリースにいたりました。

もっと

上新電機の全店舗でLINE通知メッセージを活用した「りらいあ先回りサポート」サービスを開始|りらいあコミュニケーションズ株式会社のプレスリリース

「りらいあ先回りサポート」サービスは、LINE通知メッセージやSMSを活用し、お客様にとって必要性の高い情報を適切なタイミングでお知らせすることで、お客様に問合せなどの手間をおかけしないサービスです。 沿革 <1987年> 三井物産株式会社を中核とし、計12社の出資を得て設立 <1994年> 本社、渋谷区代々木に移転 <1998年> 株式店頭公開 <1999年> マーケティングサイエンス研究所を新設 人材採用および教育研修部門においてISO9001を取得 <2000年> 東京証券取引所市場第二部に上場 <2002年> 東京証券取引所市場第一部へ指定変更(上場) <2003年> 日本テレコムマックス株式会社(現・株式会社マックスコム)の全株式を取得 情報管理担当役員 チーフ・プライバシー・オフィサー を任命 「BS7799」および「ISMS認定基準の認証」を本社ビルのテレマーケティング業務において取得 「プライバシーマーク」の認証を取得 <2006年> FC東京のスポンサード開始 <2007年> 株式会社アイヴィジット(100%子会社)設立 <2008年> 株式会社エニーの全株式を取得 タイ王国のテレマーケティング会社であるMOCAP Limitedに三井物産株式会社とともに出資 <2009年> ベトナム社会主義共和国において、三井物産 株 並びに 現地パートナーとともにテレマーケティング会社、MOCAP Vietnam Joint Stock Companyを設立 <2010年> 株式会社ウィテラスの全株式を取得 <2011年> 株式会社エル・ティー・エスと業務・資本提携 本社事務所を小田急サザンタワーに移転(登記上本店所在地の変更はなし) <2012年> 中国・大連におけるBPO(バックオフィス)サービスを開始 株式会社サイバー・コミュニケーションズとデジタルマーケティング領域で事業提携 <2013年> 関連会社MOCAPベトナムの第三者割当増資を引き受け 同時に 関連会社MOCAPベトナムは英国ハーヴィーナッシュ・グループと提携し、グローバルBPO受託体制を強化 <2015年> 『りらいあコミュニケーションズ(株)』へ社名変更 <2016年> 株式会社電通とデジタルマーケティング領域を中心とした運用型広告のオペレーション業務に特化した株式会社 電通オペレーション・パートナーズを共同出資により設立 フィリピンにてCRMサービスを提供しているSPi CRM, Inc. 会社の注目のストーリー. 株式会社ヤプリ カスタマーサクセス本部 カスタマーサクセス部 部長 市川 昌志さん テーマ:アプリでのUX改善を加速する、ヤプリのカスタマーサクセス AppleにてBtoBtoC営業を経て、ブレインパッドにてデジタルマーケティングのソリューション営業。 井上氏は「マーケティングを、会社の中の1ファンクションと考えるには無理がある。 その結果、必然的にデジタルシフトに取り組んでいます。 Java , PHPや Ruby Rails などのWEBアプリケーションフレームワークを使用して、主にサーバーサイド開発を行ってきました。 コンタクトセンターの受託サービスを本業とする同社はこれまで「もしもしホットライン」という社名であったが、業務領域が拡大し、コンタクトセンターに限らず、ウェブや対面営業など多様な顧客接点を支援するようになったことから、2015年10月に社名を変更した。

もっと

りらいあデジタル、チャットボットとオペレーターがシームレスに連携 『Virtual Agent Live』をリリース

・スクラムによるチーム開発を行っているため、嬉しいこともそうでないことも、チームで共有することによる充実感があります。 思い出をどのようにつくっていくのかが、次のイノベーションなのでは」と新たな視座を示した。 小学校よりピアニストを目指し、高校までひたすら音楽の道を突き進む。 また、修理についてご検討の後、24時間いつでもご回答いただけるようになりました。 20:20-20:45 25分 Sli. 昨今、我々と同じようなサービスを提供する企業が増え、コモディティ化するとともに、国内の労働人口の減少やデジタル技術の進展により、従来のこのビジネスモデルが大きく崩れつつあります。 顔出しNGの方は当日、りらいあデジタルの齋藤までご連絡いただけますと幸いです。

もっと