チャイナ ウイルス。 新型コロナウイルス蔓延 中国の卑劣な対応【チャイナ・アンセンサード】

ノーベル賞博士が断言!コロナは“武漢発”人工ウイルス

その根拠は、中国共産党の公式軍事ポータルサイト「西陸網」が、武漢の肺炎を引き起こす新型コロナウイルスが人工的に合成されたものであることを認めており、コウモリウイルスによる自然突然変異は不可能だと主張していることだ。 今回のチャイナウイルス事件で世界は様変わりするのではないかと考える。 EMAIL info epochtimes. 中国の工場稼働再開、閉鎖継続のいずれも相場にマイナス• この戦争は国賊である中国共産党と14億人の中国国民の戦争だ。 でも支援物資を運ぶのに飛行機が必要だ チャーター機を入れて日本人を帰国させたい。 3月24日、中国の「環球時報」の報道によれば、中国・雲南省の男性が長距離バスで移動中に体調に異変を感じ、そのまま急死したというのだ。

もっと

チャイナ・ウイルス特集│創業者 大西秀憲のコラム『夢のつれづれに』

香港大学公共衛生学院でウイルス学と免疫学を専門にするヤン博士は、4月28日にキャセイパシフィック航空のフライトに搭乗し香港から米国へ脱出した。 一方、「日本会議」を悪魔化し忌み嫌う左派勢や、暇にあかせて「安倍下ろし」に余念のない野党、朝日新聞からは、この習国賓招聘にほとんど異論の声なし(あっても形だけ)。 さらに彼女は次のように語っている: チャイナ政府は、香港の専門家を含む海外の専門家たちがチャイナ国内で調査を行うことを拒否していた。 だが、我々はマスクをする必要がある」とヤン博士に告げたという。

もっと

中国共産党は武漢肺炎ウイルスが人工合成であることを認めた

しかしながら、チャイナ本土の家族が人質に取られているので、拒否は不可能だったと察します。 やりたい放題やってきたツケを払う必要がある」(同氏) 日本もいずれ大きな選択を迫られる。 アメリカは疾病予防管理センターの専門家を武漢に送ることを申し出ました。 マッサージ師の方など濃厚接触になりますから、商売あがったりではないでしょうか。 なかなかの見ものだね。

もっと

「武漢ウイルス」と中国を非難する人に知ってほしい日中秘史 数万人の日本人を救った中国女性

TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 日本の統治体制は政府という権力があるがその政府を承認する 天皇陛下という権威がありその 天皇陛下は国民を大御宝として慈しんでいる。 藤井厳喜氏が指摘するように、患者は治療も施されずに放置されている感じがします。 アメリカ:武漢帰還者を乗せた機内。 石平氏は「日中関係は良好かもしれないが、ここで中国の肩を持てば、世界中から戦犯国扱いされるよ」と警鐘を鳴らす。 それは 1月の初旬に中国当局が「何の心配もない」ふりをしていた頃のこと。 チャイナに対する出入国規制の強化• (チャイナの)CDC職員たちも恐怖を抱いていた」とヤン博士は語った。 米中の分離がさらに加速• 市民が知れば、強く反発するだろうし、政敵も7人がいない間にクーデターを起こす可能性がある。

もっと

中国雲南省で新たな殺人ウイルスが! 「致死率50%」「24時間以内に死ぬ」

チャイナとの相互依存が大きくなりすぎたため、世界中の経済がストップしてしまった。 今後チャイナは世界のサプライチェーンから外されることになると思う。 これまで日本では517人が感染し、70人が死亡。

もっと

新型コロナウィルスは『日本人大量虐殺』のための生物兵器!?武漢P4現役研 究員の実名告発《後編》

そして私たちは消されてしまう」とヤン博士は語った。 (*Gabのアプリのダウンロード方法については。 いま、中共の暴力を糾弾しなければ、ナチスがユダヤ人にそうしたように、われわれも生命と財産を中共に奪われるでしょう。 1である。

もっと

チャイナ・ウイルス特集│創業者 大西秀憲のコラム『夢のつれづれに』

そして日本の漁船を追いかけまわしたり、追っ払ったり、やりたい放題である。 同氏は7日、すでに北京市を離れたとの憶測が出ている。 このため、Bチームの高官らが北京から退避したとの憶測もあった。 時事評論家の鍾原氏は大紀元への寄稿で、党中央政治局常務委員の7人は北京市を離れて退避した可能性があると指摘した。 モンタニエ博士とタッグを組んだ数学者ジャン・クロード・ペレズ氏も「これは時計職人が行うような精密なもので、自然に存在することはあり得ない」としている。 日本のチャイナとの関わり方 チャイナ経済が壊滅的に陥る根拠となる報道 詳しくは藤井氏の動画を視聴していただくとして、ここでは私がネット上で見つけた情報や画像をご紹介したいと思います。

もっと

中国雲南省で新たな殺人ウイルスが! 「致死率50%」「24時間以内に死ぬ」

チャイナ・ウイルス特集 【本当は書きたくなかったが、余りにも酷いので、やはり書いてしまった】 それにしても「何と云う厚顔無恥か!」 自分の非を人のせいにし、しかも甚大な被害を与えたのに世界は感謝せよ!という。 また、「西陸網」は1月22日に邱崇畏という人物の文章「武漢新型肺炎は米国の生物戦の匂いがする」を掲載した。

もっと