成年 後見 制度 手続き。 成年後見人の手続き【完全版】必要書類の準備から申立てまで徹底解説

成年後見人の手続き【完全版】必要書類の準備から申立てまで徹底解説

家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人)は本人のため、必要に応じて本人の代わりに売買契約や介護サービス契約などの法律行為をしたり、本人が自分で法律行為を行うときに同意を与えたりすることによって、本人を支援します。 (記事は2020年8月1日現在の情報に基づきます)• 選任される保護者は、対象となる本人の判断能力の程度によって、 「後見人」「保佐人」「補助人」のいずれかとなります。 独身の方や、お願いできる家族や親族がいないケースであれば、弁護士などの専門家にお願いするケースが多いです。 あくまでも資格があるかどうかは前提条件で、資格があれば後見人として選ばれる訳ではありません。 ですから、成年後見人の業務について、申立て時にしっかりと理解しておくようにしましょう。 (4)成年後見制度の手続きの流れ(任意後見の場合) 任意後見の場合、成年後見制度の手続きの流れは、下記となります。 ・成年後見・保佐・補助の申立ての取下げをするには,家庭裁判所の許可が必要になります。

もっと

「成年後見制度」を徹底解説 「できること」と「できないこと」、手続きと意外にかかるコスト | マネーの達人

もちろん専門職後見人による不正もありますが、その件数は親族後見人が圧倒的に多くなっています。 印鑑登録証明書• 2.成年後見制度の申し立てに必要な書類とは? 標準的な必要書類の一覧です。 成年後見制度(法定後見)利用の証明(成年後見登記) 法務局に対し、成年後見制度(法定後見)を利用したことと支援する人(成年後見人・保佐人・補助人)の権限内容が登記されます。 また分からない点は後見センターに直接問い合わせもできます。 手続きの大まかな流れを理解して、自分で進められるかを考えましょう。 1章 成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度がある 成年後見制度には以下の2つのタイプがあります。 裁判官が必要と判断した場合は、親族への意向照会は行われます。

もっと

制度の概要手続きの流れ(成年後見・保佐・補助)

通常、鑑定は本人の主治医へ依頼されますが、事情によっては、主治医以外の医師へ依頼されることもあります。 法務局に登記されることで、任意後見契約の内容(任意後見受任者の氏名や代理権限の範囲など)を公的に証明することができます。

もっと

成年後見人制度の必要な手続きは何?初心者でも分かりやすく手順を解説!

家族や司法書士などが選ばれることが多いのですが、法律上、本人との関係性や特別な資格などはは必要とされていません。 法定後見制度と、任意後見制度は、手続きや権利などに違いはありますが、大きな違いは下記の点です。 このような 判断能力 はんだんのうりょく の不十分な方々を保護し,支援するのが 成年後見制度 せいねんこうけんせいど です。 管理する財産の額によって月額の目安が決まっています。 任意後見監督人とは、判断能力が低下・喪失している本人に代わって、任意後見人となった人が契約どおり適切に後見事務を行っているか監督する人で、家庭裁判所が職権で選任します。 ただし、実際に鑑定まで行われるのは、 申立て全体の7%程です。

もっと

手続きと費用「手続きの流れと必要書類」

実際に、後見人となっている最も多い専門家は司法書士となっています。 ・すべての方に該当する資料 健康状態がわかる資料 介護保険認定書、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者手帳など本人の要介護度や状態がわかる書類 収入に関する資料 年金額決定通知書、確定申告書、給与明細など収入がわかる書類 支出に関する資料 納税通知書、国民健康保険料や介護保険料の決定通知書、そのほか家賃・施設利用費・医療費などの領収書等で支出がわかる書類 ・本人の資産・負債に応じて必要となる資料 不動産に関する資料 本人が保有する不動産の全部事項証明書、固定資産評価証明書または固定資産税納税通知書 預貯金、株式等に関する資料 通帳または預金残高証明書、株式の預かり証や残高報告書等 生命保険、損害保険等に関する資料 保険内容がわかる保険証書など 遺産に関する資料 本人が相続人となっている場合の遺産について内容がわかるもの 負債に関する資料 借金の契約書、返済明細書、請求書など負債内容がわかるもの 7 その他裁判所が必要とする書類等 申立てを行う家庭裁判所や、本人の状況の違いなどによって、必要となる書類が増える場合もありますので、指示にしたがってご準備ください。 成年後見制度(法定後見)の利用開始 家庭裁判所による調査と精神鑑定が終了し、家庭裁判所が成年後見制度の利用について問題ないとなれば成年後見制度(法定後見)の利用開始となります。

もっと

成年後見制度 手続きは? 「任意」と「法定」 身寄りない場合は市町村長が申し立ても 開始の可否、家裁が判断|【西日本新聞ニュース】

しかし、親族が法定後見人になる場合には、この報酬付与の申し立てをしない、つまり無償で成年後見人の役割を担っているケースがあります。 成年後見制度によって後見人となった人には、不正な契約を取り消す権限が与えられますが、なにより後見人がいるという事実自体が、ご本人を悪質商法や不利益契約などから守ることにもなります。

もっと

「司法書士」「弁護士」頼むのはどっち?

- 2019年4月28日• まずは任意後見の手続き全体の流れと手順を確認しておきましょう。 このことから、申請しても、時間が必要であることが分かります。 介護・医療に特化した情報を提供するWebメディアです。 申立をする裁判所は、本人が居住する管轄にある家庭裁判所になります。

もっと