譜代 大名。 榎本秋の「譜代大名126家」 カテゴリーの記事一覧

「外様大名」は「譜代大名」より「偉い」。。。。??

もちろん五大老の筆頭で内大臣という官位は最高ですが、有力大名は家康に臣従していたのではありません。 いつからそうなったかのご質問についてですが、これはなかなか難しい質問ですね。 大名という名称は昔からある言葉で、元は自国で力を誇示していたもののことを指していました。 その後、家康は敗者の領地を召し上げ、勝者には軍功に応じて加増および転封で報いた。

もっと

大名・旗本の家格

じゃあ何をしてるっていえば、もちろん自分の領地をしっかり治める、つまり外様と変わりません。

もっと

外様大名とは

大名縞 - 細かい縦縞模様。

もっと

譜代大名とは

。 ただし大名の対義語であるがその間に存在するため、この定義には曖昧な面がある。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 江戸時代,1万石以上の所領をもち,将軍と直接の主従関係にあった武士。

もっと

親藩・譜代大名・外様大名ってなんのこと? - 日本史用語集

諸藩は江戸にそれぞれ何箇所かを有し、江戸城に近い本邸である上屋敷、世継ぎや隠居した前大名が住む中屋敷、災害時の仮宅・倉庫・大庭園・接待所といった機能を担う都心から離れた下屋敷が設けられた。 以後の譜代 - 、• trigger "ajaxComplete",[v,k] ,--m. 家康の異父弟の家系のも、親藩ではなく譜代大名(一門の格)である。 悠長な大名の中には秀頼公が元服までは天下のことは徳川内府殿がお勤めになると考えていたものもいました。 徳川系大名は徳川氏の一門、家臣から近世大名に取り立てられたもの。 そのなかでもっとも多かった大名は5万石以下の譜代大名である。

もっと

大名・旗本の家格

そして、譜代大名は関ヶ原の戦い以前から、徳川家臣だった武士です。 (、)のようにが加増されて大名となった場合や、陪臣出身の・・・・のように、幕府によって新たに取り立てられ大名になった場合は1の定義にあてはまり、譜代大名となる。 1、6万5000石以上は要衝に配置 2、6万5000石未満の旧領(5カ国)復帰 3、その他(つまりは6万5000石未満で関東残留組) なぜ、6万5000石かといえば、ちょうどそこが区分できる境界線だというだけで、6万5000という数字自体には大きな意味がない。

もっと

榎本秋の「譜代大名126家」 カテゴリーの記事一覧

世襲的な主従関係をもつ家臣を譜代といい、鎌倉時代以降武士の間で発生した。 仮に親藩自体は幕府に恭順の姿勢を保っていた場合でも、幕府に不満を持つ大名たちに担ぎ込まれる形でいつのまにか反幕府の勢力が芽生えていたということもあり得たのです。 … 【自分仕置令】より …1697年 元禄10 江戸幕府が諸大名に公布した法令で,大名が刑罰権を行使しうる範囲について規定したもの。 江戸幕府にとって一番の牽制の対象は実は親藩でした。

もっと