ベトナム 入国 制限。 タイ、ベトナム、台湾の観光再開、入国制限解除時期について│インベストラベラーK2のブログ

ベトナムに入国はできるのか?!【入国制限まとめ】│TAVILOG〜逆立ち旅ブロガー〜

内容のチェックにはビデオテープ等を預ける必要があるので、紛失、没収等の危険を考え、必要な物以外持ち込まないほうが無難です。 (1)対象国・地域 原則全世界の国・地域からの帰国・再入国の際にご利用いただくことが可能です。 ベトナム、タイ両国との間では、30日から査証(ビザ)の発給を開始する。 出国前72時間以内に新型コロナウイルスの検査を行って陰性証明書を取得することや、入国後14日間は自宅などで待機し、「接触確認アプリ」を導入することなどを条件としている。 ただし、入国時に14日間の隔離措置も適応されるようですので、短期出張などはまだ先の話になりそうです。

もっと

短期出張者、14日間の隔離措置免除の方針、ただし、具体的な入国手続きは現時点で未定(ベトナム)

(4)上記のとおり、乗客は、出入国の際、保健省が発行した新型コロナウイルス予防措置に従わなくてはならない。 日本からインドネシアへの措置については、レベル3の「渡航中止勧告」が出ています。 この点は、ベトナムでの滞在期間が14日間を超える場合(上記3.(5))と異なりますのでご注意ください。 )、 ウ 入国前のPCR検査等の受検と陰性証明書の取得、 エ オンラインでの医療申告、 オ 入国後、合計14日間の隔離(14日以内の短期滞在の場合には、滞在期間中の隔離)、 カ その間(上記オ)の所定の回数のPCR検査等、 が必要です。 4月3日から、過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否となっています。 これらの国・地域においては、以下の情報いかんにかかわらず、同勧告を踏まえて行動してください。

もっと

◆ベトナム入国:特別便◆12月+2021年1月:在ベトナム大使館

求められる検査・様式については、上記のとおり、当該対象国・地域が定める手続に従う必要があります。

もっと

11月1日から中国台湾韓国シンガポールベトナムなど12か国渡航中止勧告解除

ベトナムでの2週間の隔離は自費で行っていただくとのことで、帰国もスタートしました。

もっと

【4月23日更新】新型コロナで日本人はベトナムに入国できない!? 旅行キャンセルしたくない方へ【現地の最新情報を更新中】

なお、通報済みの医療機関は、経済産業省のホームページ「TeCOT(Testing Centre for Overseas Travelers)」に掲載の医療機関と同一です。 ・ 永住者,日本人の配偶者等,永住者の配偶者等又は定住者の在留資格を有する外国人(これらの在留資格を有さない日本人の配偶者又は日本人の子を含む)が再入国する場合は,。

もっと