アナ 雪 ステマ 漫画。 アナ雪2がステマ疑惑で炎上、ツイッターのPR漫画が物議。ディズニーは意図的行為は否定も…

アナ雪2にステマ騒動となった漫画家7人とは?Twitterで一斉投稿で炎上!ディズニーの対応は「ステマという認識はない」とコメント

またステマ漫画家一覧と、それに対する読者の反応を紹介します。 複数の電通社員は自社の関与を認めました。 もう漫画読みません。 最初からステマの確信犯だったということになると大問題ですから、 「確信犯ではない」という意味で「ステマとは認識してない」という趣旨のメディア対応をする気持ちは良く分かります。 感想の内容や公開日時について、広告会社から指示を受けたものではないかと指摘されている。

もっと

ディズニー、アナ雪2“ステマ疑惑”で謝罪 「感想を自由に表現してもらう企画だった」

— さゆぬ sayunu ウォルト・ディズニー・ジャパンはITメディアの問い合わせに対して当初「ステマであるという認識はない」、あくまで「コミュニケーションミス」によるものでありウェブサイト等で説明もしないと、12月5日付けでニュースリリース「」を公開。 なりますが、しかし一方で、「お詫び」の文言が「 予定しておりましたが、 関係者間でのコミュニケーションに行き届かない 部分が」 強調筆者 という、世界有数のメディア・コングロマリットが目下の最重要ブランドをみずから、消費者の信頼を裏切るかたちで毀損した深刻な危機に際して述べたとは思えない スーパーふわふわ表現であること、何よりも貧しい漫画描きであったウォルター・イライアス・ディズニーの創業になるディズニー社が、依頼したアーティスト自身に謝罪させているという異様な事態であることを思うと、このままレリゴーできる案件とはとても思えないのも確かです。 現状日本では、米国と異なりPR表記が不足していること単体では法的に罰せられることはありませんので、結果的に今回PR表記をせずに平気でマンガを投稿してしまったマンガ家のように、PR表記をしないリスクを軽視する人たちが若い世代を中心に量産されていくことになるわけです。 おそらくは過去のステマ騒動で最速で炎上した事例と言えるでしょう。

もっと

アナ雪2にステマ疑惑!漫画家が感想漫画を投稿し炎上!釈明文を掲載

観なきゃ!」とさも自発的に行ったかのように漫画に記載して実際は「試写会に 招待 されて行った」というのはあまりにも、、、。 意図して起きたものではない」とコメントした。 問題の漫画を公開した一部の漫画家らは4日午前、公開した漫画がPRであったことを謝罪するツイートを投稿。

もっと

アナ雪2にステマ疑惑!漫画家が感想漫画を投稿し炎上!釈明文を掲載

参考: マンガの投稿から1日足らずで炎上 まずは、今回の騒動を時系列でまとめておきましょう。 しばらく自粛して黙々と自分の漫画描けという事だと思うので、家にこもってひたむきに作業します。 この炎上に対し、7人のクリエーターが翌4日に謝罪文を投稿したが、謝罪内容がこれまた共通していたため、「誰かが指示して書かせたのだろう」と批判が増幅した。 — Yahoo! net Twitter上で複数の漫画家が ディズニー映画「アナと雪の女王2」を宣伝する漫画を一斉に投稿し、一部のユーザーからステルスマーケティングが疑われていた問題 (略) ウォルト・ディズニー・ジャパンは、複数のパートナー企業にアナと雪の女王2の広告、宣伝を依頼。 【アナ雪2ステマ? ディズニー・ジャパンは5日なって、公式ホームページで「『感想漫画企画』に関するお詫び」と題し、コミュニケーション不足で「#広告」のハッシュタグをつけ落したと謝罪した。 漫画家は漫画を読んでくれるファンが居てこそ成り立つもの。 試写会に招待されて描いたものだったと釈明している。

もっと

ディズニー、アナ雪2“ステマ疑惑”で謝罪 「感想を自由に表現してもらう企画だった」

ニュース YahooNewsTopics 既にヤフーニュースでも取り上げられていました。 参考: ごく個人的には、公開された Frozen 2の圧倒的な作品力に酔い、アーティストだけでなくシミュレーション技術のエンジニアチームまで並ぶ膨大なエンドクレジットをほとんど畏敬の念で見つめた直後だけに、作品も制作者全員をも貶めるような「結果的」ステマには暗澹とした気分になります。 意図して起きたものではない」と意図的にステマ行為をしたわけではないと回答したとのことです。 ただのうっかりやん…。

もっと