細谷 雄一。 細谷雄一

「沖縄の新聞に中国資金」 米シンクタンクのCSIS報告書に誤り 細谷雄一慶応大教授の発言引用

それを含めて戦争目的と強弁するならば、わざわざ「負けるために」開戦したということになる。 正確な数字は明らかではありませんが、世界全体の死者数は1700万人から5000万人とも推定され、第1次世界大戦の戦死者推定1600万人をはるかに上回ります。 ()『国際学入門』(、2004年)• スチュワート氏は「メディアを通した中国の影響力の最も重要なターゲットは恐らく沖縄だろう」と記述。 そのことをいち早く察知し、コロナ前からそのように動いてきたのが中国でした。 2000年4月から2年間、大学院法学部専任講師、2002年4月から2年間、専任講師を務めた後、2004年4月から法学部専任講師に就任。 結局のところ、自国民の生命と安全を守ることができるのは、自国の政府のみであろう。

もっと

細谷雄一の仕事場|web中公新書

細谷教授、 可及的速やかにお願いします! その後、ブッシュ(父)による「新世界秩序」構想、クリントンの「民主主義の共同体」構想を経ていく。 後日、報告書の「沖縄の新聞」「資金提供」の文言が削除された。

もっと

細谷雄一の仕事場|web中公新書

しかも単独の章ですらなく、巻末の Appendix 2 補遺二 の日本の項目のごく一部であり、ほとんどが領有権問題についてであり、こうした領有権を主張する活動家の拠点となっているのが 香港だ、と伝え、また、検索しても出てこないような、香港拠点の微小なサイト " Organizing Committee for the Ryukyus" を紹介してある。 著書 [ ] 単著 [ ]• 相手側の立場を理解するための歴史対話は可能であり必要でもあるが、歴史認識の共有となれば国家間はおろか国民間でさえ困難である。

もっと

慶応・細谷雄一教授のびっくり沖縄発言その ➁ ~ ネトウヨソースに関する細谷教授の「深刻な問題」

台湾のように、初期から徹底した感染拡大を抑制するための措置をとるほうが、より賢明であったのではないか。 その後、2006年4月に同大の助教授に、2010年9月に教授に昇任。 なにしろ、「原発事故はアンダーコントロール」から始まって、 最近では南スーダンで戦闘が起きて犠牲者が出ているというのに、 「安全だ」と繰り返して世論を誤誘導しまくっているからだ。 そしてその好例として細谷氏が挙げたのが英国のEU離脱の時に見られた虚偽の世論誘導だ。 コロナとの戦いと同時に、ポスト・コロナの世界でどのような地位を得て、どんな役割を果たすことができるのかという戦いも行われているのです。

もっと