備前焼 作家。 備前焼窯元・作家紹介

備前焼窯元・作家紹介

柴田好浩 1964年生まれ。 丁寧に作品を作り、一年に一回のペースで窯たきを行なっている。 職人の仕事に憧れ、陶芸の道を目指す。 水に浸してから使う 備前焼は吸水性もあり余分な油などを吸い込んでしまうこともあるため、料理などを盛り付ける前に水に浸しておけば油や臭い、汚れなどが付きにくくなります。 作品はひとつひとつじっくり時間をかけて作り、また作品が焼き上がった後の仕上げにも時間をかけている。 日本人には無い外国人ならではの感性による造形が魅力。 小橋順明 1976年 岡山市に生まれる。

もっと

備前焼がコロナ禍で打撃…名だたる作家の作品を備前市のふるさと納税返礼品に【岡山・備前市】

かがわ・ものづくり学校監事、丸亀アート倶楽部陶芸講師を務める。

もっと

備前焼の碗のお手入れ方法と使う際の注意点 様々な作家の作品を販売

それでも、温度だけでははかれない火止めのタイミングはドキドキする」。 同店美術部部長の武田一夫さんは「2017(平成29)年、備前を含む日本六古窯が日本遺産の認定を受けた。 やがて火止めの時を決断すると、その後8日ほどかけて窯の温度をゆっくりと常温に戻していき、窯出しの日を迎えます。 名だたる作家の作品が10月15日から備前市のふるさと納税の返礼品に加わりました。 一陽は、国立京都陶磁器試験場で学び、備前に帰り、陶進舎を結成して陶芸活動に入った人である。 13代目木村長十郎友敬の次男木村一陽が1947年に木村総本家興楽園から独立して一陽窯を創設した。

もっと

岡山天満屋で次世代備前焼作家20人の作品展 日替わりで作家の実演も

幼少より焼物の中で育ち、1962年から陶芸の道に入る。 急須は学生時代から特に力を入れているらしく、精巧な作り。 まとめ 今回はモダンな備前焼を作る作家さん・工房をいくつかご紹介していきました。 よく作るのは日常で使える食器類で、酒器、花器等もつくる。 (陶吉 尾仲忍さん) 「皆さんに備前焼の良さを知っていただきたい」 市は返礼品の追加に合わせてふるさと納税のポータルサイト、「ふるさとチョイス」に備前焼の特集ページを組み、PRする考えです。

もっと

フラクタルの森 備前焼 玄明

備前焼の碗や皿などの食器を取り扱う備前焼 陶吉は、様々な作家の作品が揃っています。 木村陶正園 陶正園はJR伊部駅前本通りの正面右角の伊部の中心地にある。 現代表の陶峰は、戦後中央大学法学部に学び、1962年に2代目に就任。

もっと