阪急 脱線。 阪急神戸本線 六甲駅付近で脱線事故の情報相次ぐ

阪急電車が脱線 神戸線で車と衝突、けが人なし

貨車の入れ替え作業は、電車が行き交うダイヤの隙間を使って行われていたが、時間にして5-6分しか余裕がなく最初から無理な作業であった。 阪急神戸線 六甲駅付近 乗っている電車が何かをはねた、隣の車両が真っ暗。

もっと

阪急脱線事故 運転再開 神戸線 夙川駅と新開地駅間の上下線

乗用車は大破したが、運転手の男性は車外にいて無事で、電車の乗客乗員約400人にもけが人はいないという。 乗客25名と運転士2名が負傷。 電車に乗っていた下校途中の児童・生徒ら31人が死亡し、乗員2人と乗客34人が重軽傷を負った。 ダンプカーの運転手や乗客ら22人が負傷。 上野方に急カーブがあり見通しが利かず運転士による発見が遅れたことが被害を拡大した。 また、当該踏切は既に廃止されている。 この事故を受け、名鉄はの導入を決定した。

もっと

阪急神戸線脱線事故 運輸安全委が調査開始|総合|神戸新聞NEXT

そして駅員は運行本部、警察、消防に連絡をした。 の消防車8台が現場に駆けつけ消火活動にあたるとともに救急車4台が駆けつけて怪我人を近隣の病院(浜田病院26名、富田病院23名、済生会病院10名、等)へピストン輸送した。 事故車となったDD54 2は修理され現役復帰したが、DD54形ディーゼル機関車のエンジン本体や液体変速機の故障が多発し、推進軸が折れる事故が多発した結果、1966年にDD54 1が落成したばかりにもかかわらず、1978年までに全車退役し廃車となった。 この事故で損傷した宇治山田方先頭車のモ10007は流線型の前頭形状をやめてに準じた貫通型で翌に復旧したが、4年後のには廃車された。 120 mほど走行し停車した。

もっと

阪急電車が脱線 神戸線で車と衝突、けが人なし

死者7人、負傷者101人を出す大惨事となった。 2020年11月23日20:25 23日19:51頃から、兵庫県神戸市灘区の阪急神戸本線六甲駅付近で脱線事故が発生したとの投稿が相次いでいます。 調査の結果、が原因だとされた。

もっと