生者必滅 会者定離。 会者定離【えしゃじょうり】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

必ず経験する生者必滅と会者定離

日本ではとして有名だが、本来は「生者必滅会者定離」でひとつの意味をなしている。 「会者定離」の言葉どおり彼とは別れることになってしまったが、これからも新天地で頑張ってもらいたい。 それが「常寂光土」です。

もっと

生者必滅、会者定離

一歩、勢いで後退すると止まらない。 家族のように可愛がっていた犬を亡くした私に、父は 生者必滅ということを教えてくれた。 あれがもしなかったら、今ごろこんなことには絶対なっていなかったのに」と悔やんでも悔やみきれない出会いもあるかもしれません。 『会者定離 ありとはかねて 聞きしかど 昨日今日とは 思わざりけり』 大切な人との別れはひょっとしたら今晩かもしれません。 『大般涅槃経 だいはつねはんぎょう 』寿命品 じゅみょうぼん の「一切諸世間 いっさいしょせけん 、生者皆帰死 しょうじゃかいきし 、寿命雖無量 じゅみょうすいむりょう 、要必当有尽 ようひつうじん 」(いかなる世にあっても、生あるものはかならず死滅する。

もっと

「会者定離」の意味と使い方とは?類語「一期一会」との関係も

「生者必滅」と「」に伴う苦痛が、自行化他のに変えられます。

もっと

会者定離

私がいつか滅したら、夫に会うことが叶うでしょうか? この果てしない宇宙で?あの世?とかも含めても。 「一期」とは一生涯のことで、「一会」とは、ただ一度きりの出会いのことです。 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。 どこかで自分の両親も降りていきます。 会った者とは必ず別れるという「会者定離」では別れにウエイトが置かれていますが、「一期一会」では出会いにウエイトが置かれている点で大きな違いがあります。

もっと

会者定離

すると随分遠くに泣き声を聞いた。 駅で乗り降りが繰り返され、最初に車両に乗っていた人はだいぶ降りていき、乗客の顔ぶれもずいぶん変わっていきます。 」 伝道者の書3章1,2節 死を最も身近に意識するのは家族や友人の葬儀の時ではないでしょうか。 「愛別離苦」は仏典の「大般涅槃経」にある「八苦」のひとつで、「愛するものと別れる苦しみ」という意味です。 「生者必滅会者定離(しょうじゃひつめつえしゃじょうり)」とは 「生者必滅会者定離」とは、 仏教用語の一つで「 生まれた者は必ず死に、出会った人とは必ず別れがくる」という意味です。 生者必滅ということは、この世に生きるもの全てが逃れることができないものだ。 The first breath is the beginning of death. あの時はあんなに好きになったり、嫌いになったり、葛藤したり、陰に陽に私の人生に影響を与えた人たちですが、今となっては、どこで何をしているのやら・・・ そう考えると、今、私の近くにいて、泣いたり、笑ったり、怒ったりしている人たちも、やがては「どうしてるかな」と、懐かしく思い出す人となっていくのでしょう。

もっと

生者必滅会者定離

また同窓会などで会えればいいのですが、一生涯、再会できずに終わる人が多いと思います。 好きな人ともしばらくの間。 薄汚れたポンチョか知らないが一枚布を体に巻き付けた風の少年の目は、私の手元の嬰児に釘付けであった。

もっと