夏 祭り 中止。 コロナで祭りのない夏 推定損失1兆8000億円の試算も

新型コロナウイルスで中止や延期になった祭り・花火(2020年)

夏の観光シーズンに祭りの中止で観光客の減少が売り上げに直結し、経営危機に陥る企業が出てくるだろう」と東北地方の商工団体職員が言う。 日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。 こうした状況について、関西大の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)は「国内では100万人規模の大きな祭りや花火大会が20程度、30万~50万人規模は150~200程度ある。 花火大会8割中止 夏の夜空を彩る花火大会への打撃も甚大だ。 ・宿泊施設の3割が廃業を検討 徳島経済研究所とNHK徳島放送局が共同で6月に実施した「阿波おどり中止による経済影響」調査によれば、阿波おどり中止による宿泊施設のキャンセルによる損失額は約2億450万円に及び、回答のあった徳島県東部エリアの宿泊施設64施設のうち、19件が「廃業を検討する可能性」があると回答し、「既に検討/廃業決定」の1件を加えると、約3割が廃業を検討していることが明らかになった。

もっと

お祭り中止で試される「地域のチカラ」【#コロナとどう暮らす】(中村智彦)

祭りや花火大会に照準を合わせて、準備をしてきた関係者の落胆は如何ばかりかと、思いをはせてしまいます。 その後も富士山の噴火や貞観大地震などの大災害が襲ったため、貞観11(869)年6月14日に、当時の国の数である66本の鉾を造り、祇園社(現在の八坂神社)から神泉苑に神輿を送る「祇園御霊会」を催し、災厄の除去を祈った。 ・これ以上借金を増やすよりも廃業 阿波おどりや東北五大祭りだけではなく、全国のほとんどの祭りが中止になっており、それらの経済に与える影響、つまりマイナスの経済波及効果は、1兆円から2兆円と専門家によって幅があるものの、かなりの衝撃が地方経済に及ぶことは間違いない。 七十七リサーチ&コンサルティングによれば、それぞれの祭り中止による観光客による消費の減少額は、青森県584億円、岩手県164億円、宮城県182億円、秋田県149億円、山形県185億円となり、合計で1264億円となるとしている。

もっと

新型コロナウイルスで中止や延期になった祭り・花火(2020年)

安全面を優先した」と苦渋の決断だったことを明かした。 先々を見通しての議論をすべきだ。 地域経済に与える影響を懸念する宮本氏は「地域観光は外国人が効果を高めており、これが戻らない限り厳しい状態が続くだろう」と話した。

もっと

夏祭りの中止、そして神社存続の危機

日本の夏祭りには「疫病退散」を起源とする祭りも多いそうですが、事実でしょうか。

もっと

“疫病退散”が起源の「夏祭り」、コロナで中止はやむを得ない?

「能登のキリコ祭り」は、9月以降の開催も含めば年間29カ所で行われる。 うちらも大変やけど、てきやさん(露天商)とかは商売あがったりやろうねえ。 例年は8月の第1週に開催されるが、この花火大会も中止が決定している。

もっと