支払 又は 支払 の 受領 に関する 報告 書。 FinTechと外為法

仕向送金取組結果照会/一覧

対外直接投資に係る証券の取得に関する報告書(報告省令様式第16、10億円以上の場合)• 企業は外為法の定める項目を、銀行を通じた国際送金の実務フローで一体的に行うことが出来ない。 居住者が非居住者との間で支払または支払の受領を行ったとき 上記取引を本邦にある銀行等を経由して行った場合には、通常銀行等から当該報告書の用紙が送られてくるため、それに必要事項を記載して、定められた期限内にその取引を行った銀行等に提出することになります。 漁業(水産動植物の採捕の事業)• [報告書印刷]ボタンをクリックすると、[報告者の情報]、[報告書へ記載する取引情報]の入力・表示内容を反映したPDFファイルが作成されます。 日本は国際通貨基金(IMF)に加盟しており、国際収支に関する情報を高い質での提供することが要請されています。

もっと

FinTechと外為法

「カレンダー」をクリックして選択することも可能です。 詳しくは「記入の手引」の「提出前の確認事項」をご覧ください。 対外直接投資に係る金銭の貸付契約に関する届出書(外為省令様式第17)• 報告年月日 報告書の提出日を入力します。 平成31年4月17日 財務省 本年4月27日から5月6日までの10連休への対応として 外国為替及び外国貿易法に基づく報告書の提出期限について一部猶予を設けます 「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」(平成30年法律第99号)の施行に伴い、本年4月27日(土)から5月6日(月)までが10連休となることを踏まえ、「外国為替及び外国貿易法」(昭和24年法律第228号)に基づく一部の報告書の提出期限について、報告者負担に鑑み、以下のとおり猶予を設ける省令改正を行います(改正省令公布日 本年4月17日、施行日 同月24日)。 支払等報告書の別紙様式第3(都度報告)及び第4(一括報告)について、オンライン報告の場合に限 り、提出期限を延長(都度報告:実行日から10日以内を20日以内に延長、一括報告:翌月10日までを 翌月20日までに延長) 支払等報告書の別紙様式第4(一括報告)について、オンライン報告の場合に限り、全ての取引先 銀行等の報告を1つのファイルで報告が可能 予め財務省に通知すれば、支払等報告書の別紙様式第4(一括報告)による書面報告が可能。 これは銀行に対して求められるものである。 報告を要するもの 上記の業種を除く以下の資本取引については、原則として対外直接投資を行った日または支払等を行った日のいずれか遅い日から20日以内に、a~cに記載の報告書いずれかを日本銀行経由で財務大臣に提出する必要があります。

もっと

Payment Report 貿易用語集

なお、対外直接投資の許可申請には、投資金額にかかわらず申請が必要です。

もっと

Payment Report 貿易用語集

対外直接投資に係る外国における支店等の設置・拡張に係る資金の支払に関する届出書(外為省令様式第18) [注]外為法における居住者とは主に、日本に商業登記をした法人または日本に住所を有する自然人(個人)と規定されています。 計算明細のPDFを出力する場合は、取引を選択したうえで「計算書(PDF)」をクリックします。 報告義務者は自主的な作成・提出を徹底しなければならない。 開閉ボタン• 報告義務者は支払又は支払の受領をした居住者となり、報告書は支払または支払の受領がなされた日から10日後までに支払又は支払いの受領を行った金融機関へ提出する。 許可を要するもの 資本取引のうち、「経済制裁措置及び許可手続」で対象とされる者との取引については、事前に財務大臣の許可を得る必要がある場合があります[外国為替及び外国貿易法(外為法)第21条、外国為替令(第11条)および財務省告示(1998年3月大蔵省告示第九十九号)]。 送金を行う際、送金目的、送金人及び受取人の氏名、名称、住所、本店所在地(国や地域)などの情報を的確に把握しておく事が重要である。

もっと