ビークル エナジー ジャパン。 日本の車載電池メーカーは世界市場で勝てるか

INCJ、マクセル、日立オートモティブシステムズの3社、日立ビークルエナジーへ共同出資

蓄電デバイスの革新的な成果として毎年、開発者らがノーベル化学賞の候補にノミネートされている。 車載用電池の開発はかなりハードルが高い。

もっと

日立ビークルエナジー株式会社への共同出資体制構築の完了 及び日立ビークルエナジー株式会社の商号変更・役員体制に関するお知らせ

(平成12年)3月 - がティーノハイブリッド向けハイブリッド自動車用リチウムイオン電池の実用化を発表。 車載用リチウムイオン電池事業の再編について INCJおよびマクセルとの共同出資体制に移行 株式会社日立製作所 執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立 は、本日、日立の100%子会社で車載用リチウムイオン電池事業を行う日立ビークルエナジー株式会社 取締役社長:西原 昭二/以下、日立ビークルエナジー の資本関係を再編し、株式会社INCJ 代表取締役会長:志賀 俊之/以下、INCJ およびマクセルホールディングス株式会社 取締役社長:勝田 善春/以下、マクセル との共同出資体制に移行することで合意し、基本合意書ならびに株式譲渡契約を締結しました。 ビークルエナジージャパン株式会社 Vehicle Energy Japan Inc. 0%となっている。 また、共同出資体制構築の手法につきましては、特別目的会社(以下「SPC」といいます。 2017年9月発表予定の新型「リーフ」は、AESC製の車載電池を採用する採用する見通しだ。 5;color: 565e65;font-weight:700;-ms-flex-positive:1;flex-grow:1;line-height:1. 関連リンク• エコカー開発に欠かせないリチウムイオン電池。 (平成16年)3月 - と新神戸電機がハイブリッド電気自動車用リチウムイオン二次電池の合弁会社の設立検討開始を発表。

もっと

ビークルエナジージャパン株式会社の中途採用・求人情報|【茨城】人事総務職(労務、採用教育等)

)、株式会社INCJ(以下「INCJ」といいます。 などしてくださる()。 車載用電池の開発や生活分野での粘着テープの開発などの新事業や、磁気テープから電池への投資の見直しによる新たな展開を目指している。

もっと

日立は車載リチウムイオン電池も諦める、官民ファンドとマクセルに売却

(月産4万セルから34万セルに増強)• (平成20年)2月 - 累計出荷セル数20万セル達成を公表。 基本合意書と併せて株式譲渡契約を締結しており、これらの取引は2019年3月29日に完了する予定。 【日立ビークルエナジー設立後】• 電動工具は別にして、一般のモバイル製品は屋内利用が主体となり、環境温度も人々が生活しやすい環境下での使用が基本となる。 。 (平成16年)3月 - と新神戸電機がハイブリッド電気自動車用リチウムイオン二次電池の合弁会社の設立検討開始を発表。 日産自動車は、連結子会社のオートモーティブエナジーサプライ(AESC)など保有する車載リチウムイオン電池の事業と生産工場を、中国の民営投資会社であるGSRキャピタルに譲渡する。 08 ;box-shadow:0 3px 12px 0 rgba 0,0,0,. (平成31年)3月 - 日立オートモティブシステムズのバッテリーマネジメントシステム事業の一部等を日立ビークルエナジーへ吸収分割。

もっと

日立ビークルエナジー株式会社への共同出資体制構築の完了 及び日立ビークルエナジー株式会社の商号変更・役員体制に関するお知らせ

日立ビークルエナジーは、2004年の設立以来、ハイブリッド車向けの車載用リチウムイオン電池の製造を主要事業として、日立オートモティブシステムズとともに、国内外の大手自動車メーカーとの取引関係を構築してきました。 今回、日立製作所が保有する日立ビークルエナジーの全普通株式をINCJとマクセルが取得。 05 ;box-shadow:0 2px 6px 0 rgba 0,0,0,. 外部リンク [ ]• メガトレンドとなる電動自動車 向けリチウムイオン電池を製造する同社にて、これまでの人事のご経験を 基に飛躍的な事業拡大を支えて頂くメンバーとしてご活躍頂きます。 (平成22年)4月 - 累計出荷セル数100万セル達成を公表。 関連記事• また、共同出資体制構築の手法につきましては、特別目的会社(以下「SPC」といいます。 6%)• 一方、高温になればなるほど、電解液の分解や劣化が促進され、寿命低下が顕著になる。

もっと

日立ビークルエナジー

当時の出資比率は日立36. 車載用電池の開発や生活分野での粘着テープの開発などの新事業や、磁気テープから電池への投資の見直しによる新たな展開を目指している。 さらに、日立オートモティブシステムズは同社が持つBMS(Battery Management System)事業の一部などを日立ビークルエナジーが吸収し、その対価として日立ビークルエナジーの普通株式を引き受ける。 今回、日本の技術を結集させた次世代電池の共同開発体制を構築する必要があるというジャパン・バッテリー・システム構想を軸に、3社が新たな株主となり日立ビークルエナジーを共同経営することで合意に至った。 主にリチウムイオン電池を製造するエネルギー事業、カセットテープや粘着テープを製造する産業用部材事業、DVDやプロジェクターを製造する電器事業の3つの事業を展開している電機メーカー。

もっと