ケイマン gts 4.0。 ポルシェ 718ケイマン/ボクスターGTS 4.0 受注開始…価格1072万円より

【海外試乗記】6気筒復活のポルシェ718ケイマン&ボクスターGTS4.0 なぜGTS4.0を追加したのか?

718ケイマンS 6速MT:8,850,926円、7速PDK:9,331,668円• タイヤが標準的なサイズ設定となっている点や、エンジン単体重量が2.。 加えて新エンジンでは環境性能も重視し、負荷が小さいときに2気筒を休止することで欧州検査値9. よって車高は20mm低い。 フラット4ターボが苦手とするアイドリングから1500rpm以下での柔軟性は抜群で、特に細街路や交差点などで歩くように進む時などは、1000rpmを下回る回転域でもアクセルワークのみでじわじわと速度を加減できる粘り強さを備えている。 2枚のドアとリアウイングは農業副産物から供給される亜麻や麻の繊維などを主とした有機繊維の混合物で構成され、車両重量の軽減に貢献しています。

もっと

【4気筒→6気筒が復活】ポルシェ718ケイマンGTS 4.0/718ボクスターGTS 4.0登場 ケイマンGT4と共通

荷重が一気に抜けるとピーキーだが、ゆっくりならばコントロールはしにくくない。

もっと

【試乗インプレ】6気筒エンジン+6速MT。ポルシェの新型718 ボクスター/ケイマン「GTS 4.0」に公道&サーキット試乗 / “唯一足りないもの”も年内に追加設定

718ボクスターT• 個人の特定が可能な情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)を含むコメント• 5Jのアルミ装着 スポーツエグゾースト標準 エンドパイプは大径デュアル ポルシェ718ケイマンGTS4. 5秒という怒涛の加速力、4気筒ユニットではどうやっても表現が不可能な、回転数の高まりと共に透明度を増して行く官能的サウンドを聞かせてくれるという二面性が固有の魅力を提供してくれることになるのもまたこのモデルならではの特徴だ。 0を富士スピードウェイのレーシングコースで比較してみた。 ここはさすがにGT3の面目躍如だ。 たとえば縁石を使い過ぎるとフッと安定感が薄れて、リヤが回り込むような気配を見せる。

もっと

【試乗】ポルシェ718ケイマン&ボクスターGTS 4.0は自然吸気フラット6の官能的走りでファンの心を揺さぶる (1/4)

4kgm• そして 何より違うのは高回転域だ。

もっと

【試乗】ポルシェ718ケイマン&ボクスターGTS 4.0は自然吸気フラット6の官能的走りでファンの心を揺さぶる(Webモーターマガジン)

普段人気の素材をふんだんに使った万人受けしやすい味付けに仕上げてある。 もちろん、純粋な速さではGT4に軍配が上がるだろうが、確かめたかったのは、それぞれの走りの特性、そして個性である。 サーキットレベルの速度になるとエアロダイナミクスの効果は大きい。 しかも価格差は無視できるほどではないけれど、決して大き過ぎるわけでもない。

もっと

6気筒復活のポルシェ718ケイマンGTS4.0のスーパーハンドリングを体感

0) クーペゆえボディの剛性感がボクスターを圧倒するケイマンでは、オープンボディのボクスターに対してわずかながらも無駄な動きが抑制され、さらに高いフラット感が提供される。 そして、レスポンスも良く、加速も良いんですね。 二代目は件の4. 「なぜ、すでに718ケイマン&ボクスターには4気筒ターボのGTSモデルが存在するのに、今回新たに自然吸気6気筒のGTS4. 中国市場の開拓を行ないながらアメリカ市場での市民権をキープするのは、簡単ではないことを思い知らされただろう。 実際、パナソニックブリッジ下で、GTS 4. 2480ccの6気筒自然吸気エンジンが発した最高出力は204PS、最大トルクは245Nmと、その出力データはさすがに最新モデルのそれに比べれば、何とも控え目な数値だ。 「ポルシェ 718」の名前は、1958年のル・マン24時間レースでクラス優勝をはたしたレースマシンに由来しています。

もっと

718 ケイマン GTS 4.0試乗記|981 ボクスターGTS、991 GT3オーナーの視点からレビュー

荷重が一気に抜けるとピーキーだが、ゆっくりならばコントロールはしにくくない。 ただし度が過ぎると、カントが途中で変わるようなコーナーでは姿勢を乱しがちで、操縦は忙しい。 いたずら、スパム投稿• ただし最高出力は先行するスパイダーやGT4より若干絞られた400psを発生する。 今回、ポルシェは、ユーザーがここにボールを投げてきてくれ、とキャッチャーミットを構えているど真ん中にボールを投げてきた。 いかに「新開発」と謳われようがそうしたさまざまなスペックが同値であることから、前出718GT4に搭載された水平対向6気筒エンジンが、これまでの911GT3用に由来するアイテムだろうと想像されたのも、むしろ当然のことなのかもしれない。

もっと