先見 の 明 読み方。 “先見の明”の意味や使い方とは?具体的な例文と言い換えできる類語を解説

「先見(せんけん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

彼には的確な先見の明と豊かな経験を持っているので、経営者として相応しい。

もっと

「先見(せんけん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

また、「先見の明」と「先見の妙」は、「明」と「妙」はとちらも「みょう」と発音することが出来るため、誤変換したときに見られる間違いになります。 こちらの書籍がおすすめな理由は、ビジネス問題に特化しているという理由からです。

もっと

先見の明の正しい意味!語源に隠された悲しい物語とは…

もし先を見通す力が欲しいと思う方がいるならば、まずは新聞やニュースに目を通すと良いでしょう。 」と、曹操に伝えたんですね。 「先見の明」は後から振り返って考えると、という場合に使うので、 まだ結果が出ていない事柄に対しては使うことができません。 老牛が子牛を舐めて愛おしむようなものだ。 なかなか聞き慣れない言葉とは思いますが、以下の記事で詳しく紹介されていますし、ポジティブな生き方を身につけるコツが紹介されていますから是非参考にしてみてはいかがでしょうか? 先を見通す力を持つには行動すること 先を見通す力が欲しいと思ったら、まずは行動することが重要です。 同じ言葉で「けいがん」と「えげん」の2つの読みを持つため、状況によって使い分けましょう。 「先見の明」の読み方 「先見の明」の読み方は「せんけんのめい」になります。

もっと

「先見(せんけん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

この書籍は、一日一問、専門家が考え出した思考力を高める問題を解くことによって、思考力や先見性を鍛えることができるのです。 ポジティブに生きるには「鈍感力」という力を鍛える事が近道です。 もう一つは、「先見の明」が事が起こる前にそれを見抜く能力のことを意味しており、先を見るとことを表わしているので「先見の目」と間違えてしまうことです。 漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「先見の明」のことを間違えて「先見の目」を使っている人がほとんどです。 「養う」には、「育てる」の他に「作り上げる」や「培う(つちかう)」という意味があります。 彼は先見の明があるので、どんな行動するにもとても慎重である。 同様に自分の希望や願望をあらわす表現です。

もっと

「慧眼」の意味・読み方とは?「ご慧眼」の使い方・類語を徹底解説

人物に向けての褒め言葉として使われることが多い表現です。 」と答えました。 わたしも上司に近づけるよう、先見の明を養わなければならない 「先見の明」の類語 「先を見通す力」を意味する「先見性」 「先見の明」の類語には「先見性」が当てはまります。

もっと

「先見(せんけん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

曹操は楊修処刑後に楊彪に面会しましたが、楊彪は憔悴した様子でした。 先見の明を持つなら常にポジティブでいること 先見の明を持つならば、常にポジティブでいることも重要です。

もっと