五百旗頭 幸男。 「富山市議14人ドミノ辞職」スクープから4年…映画化で波紋「富山ではどこで」「正直やめてほしい」

「劇団記者クラブ」 内閣記者会の常識は地方の非常識|五百旗頭幸男|文藝春秋digital

経歴 [ ] 生い立ち [ ] のの近くで神戸大学教授・の5男(8人兄弟の6番目)として生まれる。 いおきべ・ゆきお 1978年、兵庫県出身。 そんな状況を許してしまっているのは、市民であり、僕たちメディアであると思い至り、矛先を内部に向けなければならないと思い、製作しました」と述べた。 (平成7年)ので、ゼミ生の一人を亡くす。 先日、メディア各社の取材を受けていた際、ある女性ライターがつぶやいた一言がひっかかっている。 映画「はりぼて」は全国で公開中。 その一方で「(小泉首相の)靖国(神社)参拝一つで、どれほど外交を麻痺させ、日本が営々と築いてきた建設的な対外関係を悪化させたことか」とも述べ、「後継者たちに残したものと考えて対処せねばなるまい」と締めくくった。

もっと

「はりぼて」に支配された国/調査報道×コメディーで描く政治・市民・メディアの正体

口を挟まず結論を委ねました。 「自分たちのかっこいい姿だけを描いても信頼は得られない。 は(・)。

もっと

映画『はりぼて』五百旗頭幸男&砂沢智史監督インタビュー|報道の難しさと意義を考えさせられた4年の軌跡

会議室で五百旗頭は泣きながら同僚たちにこう訴えるのだ。 香川県選出の代議士小川淳也 おがわじゅんや をおったドキュメンタリー「なぜ君は総理大臣になれないのか」が、その内容が見る前から予想ができたのに対して、こちらのほうはまったく予想できず。 砂沢智史監督(以下、 砂沢):基本的に構成、編集は五百旗頭が担当していて、私は取材という役割分担で、素材を見ながら「取材のときに、こんなことが起きていた」ということを説明しながら、途中の経過で見させてもらい意見をさせてもらったという程度です。

もっと

Wikizero

『野中広務 権力の興亡』、2008年3月。 yukioiokibe -. 砂沢:その2つのシーンは確かに同じような状況が使われているんですが、議員の表情を見ると冒頭のほうは明らかに議員のほうが記者より立場が強く、議員が記者を相手にしていなかった、という感じです。 『戦争・占領・講和 1941~1955 日本の近代(6)』中央公論新社〈〉、2013年9月。 『出井伸之 多様性への挑戦』、2007年6月。 砂沢:五百旗頭は本当に報道や社会の問題をよく勉強していろいろ考えている一方で、したたかな部分もあって会見やインタビューで相手に対していろんな質問の仕方をしたりとやり手のイメージがあるんですが、一方で根はすごく熱く真っすぐな感じがします。

もっと