F2 後継 機。 空自F2後継機 F22とF35のハイブリッド機はもう時代遅れ?中国の武装ドローン開発が加速 (1/2)

【F

17年にはISが計画的にドローンの使用を考えていることを示す文書が見つかった。 2020年3月27日の河野太郎防衛大臣の質疑中における「F-35よりミサイル搭載数を多くする」という発言もこれを裏付けするものと言える。

もっと

「F2」後継に搭載が見込まれる戦闘機エンジン、今の実力値|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

約5万人の兵士と空母打撃群が駐留する米国との同盟が、日本の防衛政策の柱であることに変わりない。 次期戦闘機の運用構想図(出所:防衛省資料) 15~30年後の将来の脅威に対し、統合運用のもと、航空自衛隊の戦闘機や早期警戒管制機のみならず、他の陸上自衛隊や海上自衛隊のアセット(装備)とネットワーク上で連接し、連携した戦闘において、その中核となり得る能力を保持することが要求されている。 しかもたかが1.5兆円の開発費で済むというのはお花畑もいいところでしょう。 BAEはDSEIにテンペストの模型を展示した。 4月: 装備開発官(次期戦闘機担当)が設置される• 運用構想 [ ] ネットワーク化した戦闘の中核となる役割が期待される。

もっと

空自のF2後継機、英国が共同開発の有力候補に浮上=関係者

動力 [ ] アビオニクス [ ] と同様の・電子光学センサ・を統合したセンサシステムが見込まれている。 2019年3月3日の日本経済新聞によると、2020年夏までに後継機の要求性能や協力国を決定し、2021年度に開発着手し、2030年度頃に初飛行、2035年度末(2036年3月末)の部隊配備を目指すとされている。 11月中旬には、千葉県幕張で開かれた日本初の本格的な防衛装備展示会「DSEI」に参加した。 開発費は現時点で1. それはF-2のときも明らかだったでしょう。

もっと

空自のF2後継機、英国が共同開発の有力候補に浮上=関係者

ーF2後継機のエンジンやレーダーなど、どこの分野を日本企業が受け持つかなど、具体的に決まってきている分野はありますか。 F2後継機で英国と協力すれば、主要装備の開発で日本が米国以外と手を組む初の事例となる。

もっと

F

2.開発途中、または完成後にあっても、諸元の変更や改修の自由度は、完全に日本側に担保されること。 開発体制 [ ] 2020年10月にがを開発主体に選定し正式に契約を結んだことを発表した。 したがって、F-3の就役は2035年ころなる可能性が高い。 開発・取得のコスト これらの検討の結果、2018年12月18日、により新たなと中期防衛力整備計画が決定され、中期防の中で「将来戦闘機について、戦闘機(F-2)の退役時期までに、将来のネットワーク化した戦闘の中核となる役割を果たすことが可能な戦闘機を取得する。 兵装 [ ] 内装と外装双方が可能と推察される。 日本にとっても、戦闘機を外国に輸出した経験がないので、欧米メーカーの販売網を利用できるというメリットがある。

もっと

次期戦闘機、防衛省がロッキードマーティン提案のF22とF35ベースのハイブリッド型を断る(高橋浩祐)

展示された機体の想像図や模型と配布されたパンフレットより• 短射程• 軍用ドローンの用途は次第に多岐に広がり、米国製無人偵察機RQ4 グローバル・ホーク(翼幅40メートル、1機当たり1億3140万ドル)からMQ9リーパー(同20メートル、1690万ドル)、ドイツ製Luna(同4. 協議には、日本から三菱重工、三菱電機、IHIなど10社程度、米国からロッキード・マーチン、ボーイングなど3社が参加する。

もっと