奥原 硝子 製造 所。 日々の暮らし : 奥原硝子製造所

奥原硝子製造所 ( 沖縄 琉球ガラス )

すぐに返品・交換をさせていただきます。 冷めると割れますから、熱いうちにテキパキと手際よくやらなくてはいけません」。 実用的で価格も手頃、沖縄らしさに溢れているから旅の思い出にも、お土産にもぴったりだからだろう。

もっと

ガラス(琉球ガラス・再生ガラス)

「いろんなデザインのオーダーがありますが、それに応えるには、基本の技術がしっかりしてないとダメなんです。 だから、パーツは職人によってみんな違うわけなんです。 太平洋戦争前はランプの火屋(ガラスカバー)や薬瓶、駄菓子屋の角瓶などの日用品を主に作っていた現在琉球ガラスと呼ばれる沖縄のガラスも、戦後はアメリカ駐留兵からの注文や基地内での販売、アメリカへの輸出と、戦前より作るものの形や、色、サイズが多岐に渡るようになりました。

もっと

ワークショップ体験も。【沖縄】琉球ガラスを作り続ける、那覇市〈奥原硝子製造所〉へ。

口径約8cm 高約14cm 約200cc 生産地 沖縄県那覇市 奥原硝子製造所 miyagiyaから奥原硝子製造所さんに作っていただいた別注のワイングラスです。 フォトギャラリー. jp の受信設定をお願いします。 奥原硝子製造所の始まりは、戦前からガラス工場を営んでいた前田正男氏からガラス職人だった奥原盛栄氏と、同じくガラス職人だった島袋栄末氏が工場を譲り受け、1952年に奥原硝子製造所として改名し工場を再スタートしたところから始まります。

もっと

ガラス(琉球ガラス・再生ガラス)

沖縄のガラス工房が再生ガラスでアメリカ人を相手に商売をしていた頃、 民藝運動家で、益子の陶芸家の濱田庄司が沖縄を度々訪れており、 その際、再生ガラスに目を留めたそうです。 突然ですが、琉球ガラスってどんなイメージですか? 皆さんも沖縄に行ったときに、お土産物屋さんで見かけたことがあるのではないでしょうか? もしくは沖縄の居酒屋さんで泡盛をオーダーすると、ビビッドな色合いの琉球ガラスのグラスで出てきたりしますよね? 筆者にとって、琉球ガラスといえば、コバルトブルーや瑠璃色で彩色された少し派手な(沖縄らしい陽気な)グラスというイメージでした。 戦後、アメリカ兵が捨てたコーラなどの空き瓶から生まれた再生ガラスは、 厚味があり、ガラスの中に気泡が混じっていました。 リサイクルガラス、職人による手吹きで製造するガラス工房は今ではほとんど残っていませんが、その良さを継承して生産を続けている貴重な工房です。

もっと

奥原硝子製造所 (琉球ガラス・再生ガラス・桃原 正男) | みんげい おくむら

JAPANESE• 1人の職人が全てを行う作業と違い、職人同士の呼吸が合わないといいものは作れないのだというのが肌で感じます。 木工・漆の作り手から選ぶ• 「創業以来、使いやすさと持ちやすさといった実用性を基本に、改良を重ねてきた結果、いまのデザインがあるんです」。

もっと

奥原硝子製造所 ( 沖縄 琉球ガラス )

フランスカテゴリーから選ぶ• 職人の技に目を奪われる。 本来ならば不良品扱いとなる気泡も、 琉球ガラスの特徴として活かし、原料ガラスを使う工房が増えた今日でも、素朴な味わいとして受け継がれています。 沖縄の工芸品のなかで、もっともポピュラーなものの一つが琉球ガラス。 このことからもわかるように、製品はすべて米国人の生活様式と好みに合わせてつくられ、 パンチボールセット・サラダボール・ドレッシング用の瓶・ワイングラス・シャンペングラスなどは現在まで 引き続いて生産され続けています。 2001年に「卓越した技術者/現代の名工」に選ばれた桃原正男氏が社長に就任したのは、1972年の沖縄領土返還から2年が経った1974年でした。 それらに答えていくうちに、色付きガラスや泡ガラスが生まれていきました。 現在、奥原硝子には上里さんのほか、20年の経験を持つ桃原さん、経験1年ほどの本土から移住してきた女性と地元沖縄出身の男性がいる。

もっと

ガラス(琉球ガラス・再生ガラス)

どの製品も典型的な琉球ガラスとはちょっと違って、色使いも、輪郭も、いたってシンプルで、機能美という言葉がぴったりだ。 ゼヒご覧下さいませ! OKINAWA URASOE 港川外人住宅 港川ステイツサイドタウン PORTRIVERMARKET 奥原硝子製造所 再生ガラス 琉球ガラス 別注 一輪挿し タルカップ 三半広口 コップ 通販可能 沖縄県浦添市港川2-15-8 30 Tel. 配送時間は下記よりご指定いただけます。

もっと

奥原硝子製造所、ライトラムネ色の誘惑。

また、沖縄で学び、福岡で作る。

もっと

1952年創業の琉球ガラスの老舗が作るシンプルで使いやすいガラスの器〈奥原硝子製造所(那覇市)〉|沖縄CLIP

ただ、時代に応じた変化も必要です。 11,000円(税込)以上のお買い上げで送料半額とさせて頂きます。 「使い終わったガラス瓶をリサイクルして新しいものに生まれ変わらせるのが琉球ガラスのルーツであり本質だと思うんですね。 。 現在は、かつて工房があった那覇市の与儀から那覇市の国際通り(牧志)の「でんぶす那覇」に 移りましたが、琉球ガラスの伝統を守り続け、廃瓶を利用し、 使いやすさにも定評のある、再生ガラスの製品づくりを続けています。 代表的なのはグラスと水差しで、県内はもとより、県外各地のセレクトショップでも扱われている。

もっと