メタ レーサー。 ナイキ以外で勝負シューズを探したい!サブ3のためのシューズ候補を3つに絞ってみた(メタレーサー、ウェーブデュエルネオ、エンドルフィンプロ)(サブスリー)

アシックス初のカーボン内蔵レースシューズ「メタレーサー」を72kmランでテスト!

ただ、アシックスのターサーとか、ニューバランスのハンゾーとか、薄いシューズになれていた僕は、いきなり上位モデルの「ヴェイパーフライ ネクスト%」を履くのが、性能的にも価格的にも 税込3万オーバーですからね 怖かったので、下位モデルのを試していました。

もっと

打倒!NIKE「ヴェイパーフライNEXT%」勢! アシックス 「メタレーサー」実走レビュー

2017年を皮切りに各社がこぞってカーボンプレート内蔵のレース用シューズを発売する中で、アシックスはしばらくその流れに乗らず、『薄底&カーボンなし』のトップモデルを継続してきた。 トレーニング方法は、上り坂トレーニングと逆のことをすればよいだけ。 しかし問題なのは、シューズって履いているうちに伸びるということです。 思ったよりタレてしまいました。 だが、2019年になるとアシックスも厚底のソールに傾斜をつけることで足首周りの負担を約20%軽減する「GUIDESOLE(ガイドソール)」というテクノロジーを搭載した「METARIDE(メタライド)」「GLIDERIDE(グライドライド)」を次々に発売。

もっと

メタレーサー 1ヵ月使用レビュー

トレーニングを終えシューズを脱いだ後でもムレ感が少なく、涼しい日のトレーニングと変わりない様な履き心地だったのは、しっかり空気が循環されていたからなのでしょう。 — 2020年 8月月7日午前4時48分PDT このペースで走るとこのシューズが非常によく設計されたシューズだなと言うことがわかります。 通気性もとても良さそう。 6倍以上あり、トップアスリート向けとは言えなかった。 やはり薄底タイプのシューズの方が数値的な軽量性で言えば勝っています。 気になる値段は2万円+税だからレース用としてはお手頃と言えるだろう。 ナイキのヴェイパーフライに比べてクセが少なくて履きやすいのだとか。

もっと

メタレーサー、レビューまとめ。ネットに広がるレビューをまとめてみた。

価格も22,000円と、カーボンプレートシューズにであることを考えると非常に安価です。 (画像:全てアシックス) あわせて読みたい. 筆者も、5000~10000mであれば大丈夫なのですが、1000mダッシュだと、ヴェイパーフライでは、脚が回らず追いつきません。 僕史上、雨の日に一番安心して走れるシューズとなりました。 逆にNIKEの厚底はカーボンプレート入りを履いている人はどうなのでしょう? 私は現在購入予定にないため、購入者からのレビューをここで伝えれればと思います。 ナイキズームフライ3は280g前後くらいありますが、 アシックス「メタレーサー」は200g前後。 トレーニングの幅が広がるシューズ 脚の回転が良い靴という事は、トレーニングの幅も相当広がります。 次に軽さ。

もっと

メタレーサー使用感

ただ、「カーボンプレート」の効果は認めるところがあったので、いろいろ試し履きをしました。 ほんの数年前までは「上級者=アシックス=薄底」と、とくに日本のランナーの多くは思い込んでいたのである。 。 こういう点に注目して靴づくりをする所が、実にアシックスらしさやこだわりを感じます! これまでだとカーボンプレートやソールのクッションなどに目が行きがちですが、 『靴の中の環境』という所に注目してこだわるあたりが、本当に良いなぁと思います。

もっと

アシックスメタレーサーは中厚レーシング、厚底ではない|F・Shokai 藤原|note

しかしメタレーサーはCARBON Xの特徴に加えて、 おろしたてのターサージールのようなしなやかな反発が加わります。 私が持っているナイキのズームフライフライニットもニット素材。 そして、日本人のことをよく理解しているメーカーでもあります。 どうせならレビューをまとめようと思いこの記事を書くに至ります。

もっと

メタレーサー使用感

僕の場合は別大の30km以降にそれを感じました 助けられもしましたが。

もっと