水車 発電 の 石徹 白 集落 で 急増 した の は。 いとしろカレッジ

石徹白村

そういう暮らしを続けるのが難しい社会になってしまっているので、当たり前に続けていけるような未来にしていきたいと思います。 金泉 陽子(神奈川)、「移りゆく刻」• そして、ここでは自分で食べ物をつくることができます。 豪雪地帯だけに冬は違った表情を見せるのだろうが、夏の石徹白はゆったりとした時間の流れる穏やかで明るい里だった。 この小水力発電所は、県の「朝日添地区(わさびそちく)小水力活用支援事業」を活用し設立されたもの。 今でも年間500人以上が水車を見にやってくる。 本間 健一(大 阪)、「渓 流 の 里」• 最奥の「上在所集落」は夏は修験者や白山参詣の道案内と宿坊を営み、冬は「御師」として各地に信仰を広め御札を配ることを生業とする人々の住むところでした。 安達久美子(北海道)、「川 床」• 江口 光興(栃 木)、「春を待つ日」• 「電力革命」という表現が、確かに大げさではなく感じるこの出来事がどのようにして起きたのか、その秘密に迫るべくこのツアーを企画しました。

もっと

石徹白区 公式ホームページ

佐々木康夫(宮 城)、「飯豊山を望む」• 人が減って、自治会やお寺、神社など、地域の大事なものを維持していくのが大変になっていくのは目に見えています。 かつて水への信仰を守ることで栄え、今再び水の力をきっかけに未来を描こうとする石徹白。 大寺 邦代(埼 玉)、「温 室 の 花」• 池田 正記(静 岡)、「路地裏散歩」• 中野 雅夫(山 形)、「暖冬による不完全な樹氷2」• 松林 重宗(長 崎)、「地獄霧中(雲仙)」• 中山 節子(福 井)、「春 を 待 つ」• 山口三津彦(長 野)、「雪の漁港(津軽)」• 小山 峰民(埼 玉)、「母の居た場所、日曜の朝」• 米田 啓介(大 阪)、「浄 瑠 璃 寺」• 今は地域おこしを担うNPO法人「やすらぎの里いとしろ」の理事長も務める。 岩谷 敦子(岐 阜)、「「真夏過ぎて」」• 井上 博斗 立光学舎• 跡部 勉(長 野)、「清 閑」• 松澤 泉次(長 野)、「山の記憶1975」• そして石徹白民謡を唄ってほしいですね。 オフィシャルHP 著書に(PHPビジネス新書)、(日経BP)、(日系BP)、(日経BP など。 住民の変化を目にして平野氏も本気になる。 「石徹白は、昔からの暮らしを現在にふさわしい形によみがえらせて残していく取り組みにとても積極的なんです。

もっと

自立の精神を取り戻す 石徹白の小水力発電 WEDGE Infinity(ウェッジ)

小松 高志(高 知)、「テリトリー」• 今回の記事も、その試みのひとつをご紹介するものです。 竹田 修一(長 野)、「白馬三山(大出の吊橋)」• 松井貴美惠(奈 良)、「操り人形(花の中)」• 若林 洋(神奈川)、「満潮の潮だまり」• 藤井 輝子(大 阪)、「AIR MAIL」• 立川 由明(石 川)、「自 販 機」• 弓野 正勝(千 葉)、「伝 承」• 形が悪く出荷できないものをパウダー状に加工し、パンやケーキ用として販売している。 米原 弘子(埼 玉)、「ひ と と き」• 五味 至(埼 玉)、「流れ往くもの」• 山口 武行(埼 玉)、「月 と 酒 蔵」• 石徹白は、といえば、プラス/マイナスでは「プラス」。 翌年には集落の中心部に「上掛け水車」を設置した。

もっと

石徹白

伊藤 祐子(東 京)、「パリの裏通り」• 2014年のことだ。 丸山 文治(長 野)、「離山と塩沢湖」• 残りの6000万円を農協への出資と借入金で賄うことにした。

もっと

9/28 岐阜県 石徹白の小水力発電と 郡上八幡の水を活かした暮らしをめぐる旅 3日間

猿橋 嘉子• 生きるために大切なものがここには揃っています。 安全な水やきれいな空気もあります。 河合 克弘(神奈川)、「段」• これは一般家庭約140世帯分の年間使用電力量に相当する。 塚越 祐三(長 野)、「四 月 の 雪」• ここで生まれた電力は、地元NPO「やすらぎの里いとしろ」の事務所の照明や外灯などに利用されています。

もっと

地域おこしを支える「水への信仰」の記憶 │60号 水の守人:機関誌『水の文化』│ミツカン 水の文化センター

それが、高度成長期以降は電力会社から電気を買うようになって、薪で暖をとっていたのも石油に変わり、子どもたちは街へ出るようになって、お金も、人も、どんどん外へ出て行くようになってしまいました。

もっと

通いながらここに住む、と確信。“安心感”に包まれた場所です。

歴史 [ ]• 現在は松戸と郡上の2拠点暮らしで「郡上カンパニー」のプロジェクトパートナーとしても活動。 落合 英雄(東 京)、「晩秋の陽だまり」• しかし、ここで取り組まれている小水力発電の取り組みが、いま全国的に注目を集めています。 主人は、社会に必ず必要な人だ、と思っています。

もっと

第81回一水会展 入選者一覧

江戸時代の石徹白の村人は全員、白山中居神社の社人、社家という扱いで、名字帯刀を許され、年貢は免除されていた。 荒木 惠子(長 崎)、「STORY」• 郷里の岐阜の地域づくりに惹かれ、Uターン。

もっと

いとしろカレッジ

顔の見える関係の中で、限られた自然資源を過度に搾取することなく自然と共に暮らしていくこと、次の世代に思いを馳せること、食べ物やエネルギーがどこからやってくるのか知ることや、自分の命がどこへつながっているのかを考えること。

もっと