ヨロ 研 カフェ。 さいたまのヨーロッパ野菜メニュー提供「ヨロ研カフェ」再開 開店10日で3カ月休業

【岩槻】G20のランチでも使われた花ズッキーニが食べられる「ヨロ研カフェ」

野菜たっ. ヨロ研カフェは、埼玉県さいたま市岩槻区の岩槻人形博物館に隣接するにぎわい交流館いわつきの1階にお店を構えています。 アレルギーや宗教上の課題をクリアし、10万人が同じ献立でその日の給食を楽しんだそのカレーがベースになっているそうなんです。 店内では洋楽が流れていました。 ちょっと不思議な立地ですがノリのいいお店です。 (岩槻) ヨロ研のアンテナショップ。

もっと

さいたまヨーロッパ野菜研究会

便利な立地で、地方のかたやご年配のかたも安心して利用できます。 新妻直也シェフは「地域の方たちが喜んでくれてうれしい。 現在、さいたま市内の若手農家とシェフが協力して、年間約70種類のヨーロッパ野菜が栽培され、 埼玉県内約1200軒のレストランで使われています。 カジュアルフレンチアミーの姉妹店です。 かわいくラテアートでハートを描いてくれました。

もっと

【岩槻】G20のランチでも使われた花ズッキーニが食べられる「ヨロ研カフェ」

食後に、カプチーノを頼みました。 食後に、カプチーノを頼みました。 マヨネーズをベースとした味わいがあるドレッシングをかけて食しました。 「ヨロ研野菜のパワーサラダ」「ミネストローネ」「パン・ド・カンパーニュ」「豚肉のポルケッタ」「チーマ・ディ・ラーパ(=ヨーロッパの菜の花)」という内容でした。 レストランのシェフ達はイタリアなどの外国から野菜を輸入していましたが、時間もお金もかかるので、地元さいたまでその野菜を作れないだろうかと農家さんに提唱したそうです。

もっと

さいたまヨーロッパ野菜研究会

自分は「ヨロ研野菜たっぷりのヨロ研カレー」を。 さいたまの新しい地産地消のスタイルです。 地元野菜を使った創作メニューが美味しい。

もっと