防衛 大臣 会見。 防衛省・自衛隊:防衛大臣記者会見|令和2年12月8日(火)11:13~11:45

外国メディアは排除!河野防衛大臣会見後に開かれる番記者オフレコ取材のおかしさ――多くの省庁で慣例化か(高橋浩祐)

主催は防衛記者クラブである。

もっと

防衛省・自衛隊:防衛大臣記者会見|令和2年10月20日(火)11:06~11:36

Q:海自がですね、2009年に海上自衛隊抜本改革の実施上の方針というのを発表しておりまして、端的には人手不足を何とかしようということで、これをですね、平成26年までに90%以上に回復する、護衛艦隊部隊の充足率については、平成26年度までに90%以上に回復するという目標を掲げていたのですが、これは達成できたのでしょうか。 Q: 内容じゃなくて、「3密」でぶら下がり取材を受けることがどうなのかと、それはコロナに罹患する可能性はないのかということを伺っているのですけれども。 取材対象である自衛隊に現金同様のビール券を渡しているのか、宴会を行ったのか、行ったのであればそれは課業中か課業外か。 Q:学術会議の話に戻るのですけれども、先ほど質問でもありました安保関連法案に反対された学者の方について、判断が適切に行われたということで総理が判断したということなのですけれども、見方としては政府に都合が悪い人というのを排除しているようなふうにもみられるのではないかと思うのですが、大臣としてはそこはどのように御覧になるのですか。 これについては金額が今入っておりません。 A:令和元年以降、F-15の近代化2機分の初号機改修のための経費の他に、改修のための初期費用を分割して予算計上しているところでございます。 当時の防衛省は、アフガニスタン攻撃に向かう米軍艦艇などへ自衛隊が燃料を洋上補給するテロ対策特別措置法の期限が10月に迫り、米国から延長を迫られていた。

もっと

防衛省・自衛隊:防衛大臣記者会見|令和2年7月14日(火) 11:00~11:38

重症者数の病床使用率が70%に迫る等、医療体制のひっ迫度合いが強くなっている、そういう状況の中で、大阪府は、新たに重傷者用の医療施設の運用開始の準備を進めている、このように承知をしております。 公式な記者会見後の記者クラブメンバーだけの囲み取材は、そのフェアネスやオープンネスの精神に反しないか。 近年、防衛協力が深化し、自衛隊と豪州軍が平素から連携して様々な活動を行う機会が一層増加してまいりましたことに伴いまして、日豪間の相互運用性の向上が不可欠となっています。 仮にそうだとして、防衛省はその環境を良くする努力をしているだろうか。 Q:防衛装備庁設置から10月1日で5年になりますけれども、改めて意義と課題についてお伺いできますでしょうか。

もっと

外国メディアは排除!河野防衛大臣会見後に開かれる番記者オフレコ取材のおかしさ――多くの省庁で慣例化か(高橋浩祐)

A:在日米軍、上から下までコンタクトを取っております。 Q:住民説明会をした上で、一般的に秋というのは11月までかと思うのですけれども、11月中にできるように調整しているという理解で良いでしょうか。 ・当局と癒着して危機管理を危うくする記者クラブの存在は問題。 このような状況を踏まえ、私から、自衛隊は集団生活や集団行動を基本とするという特性に十分留意して、感染症対策を講じる必要があることを明示した上で、改めて全隊員に新たな通達の徹底を図るよう指示したところであります。 役所の仕事で「締切」が存在しない仕事は存在しない。 脚注 [ ]. インド太平洋地域において、わが国が参加する唯一の政府主催の国防相会議でありますこのADMMプラスは、多くの国々の国防大臣との間で、安全保障政策について意見交換を行うことができる有意義な機会であります。 また、北朝鮮につきましては、かなり頻繁な弾道ミサイルの発射を通じて、ミサイル技術の習得を意図しているというのが明らかであろうと思いますので、そうしたことについても触れた次第であります。

もっと

外国メディアは排除!河野防衛大臣会見後に開かれる番記者オフレコ取材のおかしさ――多くの省庁で慣例化か(高橋浩祐)

会合については、「新しい生活様式」の実践を含む感染症対策の徹底を図った上での参加を可能としましたが、感染者数が9月中に判明した感染者数26名を超えた場合には、会合への参加を禁止することといたしております。 新型コロナウイルスの感染症あるいは中東の情報収集活動、そうしたことにも触れております。 これも踏まえた上で、今回の判断について、大臣としては総理の任命で適切に行われたものとお考えかというのを改めてお聞かせ下さい。 A:すみません。

もっと

防衛省・自衛隊:防衛大臣臨時記者会見|令和2年12月8日(火)17:35~17:39

具体的にどのような場合に豪州軍の部隊の武器等の警護任務を行うかについては、今後、豪州と調整しているわけですけれども、いわゆる武力の行使とは違う、区別して考えるべきものでありまして、武力の行使との一体化ということには当たらないと考えています。 Q:概算要求について大きく2点お伺いしたいと思います。 Q:まだスケジュールだとかは決まっていない感じですか。

もっと

防衛大臣

これは防衛省だけで対応できる部分ではないかもしれませんが、一つ一つ解決に向けて前に話を進めていきたいと、こういうふうに思っております。 会見では、6月18日午後に鹿児島県・奄美大島の北東の接続水域内を潜ったまま航行した中国海軍の潜水艦とみられる外国潜水艦についてや、配備計画が停止となった陸上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の今後の行方についてなど、さまざまな質問が飛び交った。 具体的にはマスクをしていたけれども、閉め切ったところで長時間打ち合わせをしていた、あるいは、出張へ向かう車中に長時間いた、という中で感染したというケースが確認されております。 A:「マラバール」の共同訓練はですね、日米豪印の豪州が入って4カ国ということでありますけれども、その部隊間での様々な共同訓練、相互運用そういった形での技能を高めていくことを目的としておりますので、特にどの国を念頭に置いてとか、そういうものではありません。

もっと

防衛省・自衛隊のオークション、最高額は「航空自衛隊パイロット関連用品セット」の66万円。総額「581万8000円」に「望外の金額」と河野大臣

A:それはもう、仲間と相談して決めます。

もっと