リレーショナル データベース と は。 Error 403 (Forbidden)|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Excelのテーブル機能でリレーショナルデータベースをつくる

リレーショナルデータベース(RDB)とは 長く業界を牽引しているデータベース方式です。 RDBのおすすめユーザー 導入検討、利用ユーザー ・業務アプリケーションの開発・運用管理を担当する情報システム部門の責任者・担当者 RDBの機能 データベースおよびデータの操作 機能 解説 データベースの操作 SQLに準拠したデータベース言語(クエリ言語)をサポートする データの格納 データベースを作成・格納するストレージを備えている データベースの可用性・安定性 長期間の運用や大量の処理にも安定して対応する スケーラビリティ システムの要求に応じてデータベースを柔軟に拡張できる 不正データの排除 不正なデータの登録や更新を防ぐ機能 パフォーマンス システムの生産性に影響しないパフォーマンス(高速処理性能)を備えている データベースアプリの開発・実行 機能 解説 トランザクション処理 複数のユーザーが同時に同一のデータを参照・更新した場合でも、正常に処理を行う リアルタイム処理 更新や変更などの要求に対してリアルタイムにトランザクション処理を行う 並列処理 複数のCPUまたはコアを使用し、ジョブを分割して高速に実行する 処理時間の短縮 ソースデータを複数のチャンク(かたまり)に分割して処理時間を改善する 他のシステムとの連携 他のシステムとの連携に使用できるAPIを提供する 多言語対応 複数の国の通貨と言語をサポートする データベースの運用管理 機能 解説 レプリケーション データベースを別のデータベースに複製し同期することで、元のデータベースに障害が発生した場合に対応する データ変換 ソースのデータ形式から送り先のデータ形式に変換するツールと関数を提供する コネクターの提供 データベースに接続するためのコネクターを提供する ビッグデータ処理 Hadoop、NoSQLなどのビッグデータソースとの統合機能を提供する 管理ファイル転送 ネットワークを介してある場所から別の場所にデータを安全に転送する アクセス制御 利用者に権限を付与し、データベースへのアクセスを制御する RDBを選ぶポイント ツールごとの違い RDBには、オープンソースの「MySQL」「PostgreSQL」などや商用製品がある。 このクッキーには、サインアップしたかどうかの情報だけが含まれ、個人データは含まれていません。 ここからは、そんなリレーショナルデータベースの種類について紹介していきます。

もっと

リレーショナルデータベースの構造や特徴は?主な用語を学ぼう

どのデータもただ1つの上位階層のデータに従属しているのが特徴である。 そして、データベースの中でもあまり耳にしたことがないリレーショナルデータベース(RDB)は、IT業界を目指す方にとっては重要な知識の一つになります。 また、SQL(Structured Query Language:構造化問い合わせ言語)という専用の言語を用いてデータを操作します。 それに対し、RDBではデータの重複をなくし整合的にデータを取り扱えるようにする「正規化」が可能だ。 Date、、QUIPU LLC 訳 『標準SQLガイド 改訂第4版』 、1999年 関連項目 [ ]• ただし、仕様の変更を行う場合には柔軟性が低いことや、データの整合性を維持するために処理が遅くなることがあることも同時にリレーショナルデータベースの特徴と言えます。 オプションによって必須項目の設定や、一意性の設定をすることができます。 00 テーブル「支店」の主キー構成列は「支店コード」, テーブル「職級」の主キー構成列は「職級コード」となる。

もっと

リレーショナル・データベース概観

リレーショナルデータベースの使い方 リレーショナルデータベースについて難しいイメージを持つ方は、Excelの表に似ているイメージをしていただけると分かりやすいかもしれません。 (これは クライアントサーバーモデルといいます。 MySQLには、無償でオープンソースのデータベースであるにも関わらず、処理能力が速いという大きな特徴があります。 標準化されたSQLでデータを扱える RDBでは、国際標準として規格化されたSQLを利用し、データを検索したり複数のデータベースを結合・集計したりといった複雑なデータベース操作を容易に行える。

もっと

初心者向けの解説書でSQLとリレーショナルデータベースの基本を押さえよう:CodeZine(コードジン)

これもリレーショナルデータベースの特徴の1つで、結果が2次元表にならないSQL文は実行できません。

もっと