ブランド 総合 研究 所。 第2回都道府県版SDGs調査2020 7月29日に結果発表|地域ブランドNEWS

【著:田中章雄】ブランド総合研究所の本を読んで魅力度ランキングを考える

地域が疲弊する原因として、先の話の他に口蹄疫の事件や火山の噴火、大震災、原発事故なども加えられていました。 ただし、最もブランド総合研究所と田中社長の報道に熱心だったのは朝日新聞にほかならない。 結果、栃木県が初の最下位に。 わたしはまったく気にしていませんが「結果だけでは納得できない」というご意見はよくわかります。

もっと

「魅力度ランキング」に栃木県知事が激怒 調査した「ブランド総合研究所」の正体とは?(デイリー新潮)

特にTOP100の平均では「とても好感が持てる」と答えた人が13. 2010年退社。 。 年代別では20代以下の34. 90)がある。 5位の宮崎県では、前年に続いて幸福度は1位。 世界中で取り組みが進むSDGs。 代表取締役の田中 章雄は地域ブランドの提唱者として全国各地で地域ブランドに関する講演を行っているほか、地域ブランドアドバイザーとして弊社コンサルタントスタッフと総力をあげて、全国各地の地域の活性化に取り組んでいます。 周知の通り、日本の多くの地域は高齢化や過疎化が進み、地域経済的にも中小企業の経営面でも非常に厳しい状況に置かれている。

もっと

「魅力度ランキング」に栃木県知事が激怒 調査した「ブランド総合研究所」の正体とは?|ニフティニュース

7%と幸せではないと感じている人は1割にも満たないという結果だった。 一方で、「全く配慮していない」が8. 1ポイント増加し、13位となった。 ここ数年、秋になると「都道府県別魅力度ランキング調査」が話題になる。

もっと

【第2回 都道府県SDGs調査2020】住民によるSDGs取組評価1位は鳥取県、2位は熊本県|株式会社ブランド総合研究所のプレスリリース

1990年、スポーツニッポン新聞社入社。 8%)」など、経済とまちの持続性についての不満も上位となった。 ランキング調査の結果 では、各所でさまざまな声が上がっている都道府県別魅力度ランキング調査の結果をあらためてご覧いただきたい。 地域への不満:「農林水産業の衰退」など48項目• 週刊新潮WEB取材班編集 2020年10月27日 掲載. 以下のフォームから、申請をお願いします。

もっと

都道府県魅力度ランキング(地域ブランド調査2019)|地域ブランドNEWS

6ポイント増加しており、前年13位からの大幅アップ。 2010年と2020年を比較すると、60代を除きすべての年代で魅力度の平均点が上昇している。 9%となり、昨年に比べて、東京に住み続けたいと考える人が10%近く減少するという結果になった。 8%へと減少しており、若い世代ほど、現在の居住都道府県への定住意欲が減少していることが明らかになった。

もっと

地域の持続性調査、1位は川越市。愛着・定住意欲は福岡市、満足は豊橋市(市版SDGs調査2020)|株式会社ブランド総合研究所のプレスリリース

特に「いま投資している」と答えた人の割合はTOP100では1. 生活満足度が最も高かったのは豊橋市で、22. その調査とは、同社側が示した地域について「どの程度魅力的に思うか」と質問。

もっと

【第2回 都道府県SDGs調査2020】住民によるSDGs取組評価1位は鳥取県、2位は熊本県|株式会社ブランド総合研究所のプレスリリース

- 全47都道府県幸福度ランキング調査を実施。

もっと