慣用 句 体。 体の部分が入っている慣用句・ことわざ・故事成語

体の慣用句

目をくらます 読み方:めをくらます 意味:人が見てもわからないようにかくす。 目 慣用句 大目に見る 読み方:おおめにみる 意味:人の失敗を厳しく責めないこと。 腕が鳴る 【慣用句の意味】 腕前を見せたくてうずうずする。 顔が広い 【慣用句の意味】 多くの人と付き合いがある。

もっと

体を使った韓国語の慣用句

「指」のことわざ慣用句• 「お」で始まる慣用句一覧• 頭が痛い 読み方:あたまがいたい 意味:心配ごとになやむ様子。 「ほ」で始まる慣用句一覧• 目をぬすむ 読み方:めをぬすむ 意味:こっそりと人に見つからないようにする。 目には目を、歯には歯を 読み方:めにはめを、はにははを 意味:相手にされたことと同じ仕返しをすること。 視野(しや)にあること。 耳に関する慣用句 慣用句 意味 耳が痛い 自分の欠点や過ちを指摘されてつらいこと。

もっと

体を使った韓国語の慣用句

【慣用句の例文】 親の顔に泥を塗るようなまねだけはするな。 「ら」で始まる慣用句• 小学3年生:社会 41440 views 0 0• 類義語(似た意味の言葉):目が高い 目がくらむ 読み方:めがくらむ 意味:心をうばわれて正しい判断ができなくなる。 体の一部を使う慣用句一覧 によるからの画像 頭、顔、目、鼻、耳、首、腕、手、足など、体の一部を使った慣用句の一覧です。

もっと

ドリルズ

例 彼女はぼくに目もくれず、通り過ぎて行った。 手に余る 自分の力では扱いきれないこと。

もっと

慣用句一覧 体の部分を使った慣用句 あ~か行

「み」で始まる慣用句一覧• 「口」のことわざ慣用句• 足に関する慣用句 慣用句 意味 足が出る 予算を超えて、赤字になること。 悪い予感がすること。 足がつく 悪事がばれるきっかけとなること。 【慣用句の例文】 遠方まで訪ねて行ったが鼻であしらわれてしまった。 腹に関する慣用句 慣用句 意味 腹が黒い 悪事をはたらくような性質であること。 目が利く 読み方:めがきく 意味:ものの価値を見分ける力がある。 木で鼻をくくる 【慣用句の意味】 無愛想である。

もっと

体の慣用句

人の相談にのってあげること。 例 隆一君は甘いものに目がない。 爪に火をともす 極端に倹約した、または貧乏な生活を送ること。 手をこまねく 【慣用句の意味】 何もせずただ見ている。 「し」で始まる慣用句一覧• 鼻を明かす 読み方:はなをあかす 意味:競争相手が気をぬいているすきにうまくやりおどろかせる。 「わ」で始まる慣用句一覧• すずしい顔 読み方:すずしいかお 意味:自分は何の関係もないかのように知らんぷりをしている。 小学3年生:理科 26330 views 1 1• 【用例】社名を新しくしたが、目先を変えただけで、会社の体質は変わっていない。

もっと