クリス リード 死亡。 クリス・リードが30歳で急死、死因は心臓突然死。元アイスダンス日本代表選手の訃報に悲しみの声。来日予定も叶わず…

アイスダンスのクリス・リード氏が急逝 海外メディアにも衝撃走る

体重 78kg• 2011-2012シーズン、初戦となったではフリーダンスの5分間練習中に負傷、そのまま競技に出場したものの7位。 謹んでお悔やみ申し上げます。 2009年12月、で優勝し、日本代表に選出されバンクーバーオリンピックに出場する。 フィギュアスケートのアイスダンスで日本代表として五輪に3度出場したクリス・リードさんが、15日午前12時20分にアメリカ・デトロイトで死去したことが17日、分かった。 再び日本アイスダンス界の未来のために動き始めた矢先のことでした。 原因は心筋梗塞、心筋症、弁膜症、心不全など心臓病によるものが6割以上を占めており、その殆どが心室で生じる致命的な不整脈に起因するといわれています。 井上怜奈さんや川口悠子さんなど、国籍変更した女子選手は過去に何人もいましたから。

もっと

クリス・リードの死因の病名・心臓突然死とは?病気理由や原因について

2020年3月15日、午前0時20分 日本時間 、アメリカ・デトロイトにて心臓突然死で死去。 まだ若いのに…アイスダンスを引っ張ってくださった方が…• 83 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2012年4月19日-22日 () 6 49. 姉・キャシーさんと妹・ アリソンさんがおり、 5人家族でした。 2014-2015シーズンまでのパートナーでもあった姉のキャシー・リードはを演奏する。 また告別式についても追記しました。 では日本勢・アジア勢歴代最高となる11位を記録した。 心臓突然死とは? の 選手として10年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪、18年ピョンチャン(平昌 五輪に出場した 氏が日本時間15日午前0時20分、米デトロイトで逝去されました。 本格復帰後の2012-2013シーズンはで5位、で2位に入るなど好調な成績を記録している。

もっと

クリスリードが死去死亡で死因=病気 ペア解消で解散理由は?

日本スケート連盟が発表した。 では2位となった。 原因は 心臓突然死だそうです。 には唯一第1回大会から4大会連続で出場した。

もっと

クリス・リード

元パートナーのキャシー・リードさんは、クリス・リードさんとの写真のみを投稿し追悼しています。 心臓突然死とは? 心臓突然死とは、健康だと考えられていた人が、突然に致死的心室性不整脈(心室細動など)に見舞われて、この不整脈が原因で心臓が正常に収縮することができなくなり、脳に血液が循環せず死に至る疾患です。

もっと